fbpx

NEWS
ニュース

MSCベリッシマはどこの船? 客室の種類やおすすめエリア、クルーズ事例(2023年~2024年)、口コミ、LEDビジョンの使われ方などを紹介!

  • 公開日:2023.12.25
  • 更新日:2024.03.13
  • LEDビジョン

LEDビジョンは街中のあらゆる場所で広告・宣伝に活用されていますが、陸地だけでなく海上でも利用されているのをご存知でしょうか。
イタリア客船の「MSCベリッシマ」でも美しいLEDビジョンが使われており、クルーズに極上の体験を生み出しています。

今回は、MSCベリッシマの概要をはじめ、キャビンの種類やおすすめエリア、クルーズ情報、口コミ、船内におけるLEDビジョンの使われ方まで解説します。LEDビジョンを含めてMSCベリッシマの魅力がわかるように情報をまとめているので、客船旅行を検討している方はぜひ最後までご一読ください。

この記事の目次

MSCベリッシマとは?

早速、MSCベリッシマとは何かがわかるように、概要と基本情報をお伝えします。MSCベリッシマはそもそもどこの船なのか確認してみてください。

└画像引用元はこちら

MSCベリッシマの概要

「MSCベリッシマ(MSC Bellissima)」は、300年以上の歴史を有する世界最大級のクルーズ会社「MSC」が所有している豪華客船です。食事だけでなく、アミューズメントやカジノなどさまざまな施設が用意されており、贅沢な時間を思う存分堪能できるのが魅力です。

2017年にデビューした姉妹船のMSCメラビリア(MSC Meraviglia)同様のデザインながら、あらゆる面で新しく強化された船上体験を経験できます。

すべてのキャビンには、世界初のデジタル・クルーズ・アシスタント「Zoe(ゾーエ)」が搭載され、音声に対応した人工知能とのコミュニケーションを体験できるのも特徴です。船内には世界各国の味を楽しめるレストランが12店舗、バーが20店舗運営されています。

さらには、「シルク・ドゥ・ソレイユ」と提携した2種類のショー、砂漠をテーマにしたウォーターパーク、ボーリング場、スパ、ジム、ショッピングまで楽しむことも可能です。そのほか、屋内プロムナードの天井全体が巨大なLEDスクリーンで覆われており、感動的なデジタル体験も実現しています。

MSCベリッシマの基本情報

MSCベリッシマの基本情報は下記の通りです。

キャビン

全2,217室

バルコニーキャビン

1,418室

最大乗客数

5,655人

総トン数

171,598トン

デッキ表面積

サッカーコート63個分

キッズ専用ルーム

7部屋

キッズルーム総面積

700m²

LEGOのキッズルーム

123m²

レストラン

12か所

バー&ラウンジ

20か所

シャンパンバーで提供されるシャンパンの種類

91種類

プロムナード

全長96m

LEDドーム

80m

大劇場

975席

プール

4つ

キャビンの数や最大乗客数、施設の数、LEDドームの長さなどから、大規模な客船であることがおわかりいただけるでしょう。広々とした空間で羽を伸ばしたい方にとって、魅力的な豪華客船ではないでしょうか。

MSCベリッシマのキャビンの種類

MSCベリッシマで、自分達だけの贅沢な時間を過ごしたい方々にとっては、利用できるキャビンも気になるところでしょう。MSCベリッシマにはさまざまな種類のキャビンがあります。引き続き、それぞれのキャビンについてご紹介します。

内側キャビン・海側キャビン

内側キャビンは、ホテルの一室を思わせるような空間となっており、エレガントな雰囲気です。リーズナブルに贅沢な時間を過ごせるのが魅力といえるでしょう。海側キャビンは、室内の窓から海の景色を眺められる客室です。海の景色を気軽に楽しみたい方におすすめです。

バルコニーキャビン

バルコニーキャビンは、約12~17m²の空間と約4m²のバルコニーで成り立っています。快適なダブルベッドとソファなどが設置されています。ダブルベッドは要望に応じてツインに変更することも可能です。

家族向けキャビン

家族向けキャビンは、2つの部屋が内部のドアでつながっています。それぞれに専用のバスルームとバルコニーが用意されています。6~12名で利用できるスイートキャビンがあり、大人数で過ごすことが可能です。

