• トップ > ニュース > インパクト抜群!AR技術を用いたARサイネージとは?事例も紹介

インパクト抜群!AR技術を用いたARサイネージとは?事例も紹介

2020.01.17

ARサイネージは、現実の映像を利用しつつも画面の中では自由に世界を作り変えることのできる画期的なデバイスです。

顔認識や手足の動作を認識する技術を利用して人々の印象に残る体験を提供できる、ARサイネージの特徴と魅力について紹介します。

ARサイネージはどんなもの?

そもそもARとは

ARとは、Augmented Realityの略称で、日本語に訳すと「拡張現実」を意味します。

拡張現実とは、現実の世界をデジタル化したものに文字や画像、音声をつけることを言います。

現実世界を映し出した映像の中に、キャラクターの画像や映像などを付け加えて表示できるアプリも登場しています。

近年話題となっている、いくつかの現実の地理情報を利用したゲームなどでもARの技術が利用されています

これまで、画像や映像の一方的な発信が中心であったデジタルサイネージにARの技術を取り入れることで、通りかかった人々や利用者に新しい体験を届けることができます。

ARサイネージとは

ARサイネージとは、モーションセンサーと人体検知技術を利用して、カメラで取得した映像から人物部分を認識し、人物とCGを合成した映像を作り出して表示する事のできるデジタルサイネージです。

商業施設やテーマパークなど、利用されている場面は多岐にわたり、広告や宣伝、集客への活用はもちろん、映像と組み合わせた利用を通して体験型の価値を提供することも可能です。

非現実的な映像を作り出すこともできるため、エンターテインメントとしての利用にも向いています。

ARサイネージのここがすごい

ARサイネージの活用方法について順に紹介します。

 

ARサイネージでは人々の意表を突くような演出で注意を惹くことができます。

通りかかった人々の肩を叩くかのような映像をサイネージに流すことで振り向かせる効果をもたらしたり、現実に存在するはずのない事象が画面の中で発生しているかのような演出を行うこともできます。

日本の伝統衣装が試着体験できるARサイネージの活用方法は特に訪日外国人に人気のコンテンツです。

実際に着替えることなくサイネージの中の映像が自動で人物を認識し、着物を着た状態の映像を作り出します。

また、背景の動画に桜やシャボン玉、落ち葉などが設定されており、人物の動作に合わせてそれらの物体が実際に触れているかのように動き出すようなギミックも搭載されています。

反対に、服の部分ではなく顔の部分にキャラクターの顔を表示させ、キャラクターになりきって自由に動く映像を表現することもできます。

現実世界とは違った世界観を演出することのできる機能もあります。

漫画調やアニメ調、水彩画調などにフィルターで加工することで自分が主人公としてアニメや漫画、絵画の世界に入り込んだような感覚を体験することができます。

手足を動かすことでセリフや擬音語などが現れる演出も楽しむことができます。

 

また、ARサイネージはタッチパネル付きの双方向性サイネージと異なり、モーションセンサーとカメラで人物の動作を検知できるため、実際にパネル部分に触れることなくコンテンツを提供することが可能となり、故障のリスクが低くなります。

また、衛生的なため安心して設置することができます。

ARサイネージでできることとは?事例を紹介

ARサイネージは、体験型の価値を想像できるため、新規での導入はもちろん既存の施設への導入を行うことでブランドイメージの向上やアピール、知名度向上に役立てることができます。

集客を行う上で目玉となるコンテンツとしてARサイネージを活用する例を紹介します。

バーチャルファッション

流行の変化の早いファッション業界において、近年手軽に試着を試すことのできるシステムとして、画面の前に立つだけで試着が可能なARサイネージが導入されています。

デジタルサイネージに取り付けられたカメラで、利用者とその背景を映像として取り込み、人物の部分を認識した上で洋服の画像をリアルタイムで合成して表示します。

体や手足を動かすと服が体の動きに合わせて動き、生地が揺れるなど質感の表現もできるように工夫されています。

ちょうど鏡に映っているかのように自分の姿を確認することができる大変便利なシステムとなっています。

自動的に利用者の体型にフィットするよう服のサイズが自動で調整されるため、小さな子どもが大人用のドレスを着るといった体験をすることも簡単にできます。

着物やドレスなど、試着するために時間や手間がかかるものでもサイネージの前に立つだけで雰囲気を確認することもできます。

また、店舗の側としては、衣装の画像を用意するだけでサイネージ上に表示するコンテンツの追加が可能です。

未発売の商品でも、画像さえあればデータを利用してARサイネージ上での試着ができるため大変便利です。

バーチャル水族館

アメリカのニューヨーク・タイムズスクエアにオープン「ナショナルジオグラフィック エンカウンター:オーシャン・オデッセイ」という水族館がオープンしました。

このエンターテインメント施設は、水を使用することなく水族館のような体験をすることができるもので、デジタルサイネージやARサイネージの技術が活用されています。

まるで本物の水族館にいるかのような巨大で迫力のある演出も行われており、人気の施設となっています。

 

AR技術を取り入れたデジタルサイネージはまだ比較的珍しいため、多くの人々の注目を浴びることが予想できます。

エンターテインメント性の高いARサイネージ

ARサイネージは、サイネージとしての宣伝効果も高く、体験型のコンテンツを放映することにも利用可能な画期的なデバイスです。

利用者との双方向性のあるARサイネージは今後ますます活躍の場が広がることが予想されます。

LED TOKYOは、大手中国メーカーから製品を直接仕入れることで、圧倒的コストパフォーマンスを実現しています。

広告、店内の演出など様々な場面で活躍し、集客効果、雰囲気作りにも役立つLEDビジョンの購入・レンタルをご検討の方はまずはご相談下さい。

ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

資料ダウンロード

必要情報をご記入ください

ダウンロードする

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

LEDビジョンの購入・設置
レンタルのことならお任せください

メールフォームでのお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日10時〜19時
X