News

LEDビジョン秋葉原のシンボル的存在 -秋葉原UDXビジョン-

秋葉原のシンボル的存在 -秋葉原UDXビジョン-

サブカルチャーの発信拠点”秋葉原”

外国人が多く訪れる街です。

また、オフィスビルや企業本社ビルが立ち並ぶビジネス街でもあります。

乗降者数ランキングでは9位(JR東日本)と、国内でもとても人が多い街です。

ここに超巨大LEDビジョンが設置されていることはご存知でしょうか。

秋葉原UDXビジョン

大きさは横11.9m、縦6.9m (アスペクト比16:9)

LEDビジョンの大きさも都内屈指の大きさです。

渋谷のソニービジョンよりやや小さいくらいの大きさです。

 

 

調べによると、こちらは6mmピッチのLEDビジョンを採用しているようです。ピッチとは、LED素子の大きさのことであり、小さいほど細かな表現が出来る=高解像度となります。

この場合、解像度は1984*1150となります。フルハイビジョン並の解像度を実現していますので、とても綺麗な映像表現が出来ています。太陽光が当たっても見えにくくなるということもなく、とても良い場所に設置しています。

 

こちらは広告掲載もしています。

料金は1週間36万円,14日58万円,30日90万円

高いか安いかは人それぞれですが、この街とシナジーのあるものであれば、ここで情報を発信する価値はあるのではないでしょうか。

 

また、こちらはサッカー等スポーツの試合が行われるときはパブリックビューイングとして放映しているようです。先日はワールドカップ出場をかけたサッカーの試合が行われたばかりですが、その試合もこちらで放映されとても盛り上がっていたようです。LEDビジョンは時には”大きなTV”のような存在にもなります。

 

広い空間で人が集まりやすい立地であれば、パブリックビューイングとしての用途もLEDビジョンは最適です。これはプロジェクターや液晶モニターでは実現が出来ない、LEDビジョンのメリットです。2020年の東京オリンピックに向けて、こういったパブリックビューイング用途として、需要が出てくるのではないでしょうか。

 

さて、実際にこれくらいのLEDビジョンを設置したらいくらになるの?といった疑問が出てくると思います。こちらと同じサイズのLEDビジョンの販売価格は、ざっくり2200万円くらいになります。

※パネル本体のみの価格

電気代は25万円/月くらいになると思います。

 

広告掲載を月に数本取れれば、十分に儲けが出るのではないでしょうか。

もし屋外広告・看板、パブリックビューイング施設を作りたいという方がいらっしゃいましたら、LEDTOKYOまでお問合せ下さいませ。

幅広いラインナップを揃えていますので、希望に沿ったご提案を致します。