News

LEDビジョンLEDビジョンは最新?液晶ディスプレイは古い?“液晶ディスプレイの誤解”とLEDビジョンとの違い

LEDビジョンは最新?液晶ディスプレイは古い?“液晶ディスプレイの誤解”とLEDビジョンとの違い

「LEDビジョン」と「液晶ディスプレイ」の違いについては、近年様々なところで説明がされており、少しづつ認知されるようになってきました。

LED TOKYOでも、これまでにご説明をしていますが、今回は技術面を深くは掘り下げず簡単に“要点”だけをピックアップしてみたいと思います。

また、「液晶ディスプレイの誤解」を紐解いていきます。

 

大きな違いは、表示器としての仕組み

まずLEDビジョンですが、こちらは“LEDそのものが光源”となり色や映像を表示しています。

対する、液晶ディスプレイの光源は“バックライト”にあり、色や映像を表現するフィルターを後方などから光らせて表示しています。

つまりLEDビジョンはそれ自体が光る「太陽」であり、液晶ディスプレイは光を当てることで見える「月」ほどに仕組みに違いがあります。

しかしながら、人々が求めているのは、より美しく綺麗な映像であることが重要なので、仕組みについてはあまり関心がないようです。

 

液晶ディスプレイ事情

「液晶ディスプレイ」は表示器のなかでも、もっとも早く理想を実現してきた技術です。

電卓などのモノトーンの時代からはじまり、何枚もの薄いフィルターを重ね、高精細で美しいカラーを表現出来るようになるなど今でも進化し続けています。

しかし、大量生産の実現から極端に安価になってしまった液晶技術は、古い技術として認識されてしまっている側面があります。

実際には、プラズマディスプレイや、LEDビジョン、有機ELなどの新しい技術は、液晶技術より遅れをとったことも理由で高価となっているわけですが、液晶技術はそんな中どんどん大量生産され安価に市場に出回り、また大手企業による液晶事業の撤退などのニュースが拍車をかけ、“液晶技術=古い”とのイメージが広がってしまいました。

 

「液晶からLEDへ」の誤解

上記のように「LEDビジョン」のほうは歴史が浅く、カラーを表現するために必要な光の三原色の中で“青色LED”の発明が遅れたことにより、液晶ディスプレイに遅れをとってスタートしました。

またLEDビジョンの仕組みとして、高精細にするには光源であるLEDの小型化が焦点となるのですが、すぐに小型化することが出来ず大型のLEDビジョンが先に実現し認知を拡げました。

ここで誤解に誤解を招いたのが、「液晶からLED技術へ」という認識です。

たしかに、LEDビジョンは、液晶技術では難しい“大型”を簡単にし、光源そのものであるLEDビジョンはより明るい表現を可能にしました。

しかし実際には、どちらも技術革新を続けており、LEDビジョンはより明るく高精細で、パネルの組み合わせによるサイズ変更などの自由度が評価され、液晶ではLEDビジョンよりも先に高精細で美しい「8K」などを表現できるように進化しています。

面白いのが、液晶技術に不可欠な“バックライト”が、従来だった蛍光灯に近い“冷陰極管”から“白色LED”を使うようになったことも「液晶からLED技術へ」という誤解を生んだ要因にもなっています。

 

それぞれの特性からそれぞれの価値を

LEDビジョンの技術は、太陽の光にも負けない輝きがあり、屋内外関わらず視認することが出来ます。

また、パネルの組み換えだけでサイズの変更が可能で、水やほこりにも強く、省エネなどの利点があります。

液晶ディスプレイの技術は、LEDビジョンよりも高解像度の映像を表現できるので、至近距離での細かい内容での広告や、芸術の世界にも広がりを見せています。

また美しい映像が求められるスマートフォンや、VR技術などの分野ではまだまだ液晶技術のほうが上回っており、これからも大きな需要がある技術です。

どちらも魅力ある技術ですので、今一度再認識することでこれからの店舗への設置や、イベントへの導入などが考えやすくなると思います。

 

LED TOKYO

LED TOKYOでは、大型LEDビジョン、屋外用、屋内用、床用、湾曲型、透過型、ボール型などのほか、液晶ディスプレイなど豊富なラインナップを揃えています。

また、大手中国メーカーから直接仕入れることで、他社には難しい圧倒的コストパフォーマンスを実現しております。

最高最良のLEDビジョン・液晶ディスプレイを、最安値で導入出来るのは、LED TOKYOだけです。

 

各種「LEDビジョン」のラインナップはこちらから。

導入をご検討の際は、LED TOKYOまでお問合せ下さい。