News

LEDビジョンsleepyheadの新曲「meltbeat feat.DURAN」ミュージックビデオ撮影に、「LEDビジョン」を導入しました

sleepyheadの新曲「meltbeat feat.DURAN」ミュージックビデオ撮影に、「LEDビジョン」を導入しました

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

LED TOKYOは、2019年3月13日発売 sleepyheadの2nd EP「meltbeat」収録曲「meltbeat feat.DURAN」のミュージックビデオ撮影のために、「LEDビジョン」と透過型LEDビジョンである「ウィンドウビジョン」を導入しました。

 


sleepyhead 「meltbeat feat.DURAN」
 

sleepyhead 「meltbeat feat.DURAN」

「sleepyhead」は、手法や領域に縛られる事の無い、体現型クリエイター「武瑠」のソロプロジェクトです。

今月発売 sleepyheadの2作品目となる「meltbeat」は、「十字架を背負うよりも、未来に口づけ」‘melt=溶ける’をキーワードに、飄々と進化していくsleepyheadのネクストフェーズをパッケージングした、​みずみずしくもエッジのあるミクスチャーロックアルバムです。

「meltbeat」の発売に先がけ公開された「meltbeat feat.DURAN」のミュージックビデオは、多くのファンの待ち望む作品で話題を集めています。

 

「LEDビジョン」の色鮮やかな光の演出

今回のミュージックビデオでは、映像作家・演出家の東市篤憲氏(A4A)がディレクターを担当。

2.8ミリピッチのLEDパネルを縦に4枚組み合わせた横0.5メートル×縦2メートルの「LEDビジョン」と、透過型の「LEDビジョン」である「ウィンドウビジョン」を2枚使用したLEDのオブジェが構築されました。

このオブジェは室内の中央に設置され、バンド演奏シーンのすべてに「LEDビジョン」の色鮮やかな光の演出が利用されています。

日差しと「LEDビジョン」が照らした空間は、まるで夢の中や意識の中にいるような印象で、楽曲の世界観を色濃く表現しています。

 

より魅力的な描写を創り出す

「LEDビジョン」は、明るく高精細なことが特徴で、照明のある室内や太陽のある屋外でも、鮮やかな映像表現が可能です。

ミュージックビデオ内で利用された「LEDビジョン」の演出は、作品に“色”や“動き”を作り出し、毎秒毎秒をより魅力的な描写へと進化させています。

sleepyhead 「meltbeat feat.DURAN」の魅力いっぱいのミュージックビデオは、多くのアーティストやクリエイターの感性を刺激し、「LEDビジョン」を利用した音楽演出をより幅広いものにする可能性を見せてくれました。

 

「LEDビジョン」がミュージックシーンを変える

近年、ミュージックビデオ撮影における空間・映像演出のために、「LEDビジョン」を利用することが急速に増えています。

音楽との相性が非常によく、その魅力的な輝きは、ライブやコンサート会場でもそのまま反映できるので、映像と音楽がセットになっている現代のミュージックシーンにおいて、「LEDビジョン」の特性には大きな価値があります。

「LEDビジョン」の技術は、音や映像の世界の可能性を広げ、新たな価値を生み始めているようです。

 

LEDビジョンは「LED TOKYO」まで

LED TOKYOでは、大型LEDビジョン、屋外用、屋内用、床用、湾曲型、透過型、ボール型などのほか、液晶ディスプレイなど豊富なラインナップを揃えています。

大手中国メーカーから直接仕入れることで、他社には難しい圧倒的コストパフォーマンスを実現し、販売だけでなくレンタルサービスも提供しております。

最高最良のLEDビジョン・液晶ディスプレイを、最安値で導入出来るのは、LED TOKYOだけです。

・各種「LEDビジョン」のラインナップはこちらから

導入をご検討の際は、LED TOKYOまでお問合せ下さい。