News

LEDビジョン10月1日より開催中!いくつもの高層ビルが輝くLEDビジョンを利用したショーが超衝撃!「中国・深セン」

10月1日より開催中!いくつもの高層ビルが輝くLEDビジョンを利用したショーが超衝撃!「中国・深セン」

今回は、中華人民共和国広東省に位置する未来都市「深セン市」で観られた、驚きのLEDビジョンをご紹介します。

深セン市とは

“中国のシリコンバレー”とも呼ばれる深センは、1980年代に何もない人口数万人の小さな漁村から急成長し、今では人口1,400万人を超える中国を代表する大都市・経済特区の1つです。
深セン発の通信・電子機器メーカーなどが次々と成功を収め、より良い人材や若者が集まったことで、最先端技術と高層ビルが印象的な中国最大の都市となっています。

2018年 国民の日

中華人民共和国では、10月1日を“国民の日”とし10月最初の7日間をゴールデンウイークと呼ぶなど、様々な地域や都市でお祝いのイベントなどが開催されています。
今年は、中国改革開放40周年を記念していることもあり、深センでは壮大なイルミネーション「深センライトショー」が開催されています。
中心地に集まる約30の高層ビルの外壁にはLEDビジョンが飾られ、音楽と映像による超大規模なライトショーを実現しました。

このライトショーを観るために世界中から旅行者が訪れ、“衝撃と感動”が話題となっています。

最先端LEDビジョンの未来

LEDビジョンは、パネルの組み合わせだけでサイズ変更も可能な上、屋内外問わず非常に明るく高精細な映像を発信出来ることが特徴となっているLEDを搭載した表示器です。
従来の液晶ディスプレイなどでは不可能なサイズにも対応できることから、世界のあらゆる施設への導入が進んでいます。

今回の「深セン」の高層ビル群には、カーテンタイプの特殊なLEDが使用されていますが、ビル全面が特大のLEDビジョンとして映像を露出するだけでなく、いくつものビルが相互に連動し会場を盛り上げています。
LEDビジョンの輝きは美しく、人々を魅了する力があり、「深センライトショー」は、圧倒的な規模感でLEDビジョンの新たな未来を示しているようです。

 

LED TOKYOについて

LED TOKYOでは、大型LEDビジョン、屋外用、屋内用、床用、湾曲型、透過型、ボール型などのほか、液晶ディスプレイなど豊富なラインナップを揃えています。
大手中国メーカーから直接仕入れることで、他社には難しい圧倒的コストパフォーマンスを実現しております。
そのほか、大型フェス、スポーツ大会、音楽イベント、発表会、展示ブースなどで大活躍の最新LEDビジョンを「レンタル」にて導入することが出来ます。
購入となると高額且つ物理的な倉庫の確保など大変な手間がかかりますが、レンタルではコスト面を節約出来るだけでなく行き届いたサポート体制で利用することが可能です。
最高最良のLEDビジョン・液晶ディスプレイを、最安値で導入出来るのは、LED TOKYOだけです。

・各種「LEDビジョン」のラインナップはこちらから

導入をご検討の際は、LED TOKYOまでお問合せ下さい。