News

LEDビジョン平成最後の夏を興奮と感動に包んだ国内最大級ロックフェス「AIR JAM 2018」キッズエリア内にLEDビジョンを提供

平成最後の夏を興奮と感動に包んだ国内最大級ロックフェス「AIR JAM 2018」キッズエリア内にLEDビジョンを提供

LED TOKYOは、9月9日、ZOZOマリンスタジアムにて開催されたロックフェスティバル「AIR JAM 2018」キッズエリア内にLEDビジョンを提供いたしました。

 

AIR JAM 2018

「AIR JAM 2018」は、ロックバンド「Hi-STANDARD」が主催している大型イベントです。
Hi-STANDARDはもちろん、BRAHMAN、SLANG、10-FEET、マキシマム ザ ホルモン、HEY-SMITH、The Birthday、SiM、04 Limited Sazabys、KOHHの全10組のアーティストが集結し、真夏とも思えるほど晴れたZOZOマリンスタジアムにて熱演を繰り広げました。
このイベントでは、すべての方が楽しめるように、子供たちのためのキッズエリア、スポンサーによる出展ブース、有名飲食店のほか開催地の千葉県を中心とした飲食店によるフードブース、災害支援を中心に地域振興活動を行っている様々なNPO団体がブースを設け、会場をさらに盛り上げました。

 

未来を創造する子供たちのために

今回LED TOKYOは、キッズエリア内「LED スクリーン」のコーナーに、最新技術として『LEDビジョン』を提供しました。

 


キッズエリアでは、託児サービスのほか、子供たちが楽しく過ごせるようにと、AIRJAMオリジナルの遊び・ワークショップが多数用意されましたが、その1つとして『壁面LEDビジョン』と『床用LEDビジョン』を組み合わせて「LED スクリーン」のコーナーを実施。
訪れた子供たちは、生中継の映像で世界の子供たちとを繋ぐ新しい試みや、様々な映像によるコンテンツを自由に楽しんでいました。

 

ライブイベントの新しいカタチ

「AIR JAM 2018」では、バンドのライブだけでなく、会場全体を利用した様々な企画が実施されており、ライブイベントの“新しいカタチ”を提唱するようなアイデアが多く盛り込まれていました。

キッズエリアでの企画では、親と子供だけでなく子供同士の新たなコミュニケーションも生んでおり、LEDビジョンのような最先端技術は、今後も益々活躍の場を広げていくと考えられています。

 

LED TOKYO

LED TOKYOでは、大型LEDビジョン、屋外用、屋内用、床用、湾曲型、透過型、ボール型などのほか、液晶ディスプレイなど豊富なラインナップを揃えています。
また、大手中国メーカーから直接仕入れることで、他社には難しい圧倒的コストパフォーマンスを実現しております。
最高最良のLEDビジョン・液晶ディスプレイを、最安値で設置出来るのは、LED TOKYOだけです。

・各種「LEDビジョン」のラインナップはこちらから

 

レンタル利用でもっとお得に


LED TOKYOでは、短期利用の際にお得なLEDビジョンのレンタルを行っております。
「AIR JAM」のような大型音楽フェスから、スポーツ大会、発表会、展示ブースなどで大活躍の最新LEDビジョンをレンタルにて設置することが出来ます。
購入となると高額且つ物理的な倉庫の確保など大変な手間がかかりますが、レンタルではコスト面を節約出来るだけでなく行き届いたサポート体制で利用することが可能です。
現在、レンタルキャンペーン中につき、業界最安値での設置を承っております。

・LED TOKYOのレンタルページはこちら

導入をご検討の際は、LED TOKYOまでお問合せ下さい。