スイートキャビン

スイートキャビンでは、ワンランク上の上質な時間を過ごせます。ジャグジーバスで湯船に浸かりながら海を眺めることが可能です。至福のひと時を味わいながら心身ともにリラックスしたい方にピッタリでしょう。

MSCベリッシマのおすすめエリア

MSCベリッシマには豪華客船ならではの魅力的なエリアが満載です。MSCベリッシマのおすすめエリアをいくつかご紹介します。

ロンドン・シアター

全975席あるロンドン・シアターでは、毎夜日替わりで6種類のショーが上演されます。ニューヨークでしか見られない最上級のショーをブロードウェイスタイルの劇場で楽しめるのが魅力です。

カルーセルラウンジでは、ショーをお酒や食事とともに楽しむことも可能です。船内で見るエキサイティングなショーは思い出に深く残るに違いありません。

エンターテインメントエリア

エンターテインメントエリアでは、最先端のスリルと興奮を味わえます。たとえば、本格的なF1シミュレーターがあります。インパクトのある車体は、乗り物好きにとってたまらないでしょう。

そのほか、フルサイズのボーリング、4つの世界をリアルに体験できるインタラクティブXDシネマ、さまざまなアーケードゲームなどが用意されています。観光地に着くまで船内で飽きずに過ごせるに違いありません。

スポーツエリア

390m²の広さを誇るスポーツレックスでは、1日中にわたっていろいろなアクティビティやトーナメントが行われており、スポーツや試合を楽しめます。テニスやサッカー、バレーボール、バスケットボールなど、楽しめるスポーツのジャンルは多種多様です。オープンデッキにある専用ランニングトラックでジョギングまで楽しむこともできます。体を動かすことが好きな方にとってはたまらないエリアでしょう。

MSCテクノジム

MSCテクノジムは、開放的な空間で絶景を眺めながらトレーニングできるジムです。最先端のテクノジムカーディオ、ストレングストレーニングマシンをそなえており、幅広く革新的なフィットネスコースとトレーニングプログラムが用意されています。専任トレーナーが常駐しているので、充実したトレーニング時間を過ごせるのではないでしょうか。

アリゾナアクアパーク

アリゾナアクアパークは、大人から子どもまで一緒に楽しめる洋上で最も爽快なアクアパークです。3種類のウォータースライダーが用意されており、好みのスライダーでスリルを味わえます。80mの高さで船を横断するヒマラヤブリッジも目玉です。小さな子どもにピッタリのアクア・スプレーエリアもあります。子連れのご家族も安心して過ごせるでしょう。

アトモスフィア・プール

アトモスフィア・プールは、美しい照明と巨大なスクリーンがあるプールです。プールサイドのスペースは、乗客1人あたり約10m²となっており、ゆったりと過ごしやすい空間。

プールサイドでは、ラジオ体操も行われているようです。朝から体を動かしたいときは、早起きして参加してみるとよいでしょう。

ミニ&ジュニアクラブ

提携しているLEGOの協力によって、ミニクラブとジュニアクラブには、さまざまなレゴブロックが用意されています。対象年齢は3歳~11歳です。室内は赤や黄色、青などを基調としており、華やかな空間となっています。レゴキャラクターも装飾されており、レゴが好きな子どもにとってはたまらない空間でしょう。レゴのイベントも開催されており、家族で一緒に楽しめるのも魅力です。

インペリアル・カジノ

インペリアル・カジノでは、ルーレットやカードゲーム、スロットマシンなどを遊べます。船上で一攫千金を狙うことも可能です。ゲームセンターによくあるコイン落としも用意されています。カジノやコインゲームに興味がある方は、足を運んでみてはいかがでしょう。

MSCアウレア・スパ

MSCアウレア・スパでは、体と心を再活性化するバリ式トリートメントを楽しめます。広さは1,100m²です。サウナや最新のビューティートリートメントが取り揃えられています。

