News

LEDビジョン六本木で話題となった幻想的なデジタルアート空間「Galaxy Kaleidoscope」にもLEDビジョンが利用されました

六本木で話題となった幻想的なデジタルアート空間「Galaxy Kaleidoscope」にもLEDビジョンが利用されました

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

11月15日~今日12月25日の期間中、六本木ヒルズにて開催されていたイベント「Galaxy Studio Roppongi Hills」会場に、「床用LEDビジョン」の利用がありましたのでご紹介します。

 

Galaxy Studio Roppongi Hills

モバイル製品の世界的リーディングブランド「Galaxy」は、最新スマートフォン「Galaxy Note9」やウェアラブル製品などの世界観を一度に体験できる無料体験施設「Galaxy Studio Roppongi Hills」を、六本木ヒルズ ヒルズカフェ/スペースにて期間限定で開催しました。

こちらのイベントでは、10月に発売した最新スマートフォン「Galaxy Note9」を使ったコンテンツや、新感覚のSNS映えフォトスポット「Galaxy Kaleidoscope」が初登場し、会場を盛り上げました。

 

Galaxy Kaleidoscope

“万華鏡”をモチーフとした巨大な三角形ミラーと、「床用LEDビジョン」が設置された幻想的なフォトスポットです。
ここでは「Galaxy Note9」に内蔵された「S Pen」の描きやすさを活かして、ご自身で色付けした冬らしい季節を感じるモチーフを作成。
モチーフが巨大なミラー筐体にランダムに投影され、今までにないフォトジェニックな世界が創り出されました。

「Galaxy Kaleidoscope」は、幻想的なイルミネーションが輝く六本木ヒルズの「新しいフォトスポット」として多くの人々が来場し話題となりました。

こちらで利用された「床用LEDビジョン」は、LED TOKYOが設置しています。

 

LEDビジョンの技術が“新たな体験”を創造する

近年、LEDビジョンは、情報を伝えるための利用だけでなく、鮮やかな映像などで空間を演出することや芸術を表現するためにも利用されはじめています。
魅力のある美しい映像は、VR、ARとも相性が良く、また、インスタレーションの世界にも相互して影響を与えています。

LEDビジョンは映像技術の発展とともに、人々に感動や刺激を与えることのできる“新たな体験”を創造します。

 

LEDビジョンは「LED TOKYO」まで

LED TOKYOでは、大型LEDビジョン、屋外用、屋内用、床用、湾曲型、透過型、ボール型などのほか、液晶ディスプレイなど豊富なラインナップを揃えています。

大手中国メーカーから直接仕入れることで、他社には難しい圧倒的コストパフォーマンスを実現しております。
そのほか、大型フェス、スポーツ大会、音楽イベント、発表会、展示ブースなどで大活躍の最新LEDビジョンを「レンタル」にて導入することが出来ます。

購入となると高額且つ物理的な倉庫の確保など大変な手間がかかりますが、レンタルではコスト面を節約出来るだけでなく行き届いたサポート体制で利用することが可能です。

最高最良のLEDビジョン・液晶ディスプレイを、最安値で導入出来るのは、LED TOKYOだけです。

・各種「LEDビジョン」のラインナップはこちらから

導入をご検討の際は、LED TOKYOまでお問合せ下さい。

LEDビジョンの購入・設置
レンタルのことならお任せください

メールフォームでのお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日10時〜19時