AIに質問

News

大盛況130万人が訪れた「第46回東京モーターショー2019」に出展の「住友電気工業株式会社」展示ブースにLEDビジョンを設置しました

大盛況130万人が訪れた「第46回東京モーターショー2019」に出展の「住友電気工業株式会社」展示ブースにLEDビジョンを設置しました

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

東京ビッグサイト「第46回東京モーターショー」出展「住友電気工業株式会社」展示ブースに、LEDビジョンを設置しました。

 

第46回東京モーターショー2019

「東京モーターショー」は、一般社団法人 日本自動車工業会(JAMA)の主催する日本最大の自動車の祭典です。

国際モーターショーとしても知られ、フランクフルトモーターショー(ドイツ)、パリサロン(フランス)、ジュネーヴ・モーターショー(スイス)、北米国際オートショー(アメリカ合衆国)と並ぶ世界5大モーターショーの1つです。

2019年、第46回を迎えた本展示会は、10月24日から11月4日までの期間、東京ビッグサイトに加え、MEGA WEB、シンボルプロムナード公園、TFTビル横駐車場まで会場を広げ開催。

国内外の自動車関連企業はもちろん異業種企業も参加し、最新技術や新製品が紹介される数々の出展ブースのほか、ドローンショー、e-モータースポーツなどのイベントが行われ延べ130万人以上が訪れました。

LED TOKYOは、住友電気工業株式会社展示ブースに、LEDビジョンを設置しました。

 

Connected Society 住友電工が考える未来の街づくり

「住友電気工業株式会社」は、独創的な研究開発を通じ、自動車、情報通信、エレクトロニクス、電線・機材・エネルギー、産業素材の5つの分野で、幅広く事業を展開し、社会インフラの発展に貢献するグローバルカンパニーです。

展示ブースでは、「Connected Society 住友電工が考える未来の街づくり」をテーマに、そのデモンストレーションとなる「未来の自動車と社会映像」などをご紹介しました。

今回LED TOKYOは、2.97ミリピッチのLEDパネルを組み合わせ、横3.5メートル×縦2メートル、横3メートル×縦1.5メートルとなる2面のLEDビジョンを設置しました。

ブースの入り口部分には、来場者の目を惹くLEDビジョンを木工パネルに埋め込む方法で設置し、ブース内にはさらに大きなLEDビジョンをトラスに立て掛けて固定する方法で設置しました。

LEDビジョンには、「住友電気工業株式会社」の、モビリティ、エネルギー、コミュニケーション(モ・エ・コ)という基本となる技術が未来の社会に対しどう貢献していくかなどの動画が放映され、来場者が130万人を超えた日本最大の自動車の祭典にて、多くの人々が訪れた大盛況のブースとなりました。

 

LEDビジョンの展示ブースでスタイリッシュに魅力を発信

LEDビジョンは、パネルの組み合わせだけで大きさや形を変更できることから、様々なサイズの展示ブースにも臨機応変に対応し、スタイリッシュに魅せることができます。

また、環境を選ばずに明るく高精細な映像を映し出せることから、情報発信だけでなく空間演出までを担い、イメージアップ、宣伝力アップにも繋がっています。

「住友電気工業株式会社」の展示ブースでもLEDビジョンが利用され、住友電工が考える未来の街づくりを伝える役割で大いに活躍しました。

 

LEDビジョンは「LED TOKYO」まで

LED TOKYOでは、大型LEDビジョン、屋外用、屋内用、床用、湾曲型、透過型、ボール型などのほか、液晶ディスプレイなど豊富なラインナップを揃えています。

大手中国メーカーから直接仕入れることで、他社には難しい圧倒的コストパフォーマンスを実現しております。

また、大型フェス、スポーツ大会、音楽イベント、発表会、展示会など、短期イベントで大活躍の最新LEDビジョンを「レンタル」にて導入することが出来ます。

購入となると高額且つ物理的な倉庫の確保など大変な手間がかかりますが、レンタルではコスト面を節約出来るだけでなく行き届いたサポート体制で利用することが可能です。

最高最良のLEDビジョン・液晶ディスプレイを、最安値で導入出来るのは、LED TOKYOだけです。

・各種「LEDビジョン」のラインナップはこちらから

導入をご検討の際は、LED TOKYOまでお問合せ下さい。

LEDビジョンの購入・設置
レンタルのことならお任せください

メールフォームでのお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日10時〜19時