香りを楽しめる美容液とアロマオイルがリラックスしやすい空間を演出。非日常的な船上スパで、頭から足の先まで癒してみてはいかがでしょう。

MSCベリッシマの飲食施設

MSCベリッシマには、さまざまな飲食施設があり、船内で美味しい食べ物や飲み物をとことん楽しめます。MSCベリッシマの代表的な飲食施設をご紹介します。

マーケットプレイス・ビュッフェ

マーケットプレイス・ビュッフェは、大海原の眺めとともにカジュアルで美味しい地中海料理を楽しめる飲食施設です。ホワイトカラーを基調とした店内が海景色の爽やかさを際立てています。

世界各国の料理やエスニック料理、ヘルシーメニューなどを堪能できます。自然と視界に入る海景色は、非日常的な食事体験をもたらしてくれるでしょう。そのほか、シェフが新鮮な料理を用意する光景も見られます。

HOLA! タコス&カンティーナ

HOLA! タコス&カンティーナは、新しいカジュアルなストリートダイニングをコンセプトにした飲食施設です。

ラテンアメリカとメキシコの料理や飲み物をもとにしたメニューを楽しめます。店内はブラウンを基調とした落ち着いた雰囲気です。ランチやディナーでリラックスした時間を過ごせるでしょう。

ラトリエビストロ

ラトリエビストロは、家庭的でフレンドリーな雰囲気が漂うオシャレなビストロです。joie de vivre(フランス語で人生の謳歌)を感じながらフランス料理を楽しめます。

チーズや豚肉料理、エスカルゴ、フォアグラなど、クオリティーの高い料理を堪能できるのが贅沢です。リブアイ・ステーキフライのブルーチーズソースがけなどは、本格的なグルメを求める方には見過ごせないメニューでしょう。朝食にも訪れることができるので、朝からエレガントな時間を過ごしたい方にもピッタリです。

カイト鉄板焼きレストラン&寿司バー

カイト鉄板焼きレストラン&寿司バーは、伝統的でスタイリッシュな鉄板焼きとお寿司のレストランです。新鮮かつ最高品質の素材をその場で調理したおいしいアジア料理を提供しています。

店内はグリーンカラーを基調としており、おしゃれで癒し感のある雰囲気です。料理を味わいながら華やかなひと時を過ごせるでしょう。

MSCベリッシマのクルーズ(大型客船旅行)の例

MSCベリッシマでどのような旅行ができるのか気になる方も多いでしょう。ここではMSCベリッシマのクルーズの例をご紹介します。

※過去に企画されたクルーズの情報も例として取り上げています。最新のクルーズについては、各種クルーズ専門旅行会社の公式ホームページでご確認ください。

プラン1.新緑の美 優雅に巡る 日本一周 クルーズ10日間の旅

ジャパネットツーリズムが提供するMSCベリッシマによる日本一周クルーズです。

ジャパネットのツアーでは、函館や金沢、済州島(韓国)など、魅力的な国内外の寄港地が厳選されています。すべての寄港地で朝入港・夕方出港の予定となっており、ゆったりと歴史的建造物を訪ねたり、ご当地グルメを楽しんだり、温泉に入ったりできるのが魅力です。

主要スポットを気軽に訪れられる循環バスサービスも提供されており、初めての土地で交通機関を調べる手間もありません。気軽に観光を楽しみたい方にはピッタリのクルーズではないでしょうか。

【基本情報】
出発日:2024年5月6日(月)、2024年5月15日(水)、2024年5月24日(金)
出発地:横浜
経由地:函館・秋田・金沢・済州島(韓国)・鹿児島
日数:10日間
旅行代金:239,800円~、1名(2名1室利用時)

プラン2.【羽田空港発着】≪MSCベリッシマで航く≫沖縄美ら海クルーズ 5日間

阪急交通社クルーズ旅行20万名突破記念で新発表されたMSCベリッシマで航く台湾経由の5日間プランです。那覇での半日観光が楽しめるほか、石垣島や宮古島を経由し、基隆(台湾)までも観光できます。

基隆については現地日本語ガイド付きなので、言葉に不安がある方でも安心して観光できるに違いありません。クルーズ乗船中にアルコール類をオーダーできる船内飲み放題のドリンクパッケージが込みとなっています。お酒が好きな方にはたまらないプランでしょう。

【基本情報】
出発日:2024年2月10日~
出発地:東京(羽田)
経由地:那覇・石垣島・宮古島・基隆(台湾)
日数:5日間
旅行代金:119,800~309,800円

