News

LEDビジョン技術の発展から生まれた“床面LEDビジョン(フロアビジョン)”は、輝きとともに新たな価値を世界に発信しはじめています

技術の発展から生まれた“床面LEDビジョン(フロアビジョン)”は、輝きとともに新たな価値を世界に発信しはじめています

“床面LEDビジョン”は先端技術の融合

「床面LEDビジョン」は、イベントでの演出だけでなく、スポーツの試合や、アートの世界など様々なところで導入が進んでいます。

 

数十年前に考えたことがあったでしょうか??

 

“電球の上に乗る”なんてことを・・・。

 

きっと当時は誰もが“割れる、壊れてしまう、危険”と考えていたはずです。

 

近年では、白熱電球からLEDに移行しはじめ、それ以外でも様々な技術が革新的に発展したことから、“床面LEDビジョン”が生まれたと言えます。

 

床面LEDビジョンの耐久性と安全性

そこで気になるのが耐久性と安全性になってきます。

 

フロアビジョン資料 from LED TOKYO on Vimeo.

 

「床面LEDビジョン(フロアビジョン)」のガラス面には、警察の防弾盾などでも使用されている“ポリカーボネート”という素材が使用されています。

これは、プラスチック素材のなかで群を抜いた耐衝撃性を持ち、同時に耐候性、耐熱性に優れた軽い素材ですが透明度が高く、特殊強化ガラスとしての一面を持ちます。

 

この素材のおかげで、1㎡あたり2トンまでの重さに対応することが可能で、人はもちろん、車が載っても問題ありません。

 

また、この硬いガラス面の表面に透明のゲルシートを貼ることにより衝撃を吸収することが出来るので、例え転んでしまっても安全な床面LEDビジョンが実現しています。

 

床面LEDビジョンの実例と応用編

さらに、床面LEDビジョンは、重力センサーを採用したタッチに反応する“インタラクティブ型ディスプレイ”にすることも出来るので、タッチに反応した映像表現が可能となっています。

 

先日ご紹介させて頂いた、シンガポールの“マリーナベイ・サンズ”に出来た「Digital Light Canvas」などは、この技術が応用されています。

記事はこちら:http://led.led-tokyo.co.jp/news/dlc_0110/

 

LED TOKYOでは、昨年開催されたフェンシングの国際大会と全国大会の2大会に、“床面LEDビジョン”を導入した試合場を作りフェンシングの普及にも貢献しています。

記事はこちら:http://led.led-tokyo.co.jp/news/fencing_1215/

 

スポーツの世界ではフェンシングだけでなく、一早くバスケットボールのコートに“床面LEDビジョン”が導入され、話題となりました。

 

このように、技術の発展から生まれた“床面LEDビジョン”は、もともとあったスポーツや文化と重なり合うことで新たな価値が生まれ、輝きとともにその価値を世界に発信しはじめています。

 

次は、一体どこに新しいものが生まれるのでしょう?

 

LED TOKYOは、未来のテクノロジーとサービスを提供するべく、LEDの総合ブランドとして世界を変えていきます。

 

LED TOKYOのLEDビジョン

LED TOKYOでは、こちらで使われているような床面LEDビジョンをはじめ、大型ビジョン、屋外用、屋内用、ボール型など豊富なラインナップを揃えています。

また、大手中国メーカーから直接仕入れることで、他社には難しい圧倒的コストパフォーマンスを実現しております。

最高最良のLEDビジョンを、最安値で導入出来るのは、LED TOKYOだけです。

 

各種「LEDビジョン」のラインナップはこちらから。

LEDビジョンの導入をご検討の際は、LED TOKYOまでお問合せ下さい。