北海道日本ハムファイターズの新球場が2023年3月に開業!

北海道日本ハムファイターズの新球場が2023年3月に開業!

公開日:2022.08.04
更新日:2022.08.04
屋外用LEDビジョン

球場内には世界最大級の大型LEDビジョンを2台設置し、約600台のデジタルサイネージも導入予定。

大型LEDビジョンも2台設置する、最先端技術を駆使した新球場

世界最大級、横86m×縦16mの大型LEDビジョンを一塁側と三塁側の各スタンド上に2台導入。
左右に2台の高精細大型LEDビジョンを設置することで、スタジアムのどの位置からでも迫力のある試合映像をしっかりと見ることができ、細かいプレーも見逃すことなく観戦を楽しめます。
また、354台のLED投光器による「光の演出」も注目を集めています。
フィールド上の光がウェーブ状に動くなど、これまでにない演出が行われるようで、照明、映像、音響などが連動した演出によって、球場全体を盛り上げる予定です。
スタジアムでのエンターテイメント性を高め、人間の感情を動かすことが、日本のスポーツビジネス拡大に向けた大きなカギとして近年重要視されています。
今回の新球場では、野球観戦という非日常体験を最大限に演出し、お客さまの感情が起伏するポイントで、自然に盛り上がるように後押しするような演出をデジタルサイネージ等によってされるようです。

画像引用元:エスコンフィールド北海道_https://www.supersento.com/hokaidotohoku/hokaido/hkdballpark.html

球場内に約600台のデジタルサイネージを導入

大型LEDビジョンの他にも、約600台のデジタルサイネージを球場内のいたるところに設置。
昨年リニューアルし、DX化が話題になった東京ドームの球場内デジタルサイネージの数は260台で、今回は2倍以上も導入される予定です。
これほどの数の電子看板にを導入することで、どこにいても「一体感」を感じられるスタジアムになるのではないでしょうか?
また、サイネージには試合映像だけでなく広告を配信することによる収益も期待できそうですね。

エンターテイメント性の高いES CON FIELD HOKKAIDO

画像引用元:エスコンフィールド北海道_https://www.supersento.com/hokaidotohoku/hokaido/hkdballpark.html

2023年3月に開業予定の北海道日本ハムファイターズの新球場の名前は、「ES CON FIELD HOKKAIDO」。
敷地面積50,000㎡の大きさで、3万5000人まで収容できます。
演出以外にも、様々な仕掛けを予定しており、レフト側の5階層ビルには、なんと4階が、温浴・サウナ施設、5階は、宿泊施設を常設し、どちらも試合を観戦しながら利用できるとのこと。
試合の際はとても人気スポットになりそうですね。

LEDビジョンは「LED TOKYO」

LED TOKYOでは自社ブランド製品の高品質なデジタルサイネージを、リーズナブルな価格にて提供しております。
ご購入はもちろん、レンタルのご相談も歓迎しております。
専門のスタッフによる安心のサポートのもと、お客様に最適な提案をさせていただきます。
是非お気軽にLED TOKYOまでご連絡ください。

ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