プラン3.台湾・那覇 南西諸島 クリスマスクルーズ 10日間

クリスマスシーズンに適したMSCベリッシマで行く10日間のクリスマスクルーズです。船内にはクリスマスツリーが設置され、いつもとは違った豪華なクリスマス気分を味わえます。横浜から出発して、神戸・那覇・石垣島・基隆(キールン)などを経由します。

専属のコーディネーターが乗船するため、船内生活で困ったことがあっても気軽に相談できるのが安心です。この事例のようにMSCベリッシマでは季節に関連したクルーズが実施されることがあります。より特別なクルーズを求める方は、旅行情報を見落とさないようにしましょう。

【基本情報】
出発日:2023年12月21日
出発地:横浜
経由地:神戸・那覇・石垣島・基隆(キールン)
日数:10日間
旅行代金:99,800円~439,800円、大人1名(2名1室利用)

MSCベリッシマのMSCヨットクラブとは?

MSCベリッシマでとことん贅沢な時間を過ごしたいのであれば、MSCヨットクラブに宿泊するという選択もあります。MSCヨットクラブとは、一般客と会うことがない極上のプライベート客室です。限られた人だけのために用意され、船内でファーストクラスの体験をすることができます。引き続きMSCヨットクラブの魅力をお伝えします。

妥協なくデザインされたスイートルーム

MSCヨットクラブのスイートルームは、著名な建築家たちが所属する「デ・ヨーリオデザインインターナショナル(De Jorio Design International)」によって妥協なくデザインされた贅沢な空間です。

エジプト綿のシーツや形状記憶マットレス、好みにあった枕などを利用できます。最高の睡眠体験を味わえるでしょう。ワイドスクリーンのテレビで映画を楽しんだり、パノラマウィンドウやプライベートバルコニーから眺望を楽しんだりすることも可能です。

ワンランク上のダイニング体験

MSCヨットクラブでは、MSCクルーズにおいてワンランク上のダイニング体験を楽しめます。朝食・昼食・夕食は専用のレストランで提供。取り扱われている食材は最上級であり、健康志向・グルメ志向の方にも対応できるメニューが洗練されています。トップセイルラウンジやワンプールでは、1日中ビュッフェスタイルで軽食をとれるようになっているのも魅力です。

バトラーによるゲストのサポート

MSCヨットクラブのメンバーは、バトラーが24時間にわたって要望に対応してくれます。たとえば、船内でショッピングする時間がなくても、バトラーとともに営業時間外にプライベートでブティックを訪れたり、ヨットクラブキャビンで商品を見たりできます。

通常のクルーズで提供される寄港地観光だけでなく、希望にそった寄港地観光を楽しむことも可能です。バトラーのサポートを受ければ、寄港地での観光をより充実させられるに違いありません。

MSCヨットクラブのクルーズ料金の目安

MSCヨットクラブのクルーズ料金の目安は下記の通りです。

客室名:クルーズ料金
MSCヨットクラブ ロイヤルスイート:1,100,000円程度
MSCヨットクラブ デュープレックススイート:900,000円程度
MSCヨットクラブ デラックススイート:630,000円程度
MSCヨットクラブ インサイドスイート:360,000円程度
グランドスイート アウレア:620,000円程度
プレミアムスイート アウレア:610,000円程度
スイート アウレア:600,000円程度

客室によっては1週間弱の期間でも100万円以上の金額になることもあります。一生の思い出を作りたい方はお金を貯めて乗船してみてはいかがでしょう。

MSCベリッシマで持ち込み禁止のもの

MSCベリッシマでさらに快適に過ごせるよう、いろいろ持ち込みしたいと考える方もいるでしょう。ただ、船内の安全を守るために、持ち込みが禁止されているものもあります。

持ち込みが禁止されているものとしては下記の例が挙げられます。

・弁当
・生もの(刺身など)
・アルコール類(ワインやウイスキーなど)
・アイロン
・ヘアアイロン
・ドローン
・アマチュア無線機
・複数個のライター

食事やお酒などに関しては、船内の飲食施設で十分に楽しめるので、持ち込めなくても不自由はしないでしょう。普段から愛用しているアイロンやヘアアイロンなどはうっかり持ち込まないように注意が必要です。船内に医薬品や電子タバコなどは持ち込めます。ライターに関しては1つまでであれば持ち込みが認められています。

