• トップ > ニュース > デジタルサイネージの大きさを選ぶポイントは?インチ数・事例も紹介

デジタルサイネージの大きさを選ぶポイントは?インチ数・事例も紹介

2020.05.07
LEDビジョン , 事例紹介

デジタルサイネージは、容易にその表示内容を変えられるほか、従来のアナログ看板などに比べより人目をひきやすいため、集客に成果を出しやすいといわれています。

デジタルサイネージには様々なサイズがあります。目的や用途に適したデジタルサイネージを導入するためには、ディスプレイサイズの基準を知っておく必要があります。

そこで今回は、場所別の導入事例を交えながら、デジタルサイネージのサイズを選ぶ際のポイントについて解説します。

サイネージのインチ数一覧

デジタルサイネージの大きさは、画面の縦横比とインチ数が指標になります。縦横比とは画面の縦と横の長さを比で表したもので、一方インチ数とは、画面の対角線の長さのことをいいます。

現在最もよく使われているのは、ワイドサイズの縦横比16:9のディスプレイです。TVやPCモニターに使われることも多い人気のサイズです。また、YouTubeの画面表示にも16:9の縦横比が採用されています。

以前は標準サイズの縦横比4:3が最も人気で、アナログテレビなどに使用されていました。一方最近は旧式の媒体の減少とともに、4:3の製品は少なくなってきています。今も縦横比4:3が使用されている例としては、iPadがあります。

一方インチ数を基準にすると、デジタルサイネージで特に人気なのは、32インチ、42インチ、46インチ、55インチ、75インチです。

ここで注意しなければならないのが、インチ数が同じでも画面の大きさは異なるということです。インチ数は対角線の長さであるため、縦横比が変わってもインチ数が同じになる場合があります。そのため、ディスプレイのサイズを選ぶ際には、画面の縦横比とインチ数の2つの数値をチェックする必要があります。

以下は、一般に最も多く使用されているディスプレイのインチ数と縦横比の一覧です。この表を基準に、設置場所とデジタルサイネージの大きさを照らし合わせて検討しましょう。

サイズ
(インチ)

縦横比16:9

幅(㎜):高さ(㎜)

縦横比4:3

幅(㎜):高さ(㎜)

32708:398650: 488
42930:523853:640
461018:573935:701
551218:6851118:838
751660:9341524:1143

 

サイネージの大きさの選び方

主に市販されている画面の縦横比には「標準サイズ(4:3)」と「ワイドサイズ(16:9)」がありますが、現在は「ワイドサイズ(16:9)」が主流です。

この中でも、駅前の店舗など、街中で目に留まるデジタルサイネージは50インチ~75インチの縦型が多いといわれています。

75インチになると縦のサイズは1660mm(=1.66m)であるため、ちょうど人の目線の高さほどになります。不特定多数が行きかう場所では、やはり大きめのディスプレイの方が効果的です。

また、個人経営の店舗などでよく見られるのは、40インチ~55インチのデジタルサイネージです。

屋外に設置されたデジタルサイネージは、おもに店内に顧客を呼び込む集客効果をもちます。一方屋内にデジタルサイネージを設置した場合、商品映像を流すなどして購買を促すために活用されることが多いようです。

場所別導入事例

続いては、実際にデジタルサイネージを導入した事例を紹介します。事例をもとに、デジタルサイネージのサイズが使用目的や用途に適合していることがいかに重要かを理解し、自社に適したサイズを検討できるとよいでしょう。

オフィス窓面を利用した広告

LED TOKYOは、千葉駅近くにある「株式会社京葉エポック 千葉支社」のオフィス窓面を利用し、4.8ミリピッチ、横4.5m×縦2mの屋内用LEDビジョンを設置しました。

建物2階部分に設置された大画面のLEDビジョンは路面や歩道など離れた場所からも見えやすく、このエリアを通行する人々の目をひく新たなコンテンツとなりました。

高い場所に大きめのデジタルサイネージを設置することで、広告の訴求力をより高めています。

街中に設置

LED TOKYOは、茨城県のスポーツ施設内の「​M-SPO​スタジオ」のガラス窓面を利用し、超高精細​3.9​ミリピッチの透過型​LED​パネルを組み合わせ、横​1.5​m​ ×​縦2​mのウィンドウビジョンを​4​面設置しました。

ウィンドウビジョンとは、向こう側が窓のように透けて見えるビジョンのことです。従来のLEDビジョン同様、パネルを組み合わせるだけでサイズを変更できます。透明なビジョンなので、外光を遮ることなく室内の明るさを確保したまま、太陽に負けない輝きで高精細の映像を露出できるのが特徴です。

ウィンドウビジョン「​M-SPO​ビジョン」は、いつでも表示する情報を変えられる広告媒体として、水戸の街中で鮮やかな映像を放映しています。

低価格・高品質のLEDビジョンならLED TOKYO

デジタルサイネージの大きさは、ディスプレイを見る人の印象を大きく変えます。そのため、サイズをしっかり確認したうえで見積もりをするのがベストです。

LED TOKYOでは、中国の大手メーカーから仕入れた高品質な製品をリーズナブルな価格でご用意しております。

デジタルサイネージの導入にご興味ご感心をお持ちのお客様は、是非お気軽にLED TOKYOまでご相談ください。

ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

資料ダウンロード

必要情報をご記入ください

ダウンロードする

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

LEDビジョンの購入・設置
レンタルのことならお任せください

メールフォームでのお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日10時〜19時
X