AIに質問

News

LEDビジョン1,000万ドルのリノベーションで誕生した新タワー「100 Biscayne」のLEDビジョン事例

1,000万ドルのリノベーションで誕生した新タワー「100 Biscayne」のLEDビジョン事例

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

今回は、アメリカ合衆国フロリダ州の国際都市「マイアミ」に新しく誕生した「LEDビジョン」をご紹介します。

 

100 Biscayne

「100 Biscayne(100ビスケーン)」は、マイアミのダウンタウンにある30階建てのオフィスタワーで、かつては「New World Tower(ニューワールドタワー)」として知られていた建物です。

高さが357フィート(109メートル)あり、1965年の完成当時には、マイアミにおける最も高層な建物としてその名を轟かせました。

長きに渡りマイアミの重要な建物として活躍してきましたが、2016年10月、不動産投資会社である「East End Capital(イーストエンドキャピタル)」に買収されたことが、大きなニュースとなりました。

これを機に、1,000万ドル、1年以上を費やしおこなわれた改装工事で、名称を「100 Biscayne」に変更し新たなタワーとして生まれ変わりました。

 

RENOVATION × INNOVATION

「100 Biscayne」は、“リノベーション(建物の改修工事)×イノベーション(革新)”をテーマに、看板や玄関口はもちろんのこと、廊下、窓、インターネット、駐車場、また、会議室、フィットネスセンター、ヨガスタジオなどのアメニティスペースにいたるまで最新技術を取り入れた修復で環境改善されています。

そして、新しいロビーには、35フィートの「LEDビジョン」を導入した壁など、革新的な要素も取り入れられました。

施設の第一印象にもなる高精細LEDビジョンの美しい映像は、施設の第一印象にもな先進的な空間を創り上げることにも貢献しています。

生活と仕事のあり方を再考することで誕生した新時代の「100 Biscayne」は、膨らみ続けるクリエイティブ及びテクノロジー市場の要望と需要を満たすオフィスビルになりました。

 

リノベーション、リニューアルにはLEDビジョン

「LEDビジョン」の設置は、建物のデザインを損なうことなくできるので、新しいメディアとしても、広告としても、建物の演出としても絶大な力を発揮することができます。

「100 Biscayne」のように建物や店舗の改修工事や、リニューアルの際でのLEDビジョン設置が増え続けています。

LEDビジョンは、訴求力の高い映像による情報発信に加えて、未来のテクノロジーを感じさせることができるので、SNSでの拡散やニュースにもなり、相乗効果的に存在価値を引き上げ世界へアピールすることもできます。

「LED TOKYO」は、日本でもこのように壮大な「LEDビジョン」が導入されるよう、世界中の事例をご紹介し新しい発想のサポートに取り組んでいます。

 

LEDビジョンは「LED TOKYO」まで

LED TOKYOでは、大型LEDビジョン、屋外用、屋内用、床用、湾曲型、透過型、ボール型などのほか、液晶ディスプレイなど豊富なラインナップを揃えています。

大手中国メーカーから直接仕入れることで、他社には難しい圧倒的コストパフォーマンスを実現し、販売だけでなくレンタルサービスも提供しております。

最高最良のLEDビジョン・液晶ディスプレイを、最安値で導入出来るのは、LED TOKYOだけです。

・各種「LEDビジョン」のラインナップはこちらから

導入をご検討の際は、LED TOKYOまでお問合せ下さい。

LEDビジョンの購入・設置
レンタルのことならお任せください

メールフォームでのお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日10時〜19時