※クルーズ専門会社のプランによっては持ち込み禁止のルールが異なるかもしれません。詳細はクルーズ専門会社に確認しておくのが無難でしょう。

MSCベリッシマの口コミ

MSCベリッシマの魅力についてさまざまな観点からご紹介しましたが、実際に乗船した方はどのような感想を抱いているのか、気になるところではないでしょうか。

ここでは、MSCベリッシマの口コミの例をご紹介します。MSCベリッシマに乗船しようか迷っている方は、参考にしてみてください。

口コミ1.飲み放題が最高だった

MSCベリッシマでひたすら飲み放題を楽しんだ。カクテルとジュースをあわせて100杯以上は飲めた。元は取れなかったと思うけれど、本当に最高だった。

MSCベリッシマで、カクテルやジュースの飲み放題を楽しめたという方がいました。元はとれなかったようですが、飲み放題に満足されています。

口コミ2.飛行機で海外にいくより安かった

パーティーやショーを楽しめるし、カジノも楽しい。飛行機で海外にいくより格安で本当におすすめ!

パーティーやショー、カジノなど、さまざまなことを楽しめるだけでなく、飛行機で海外にいくより格安だったとのことです。海外旅行に行きたいけれど予算が限られている方は、MSCベリッシマも検討してみるとよいかもしれませんね。

口コミ3.子連れで遊べる場所が多い

レースゲームやバスケコート、ボーリングなど、子どもと一緒に楽しめる場所が多かった。クルーが子どもに声をかけてくれてあたたかみを感じる。

MSCベリッシマは、子どもと一緒に楽しめる場所がたくさんあるほか、クルーが子どもに優しく対応してくれるようです。子連れの方でもクルーズを検討しやすいかもしれません。

口コミ4.“バルコニーからさまざまな景色を楽しめる”

バルコニーから広い海を眺めて幸せな時間を過ごせた。朝・夕方・夜に、さまざまな景色を楽しめる。ただ、料金は少し高い。

バルコニーから見える海を眺めて幸福な時間を過ごせるのが魅力とのことです。ただ、料金は少し高く感じるようです。

口コミ5.ジムが空いていて使いやすかった

ジムには無酸素運動マシンやダンベルなどさまざまな設備が整っている。観光に行く人が多いからか貸しきりで使えることもあった。

船内のジムではさまざまな設備を使ってトレーニングできるとのことです。人が少なく貸しきりで使える場合もあるようです。体を動かすのが好きな方は、試しに訪れてみるとよいでしょう。

MSCベリッシマにおけるLEDビジョンの導入事例

MSCベリッシマには、ガッレリア・ベリッシマという、さまざまなブティックやレストラン、バーなどが立ち並ぶ船内プロムナード(船内にある広場)があります。

MSCメラビリア

プロムナードの天井は、総面積480m²・長さ80メートルの超巨大なLEDビジョンで覆われています。天井部分の湾曲と長距離の設置に対応できるのはLEDビジョンならではの特徴です。

スカイスクリーンと呼ばれるこの天井ビジョンには、風景や季節のイベント、日の出、夕日、星空などの映像が放映され、幻想的なデジタルの空を実現しています。

MSCベリッシマ

24時間絶えず美しい映像が流れているのが華やかです。豪華な内装にマッチした映像と音楽による空間演出は、すべての人にとって忘れられない思い出になるでしょう。

MSCベリッシマに関する気になるQ&A

MSCベリッシマについてさまざまな観点から情報をお届けしました。MSCベリッシマの全体像がはっきりと浮かび上がってきたのではないでしょうか。

ただ、ほかにもMSCベリッシマについて気になる疑問が残っている方もいるでしょう。ここでは、MSCベリッシマに関する気になる疑問についてQ&A形式でお答えします。

Q1.MSCベリッシマに乗船するにはパスポートが必要?

