News

LEDビジョン“LEDビジョン化”が次世代に残る鍵に!世界最大級観光都市ラスベガス「マッカラン国際空港」

“LEDビジョン化”が次世代に残る鍵に!世界最大級観光都市ラスベガス「マッカラン国際空港」

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

今回は、ショー、カジノ、グルメ、ショッピングと街全体がアミューズメントパークのような世界最大級観光都市「ラスベガス」の「マッカラン国際空港」に、新たに導入された「LEDビジョン」をご紹介します。

 

ラスベガスの空を繋ぐマッカラン国際空港

「マッカラン国際空港(McCarran International Airport)」は、アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス市にある国際空港です。

ラスベガスの中心地“ダウンタウン”から南に8kmほどの立地にあり、カジノでの一攫千金を夢見たり、ビジネスのコンベンションに参加するためにこの空港を利用する人が多いことが特徴です。

また、空港ターミナルには数多くのアート作品が展示されているだけでなく、1,300台以上のスロットマシンが設置されており、唯一無二の活気ある演出で世界最大の観光都市を強調しています。

 

大規模な“LEDビジョン化”が安心感を生む

ラスベガスの玄関口として、1948年のオープン以来多数の観光客を受け入れてきたマッカラン国際空港に、2019年、新たに多くの「LEDビジョン」が導入されました。

第1ターミナル手荷物受取所周辺には、4ミリピッチの「LEDビジョン」が60基のほか、さまざまな「LEDビジョン」が設置され、どの位置にいても目にとまる“動画広告メディア”が誕生しました。

これまでのバックライト式静止画広告から、動画広告へとバージョンアップしたことと、「LEDビジョン」の大規模な増設により空港という空間自体の映像演出を可能としたことでで、“ワクワク感”とともに“安心感”を生み出すことにも成功しています。

「LEDビジョン」は、デジタルサイネージとして、また、デジタルインスタレーションとして活躍し、時代を超え“先駆的印象”を与えています。

 

世界を次の時代へつなぐ「LEDビジョン」技術

「LEDビジョン」は、LEDパネルを組み合わせるだけでサイズを変更できる自由度に加え、昼夜屋内外関わらずとても明るく、美しい映像を発信することができます。

その魅力ある技術は、建物のデザイン性を損なうことなくどこにも設置でき、またブランド価値の引き上げや最先端というイメージを持ち合わせ、世界中でリニューアルや新規オープンを迎える施設への導入が進んでいます。

世界中の国際空港においても同様で、「マッカラン国際空港」のように「LEDビジョン」の導入が、相乗効果的に価値を引き上げています。

LED TOKYOでは、日本国内における新施設や、リニューアルの際に必要とされる「LEDビジョン」をサポートしています。

また、世界中の「LEDビジョン」を知ることで、さらに先の未来の技術をイメージしたり、新しいアイディアを生み出すことにも繋げています。

 

LEDビジョンは「LED TOKYO」まで

LED TOKYOでは、大型LEDビジョン、屋外用、屋内用、床用、湾曲型、透過型、ボール型などのほか、液晶ディスプレイなど豊富なラインナップを揃えています。

大手中国メーカーから直接仕入れることで、他社には難しい圧倒的コストパフォーマンスを実現し、販売だけでなくレンタルサービスも提供しております。

最高最良のLEDビジョン・液晶ディスプレイを、最安値で導入出来るのは、LED TOKYOだけです。

・各種「LEDビジョン」のラインナップはこちらから

導入をご検討の際は、LED TOKYOまでお問合せ下さい。

LEDビジョンの購入・設置
レンタルのことならお任せください

メールフォームでのお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日10時〜19時