News

LEDビジョン世界大会への出場権をかけた「全農 第36回日本カーリング選手権大会」に「LEDビジョン」を設置します

世界大会への出場権をかけた「全農 第36回日本カーリング選手権大会」に「LEDビジョン」を設置します

LED TOKYOは、2019年2月11日からの開催が迫る、公益社団法人日本カーリング協会主催「全農 第36回日本カーリング選手権大会」の会場である「どうぎんカーリングスタジアム」に「LEDビジョン」を設置いたします。

 

「全農 第36回日本カーリング選手権大会」では、前年度優勝チーム、2018年平昌オリンピック日本代表チーム(男子は準優勝チーム)、各ブロック予選(北海道、東北、関東、中部、西日本)を兼ねた大会で勝ち抜いたチームが一挙に集結し日本一の座を競います。
男子優勝チームは、2019年世界男子カーリング選手権大会、女子優勝チームは、2019年世界女子カーリング選手権大会への出場権を獲得できるカーリング競技の今年度を締めくくる注目度の高い日本選手権大会です。

 

国内人気沸騰中の氷上競技「カーリング」

「カーリング」は、高度な戦略が必要とされ、その理詰めの試合展開から「氷上のチェス」とも呼ばれているウィンタースポーツです。
4人1チーム、リード・セカンド・サード・スキップの順にストーンを1人2個ずつ、相手チームと交互に投げて得点を競います。

2018年の平昌五輪では、カーリング女子代表チーム「ロコ・ソラーレ」が銅メダルを獲得する活躍を見せ、また、チームが使用していた言葉「そだねー」が「第35回2018年 ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞を受賞するなど、人気急上昇中のスポーツとなっています。

 

カーリング大会をLED技術がサポート

LED TOKYOは、2.8ミリピッチ、横2メートル×0.5メートルの「LEDビジョン」を8ヶ所設置し、大会スポンサーのロゴを映像で表示し会場を盛り上げるサポートを担います。

2019年のカーリング日本選手権を制するのは果たして、どのチームなのか。
LED TOKYOでは、“国内カーリング競技”のさらなる発展に貢献したいと考えています。

 

急速に進むスポーツ分野への「LEDビジョン」導入

LEDビジョンは映像や文字情報を映し出すだけでなく、会場を盛り上げる派手な演出が可能です。

明るさが液晶ディスプレイの10倍以上あるため、照明のついた場内や日照のある場所でも色鮮やかに光り輝くことから、液晶やプロジェクターでは実現できない表現を可能にしています。

映像次第で自由な表現が可能なため、野球やサッカーの行われるスタジアムへはもちろん、カーリング、フェンシング、バスケットボール、フットサルや卓球など様々なスポーツ分野への導入が進んでいます。

ぜひ、「全農 第36回日本カーリング選手権大会」にご注目ください。

 

全農 第36回日本カーリング選手権大会

「全農 第36回日本カーリング選手権大会(男女)」
主催:公益社団法人日本カーリング協会
特別協賛:全国農業協同組合連合会
開催期間:平成31年2月11日(月)~17日(日)
開催場所:北海道札幌市「どうぎんカーリングスタジアム」

・大会公式サイト:https://www.sapporo-curling.org/jcc2019/

 

LEDビジョンは「LED TOKYO」まで

LED TOKYOでは、大型LEDビジョン、屋外用、屋内用、床用、湾曲型、透過型、ボール型などのほか、液晶ディスプレイなど豊富なラインナップを揃えています。

大手中国メーカーから直接仕入れることで、他社には難しい圧倒的コストパフォーマンスを実現しております。

最高最良のLEDビジョン・液晶ディスプレイを、最安値で導入出来るのは、LED TOKYOだけです。

・各種「LEDビジョン」のラインナップはこちらから

導入をご検討の際は、LED TOKYOまでお問合せ下さい。