A1.海外旅行のクルーズであればパスポートが必要です。MSCベリッシマでは海外を経由するプランがあり、海外旅行のクルーズの場合はパスポートが必要です。

下船しなければ必要ないと思うかもしれません。しかし、下船しない場合でもパスポートが必要になります。海外旅行のクルーズに参加したいのであれば、余裕を持ってパスポートを申請して可能な限り早い段階で取得しましょう。

Q2.MSCベリッシマの服装は?

A2.日中は基本的にカジュアルな服装で過ごします。

夕食時にドレスコードが指定されている場合もあります。たとえば、男性であればベーシックなスーツ、ブレザーなど、女性であればエレガントなスーツ、着物、丈の長いワンピースなどを着用します。実際に乗船した方がYouTubeなどで服装について解説していることもあるので、ご自身でも体験談をチェックしておくと安心でしょう。

Q3.MSCベリッシマでは喫煙できる?

A3.喫煙可能エリアがあります。

喫煙可能エリアには、案内板や灰皿などが設置されています。その一方で、キャビン内やバルコニー、喫煙許可の旨が表記されていない場所、灰皿が設置されていない場所では、喫煙できません。電子タバコも同様です。案内板や灰皿のある場所をよく確認して、ルールを順守してタバコを吸いましょう。

Q4.MSCベリッシマは新婚旅行でも乗船できる?

A4.新婚旅行にも最適です。

MSCベリッシマでは、新婚旅行の場合に通常の料金から割引を適用してもらえるプランが提供されることもあります。船上でサプライズを用意してもらうことも可能です。お得な料金で生涯に残る思い出を作れるのは魅力的でしょう。結婚プレゼントを受け取りたい場合、予約時に婚姻証明書の提示が求められることがあります。新婚旅行を検討している方は、余裕を持って書類を準備しておきましょう。

LEDビジョンの導入はLED TOKYOに相談

MSCベリッシマは、300年以上の歴史を有する世界最大級のクルーズ会社「MSC」が所有している豪華客船です。

ホテルの一室を思わせるような「内側キャビン」、室内の窓から海景色を眺められる「海側キャビン」、約4m²のバルコニーが併設された「バルコニーキャビン」、2つの部屋が連結している「家族向けキャビン」、ジャグジーバスから海景色を楽しめる「スイートキャビン」など、さまざまな種類のキャビンで贅沢な時間を過ごせます。

「飲み放題が最高だった」「子連れで遊べる場所が多かった」「バルコニーからさまざまな景色を楽しめた」など、乗船して満足している方の口コミもたくさんありました。石垣島や台湾など魅力的なエリアを経由するクルーズが実施されています。2024年以降の最新クルーズも見過ごせません。

世界中でシェアを広げているLEDビジョンについても、豪華客船の概要とともに導入事例をご紹介しました。高精細の美しく明るい映像で空間を演出できるLEDビジョンは、今後もあらゆる場所で活躍していくに違いありません。

LED TOKYOでは、屋外用・屋内用・床用・湾曲型・透過型・ボール型など多種多様なディスプレイを揃えています。他社には難しい圧倒的コストパフォーマンスを実現し、販売だけでなくレンタルサービスも提供しております。最良のLEDビジョン・液晶ディスプレイを導入したい場合は、ぜひLED TOKYOまでご相談ください。

Summary
MSCベリッシマはどこの船? 客室の種類やおすすめエリア、クルーズ事例(2023年~2024年)、口コミ、LEDビジョンの使われ方などを紹介!
Article Name
MSCベリッシマはどこの船? 客室の種類やおすすめエリア、クルーズ事例(2023年~2024年)、口コミ、LEDビジョンの使われ方などを紹介!
Description
LEDビジョンは街中のあらゆる場所で広告・宣伝に活用されていますが、陸地だけでなく海上でも利用されているのをご存知でしょうか。イタリア客船の「MSCベリッシマ」でも美しいLEDビジョンが使われており、クルーズに極上の体験を生み出しています。
Author
Publisher Name
LED TOKYO

世界基準のLEDビジョンを圧倒的コスパでご提供!

ご購入はもちろん、レンタルのご相談も歓迎しております。
専門のスタッフによる安心のサポートのもと、お客様に最適な提案をさせていただきます。
是非お気軽にLED TOKYOまでご連絡ください。

RELATED WORKS
関連記事