AIに質問

News

LEDビジョン東市篤憲監督作品「欅坂46」の新曲「Nobody」MV撮影に「大型LEDビジョン」を導入しました

東市篤憲監督作品「欅坂46」の新曲「Nobody」MV撮影に「大型LEDビジョン」を導入しました

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

LED TOKYOは、映像作家・演出家の東市篤憲氏が監督を務め、2月27日にリリースを控えている「欅坂46」8thシングル「黒い羊」収録曲である「Nobody」のミュージックビデオ撮影のために、「大型LEDビジョン」を導入させていただきました。

 

・公式サイト動画はこちら:欅坂46『Nobody』

東市篤憲

「東市篤憲(とうし あつのり)」氏は、映像を軸にした空間演出、インスタレーション、アーティストのミュージックビデオやライブ演出、CM、ジャケットデザインまで手掛ける映像作家・演出家です。

BUMP OF CHICKEN「シリウス」をはじめ、最近では GARNiDELiA「REBEL FLAG」、Love Harmony’s,Inc.「浪漫飛行」、パノラマパナマタウン「Top of the Head」のミュージックビデオ撮影において、弊社の「LEDビジョン」をご利用いただきました。

 

「LEDビジョン」が創り出す未来的映像演出

今回は、「欅坂46(けやきざかフォーティーシックス)」の新曲「Nobody」ミュージックビデオに登場する、美しいダンスを中心としたシーン撮影のために「大型LEDビジョン」を導入しました。

 


2.84ミリピッチ、横10メートル×縦3メートルの「大型LEDビジョン」を設置し、高精細、色鮮やかな映像でクリエイティブな演出のサポートを担い、毎秒毎秒を印象的なシーンに変化させています。

「Nobody」は、「LEDビジョン」の新たな映像演出と可能性を見ることができる、素晴らしい作品となりました。

 

作品とともに進化し続ける「LEDビジョン」

「LEDビジョン」は、エンターテインメントやアーティストが作り出す世界観など、クリエイティブな発想に牽引され、様々なシチュエーションでの利用が進んでいる技術です。

美しい映像と光は、未来やテクノロジーを感じさせるだけでなく高級感なども併せ持つので、ハイクラスのエンターテインメントや、次世代のアーティストが生み出す新たな作品ともマッチし、相乗効果的に「LEDビジョン」の技術革新が起きています。

次から次へと生み出させる作品と、「LEDビジョン」が描く未来にも目が離せませんね。

 

LEDビジョンは「LED TOKYO」まで

LED TOKYOでは、大型LEDビジョン、屋外用、屋内用、床用、湾曲型、透過型、ボール型などのほか、液晶ディスプレイなど豊富なラインナップを揃えています。

大手中国メーカーから直接仕入れることで、他社には難しい圧倒的コストパフォーマンスを実現し、販売だけでなくレンタルサービスも提供しております。

最高最良のLEDビジョン・液晶ディスプレイを、最安値で導入出来るのは、LED TOKYOだけです。

・各種「LEDビジョン」のラインナップはこちらから

導入をご検討の際は、LED TOKYOまでお問合せ下さい。

LEDビジョンの購入・設置
レンタルのことならお任せください

メールフォームでのお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日10時〜19時