AIに質問

News

デジタルサイネージの運用にかかるコスト・管理の際に気を付けるべきポイントは?

デジタルサイネージの運用にかかるコスト・管理の際に気を付けるべきポイントは?

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

デジタルサイネージの効果的な運用のためには、気をつけておきたいポイントがいくつかあります。

導入コストや維持管理費、そして提供するコンテンツにおける工夫など、デジタルサイネージを運用していく上で避けては通れない悩みどころについて、その内容を順に紹介していきます。

デジタルサイネージは運用方法が明暗を分ける

わたしたちは生活の中で、毎日さまざまな場所でデジタルサイネージを活用した広告を見かけています。

以前は、デジタルサイネージが導入されている事自体が人々の目をひき、自然と高い宣伝効果を発揮していました。

しかし、現在では多くの看板や広告がデジタルサイネージに移行しつつあります。

このような状況のなかで、デジタルサイネージのもつ宣伝効果を最大限発揮するためには、その運用方法が非常に重要になってきます。

特に、デジタルサイネージで放映されているコンテンツは、利用者の属性に応じた適切なものが求められます。

時間や季節、天気などの要因や、利用者の年齢、性別、志向など、考慮すべき因子は複数存在します。

ターゲットとする客層に受け入れられる広告の配信のためには、広告の効果の検証を絶えず行い、改善を続けていく必要があります。

コンテンツのもたらす効果の検証

デジタルサイネージを用いて広告宣伝を行う場合には、まず、店舗のおけるサイネージの設置場所、サイネージの大きさ、コンテンツの種類(画像・映像・音声)、宣伝を行う商品、ターゲットとする客層などの要素を決定する必要があります。

これまでの販売経験やデータを元に、広告を作成し売上にもたらす効果について測定します。

このとき、立地や客層の近い他の支店とも協力して検証を行うことで比較ができ、より精度の高い分析が可能になります。

また、部分的に内容を変更した広告を複数のパターンを用意して比較することも効果的です。

デジタルサイネージ管理方法

デジタルサイネージを用いて効果的な宣伝を行うことのできるコンテンツが作成できていても、サイネージ本体が適切に動作していないと意味がありません。

サイネージの管理を行う担当を決め、ハードウェア的な面での定期的なメンテナンスの依頼を行ったり、コンテンツの定期的な更新に気を配る必要があります。

また、手間を省きたい場合や運用上のミスを最小限に抑えるために、デジタルサイネージを管理するソフトウェアを利用することもできます。

曜日や時間に応じて予めコンテンツのスケジュールを決定しておき、自動的に変更を行うことのできるソフトウェアの利用を利用すると便利です。

特に、期間限定でのセールの情報など、既存の広告の場合は最終日に広告の撤収が必要ですが、管理ソフトを利用すれば自動で変更されるため手間もかかりません。

手間を省くことで、その分の人員をコンテンツの新規作成や分析にあてることができます。

次々に新たなコンテンツを配信することは、顧客を飽きさせず、注目を集める上でも重要なポイントです。

デジタルサイネージは、一度購入すると数年間利用可能なため、長期間での運用を前提とした体制を築きあげることが大切です。

運用コストは大きく分けて2種類

デジタルサイネージは、既存の紙媒体の広告と異なり、運用にコストが掛かります。

サイネージの導入時にかかるコストであるイニシャルコストと、運用開始後にかかる費用であるランニングコストについて紹介します。

イニシャルコスト

デジタルサイネージを導入する際、ディスプレイの他、サイネージに映像を配信する処理を行うセットトップボックスが必要となります。

屋内用ディスプレイの場合、サイネージ本体の価格は20万円前後が目安となっています。サイネージの大きさや対応する解像度などによって価格は前後し、小型のものであれば数万円程度で済みます。屋外用の場合には防塵防水機能に対応している点やより大型の製品が多いこともあり、価格は40万円程度が目安になります。

セットトップボックスは、比較的安価に購入することができます。1万円台からラインナップされており、高機能なものでは数万円程度になります。

また、壁面や天井、窓ガラスに設置する場合には取り付けに工事費用がかかります。

ランニングコスト

イニシャルコストの他に、常時映像を配信するための継続的なコストがかかります。

デジタルサイネージを利用するためには、配信するコンテンツを自動制御するためのソフトウェアとしてコンテンツマネジメントシステムが必要となります。セットトップボックスと合わせて契約を行う場合、対応するソフトを別で購入する場合があります。月額料金はデジタルサイネージ1基あたり数千から数万円程度となっています。

電気代は、サイネージ1枚あたり2000円程度を見込んでおくと安心です。サイネージの消費電力、点灯時間と電気料金からおおよそ計算することもできます。

また、サイネージ本体の保守やサポートを専門の業者に依頼しておくことが一般的です。この場合、月々数千円~という形になります。ただし、運用するサイネージの数や規模、契約内容によって異なります。詳細はLED TOKYOまでご相談ください。

デジタルサイネージの価格 │ 導入費用・ディスプレイ区分・屋内と屋外・レンタルの場合・ランニングコストにも注意

運用中の注意点

デジタルサイネージ運用中の注意点についてまとめます。

まず、最も重要なポイントは、コンテンツの管理です。

常に新しいコンテンツを作り出し、よりターゲットとする顧客からの高い視聴率を獲得し、インパクトを与えることのできるコンテンツを目指し、日々分析と改善を続けることが大切です。

コンテンツの作成が難しい場合には専門の業者と協力することで費用以上の効果を発揮することもできます。

【デジタルサイネージ】コンテンツの種類は?制作はどうすればいい?

また、デジタルサイネージの維持管理も重要です。デジタルサイネージは電子機器であるため、定期的なメンテナンスが必要になります。維持管理体制の手厚いメーカーからデジタルサイネージを導入する方が、長期的に見たときのトータルコストを抑えることができ安心です。

イニシャルコストが高く、購入での導入に踏み切れない場合には、レンタルでの導入を行い効果を検証してみることもできます。

レンタルでの導入の場合、専門のスタッフが搬入や設置も行うため、安心して利用できます。

デジタルサイネージはレンタルと購入どちらがお得?キャンペーン価格・導入事例

デジタルサイネージの購入・レンタルならLED TOKYO

LED TOKYOは、大手中国メーカーから製品を直接仕入れることで、圧倒的コストパフォーマンスを実現しています。

大型フェス、スポーツ大会、音楽イベント、発表会、展示ブースなどで大活躍の最新LEDビジョンをレンタルにて導入することが出来ます。

レンタルではコスト面を節約出来るだけでなく行き届いたサポート体制で利用することが可能です。

LED TOKYOでは、実際に設置したLEDビジョンに流すための映像制作も承っております。

専門家目線での映像制作から、撮影の同行なども柔軟に対応いたしますので、弊社でLEDビジョンを導入された方はもちろんのこと、他社でLEDビジョンを導入された方からのご相談もお待ちしております。

LEDビジョンの購入・設置
レンタルのことならお任せください

メールフォームでのお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日10時〜19時