fbpx

NEWS
ニュース

屋外広告の効果的な運用方法とは?メリットや注意点も解説!

  • 公開日:2023.05.17
  • 更新日:2024.03.12
  • LEDビジョン

屋外広告は、多くの人々に見られることから、企業のブランディングや商品の宣伝に効果的な手段の一つです。しかしその一方で、制約やデメリットも存在します。本記事では、屋外広告について、そのメリットや種類、効果的な運用方法、そして注意点について掘り下げていきます。広告運用に悩む企業や広告業界の方々にとって、参考になる情報が満載の記事となっているので、広告を検討している方は是非最後までご一読ください。

屋外広告とは?

「屋外広告」とは、屋外空間に設置された広告媒体のことを指します。街頭や高速道路、駅や空港など、多くの人々が通り過ぎる場所に設置され、商品やサービスを広くアピールするために利用されます。看板やポスター、ビルボード、デジタルサイネージなど、多種多様な形態があります。屋外広告は、一定期間において多数の人々に見られるため、広告主にとって非常に有効な広告手段として利用されています。しかし、その一方で、屋外広告は周囲の景観を損ねるという批判もあります。最近では、デジタル技術の進化により、屋外広告の表現方法が多様化しており、ますます注目を集めています。

屋外広告の種類

屋外広告には、様々な種類があります。以下で代表的なものを紹介します。

大型広告

大型広告は、ビルや高速道路などの広い場所に設置され、大きな広告面積を持っています。そのため、遠くからでも目立ち、多くの人にアピールすることができます。特に、夜間にライトアップされた大型広告は非常に効果的です。

街頭広告

街頭広告は、街中にある看板やポスターなどを指します。歩行者や車の通行量が多い場所に設置されることが多く、繁華街や商店街などで見ることができます。身近に見ることができるため、リーチ数は大きく、視認性の高い広告です。

公共交通機関広告

公共交通機関広告は、バスや電車などの公共交通機関に設置される広告のことです。移動中の利用者が多く、広告に注目する機会が多いため、効果的な広告手法とされています。また、広告を見ることで、商品やサービスを利用する機会が増えるというメリットもあります。

建物広告

建物広告は、ビルの壁面や看板などに広告を設置するものです。建物自体が広告媒体となり、遠くからでも目立つことができます。また、繁華街や観光地などのランドマークになる場合があり、ブランドイメージの向上にもつながります。

屋外広告のメリット

屋外広告には、下記のようなメリットがあります。

1.幅広い層にアピールできる

屋外広告は、様々な人々が通り過ぎる場所に設置されるため、年齢や性別、職業など、幅広い層にアピールすることができます。

2.インパクトが強い

屋外広告は、その大きさや目立ちやすさから、視覚的にインパクトが強い広告媒体です。また、街中であれば、他の広告や看板と競合することがないため、より目立つ存在になります。

3.常に露出される

屋外広告は、24時間365日、常に露出されるため、看板やチラシなどの紙媒体よりも長期間アピールすることができます。

屋外広告のデメリット

屋外広告には、下記のようなデメリットもあるため注意しましょう。

1.費用が高い

屋外広告は、広告媒体として高額な部類に入ります。また、看板やビルの壁面に設置するための料金など、追加の費用がかかる場合もあります。

2.反応率が低い

屋外広告は、通り過ぎる人々に短い時間で訴求する必要があるため、反応率が低いことが課題となっています。また、テレビCMやインターネット広告など、他の広告媒体に比べてリアルタイムな反応を得ることが難しいという特徴もあります。

3.設置場所によっては効果が薄い

屋外広告は、設置場所によって効果が大きく異なるため、選定が非常に重要です。例えば、交通量の少ない場所や、人々が急いで通り過ぎる場所では、効果が薄くなることがあります。

屋外広告の効果的な運用方法

屋外広告の効果を最大化するため、運用において下記のポイントを抑える必要があります。

ターゲット層を明確にする

屋外広告は大勢の人々に見られますが、誰でもが興味を持つわけではありません。そのため、広告を出す前に、ターゲット層を明確にすることが重要です。例えば、若年層をターゲットにする場合は、派手でインパクトのあるデザインが効果的です。一方で、高齢層をターゲットにする場合は、落ち着いた色調や大きな文字を使ったシンプルなデザインが効果的です。

デザインにこだわる

屋外広告の効果を高めるためには、デザインにこだわることが大切です。広告が視覚的に魅力的であれば、人々の目を引きやすくなります。また、デザインによっては、広告を見た人が興味を持ち、行動を起こすこともあります。ただし、デザインには人目を引くだけでなく、メッセージを正しく伝えることが必要です。

立地条件を考慮する

屋外広告の場合、広告の設置場所によって効果が変わります。例えば、交通量の多い場所や人通りの多い場所に広告を出すことで、多くの人々に広告を見てもらうことができます。また、広告の周囲の環境に合わせたデザインをすることで、視認性を高めることができます。

広告の効果を測定する

屋外広告を運用する上で、広告の効果を測定することが重要です。効果を測定することで、どのような広告が効果的であるか、改善点は何かを把握することができます。具体的には、広告を見た人が商品やサービスを購入した数や、問い合わせの数などを測定することができます。このように、効果測定を行うことで、より効果的な広告運用ができるようになります。

SNSと連携させる

屋外広告はあくまでそのスポットでの広告になるため、地域が限定的です。より地域を拡大して宣伝効果を高めるためにSNSとの連携を意識して広告をうつ必要があります。例えば、リツイート企画を打ち出したり、誰かと共有したくなるような仕掛けがされていたりすると、広告を観た人が自然とSNSにあげて拡散してくれるようになります。このように、屋外広告のデメリットをカバーすべきかを検討しておきましょう。

屋外広告の注意点

屋外広告を運用する際には、以下の注意点があります。これらを守り、配慮することが重要です。

レギュレーションを遵守する

屋外広告は、地域や自治体によって規制される場合があります。例えば、広告の大きさや形状、表示する場所や時間帯に制限がある場合があります。そのため、広告を設置する前に、地域や自治体のレギュレーションを確認し、遵守することが必要です。

安全性を確保する

屋外広告を設置する場所によっては、安全性に問題がある場合があります。例えば、高速道路の脇や狭い歩道など、人や車の通行に支障が出る場所に広告を設置することは、事故の原因となる可能性があります。そのため、広告を設置する際には、周囲の安全性を確保することが重要です。

迷惑行為にならないように配慮する

屋外広告を設置する際には、周囲の迷惑行為にならないように配慮することが大切です。例えば、周囲の住民からクレームが出た場合には、迅速かつ適切な対応を行うことが必要です。また、周囲の環境や景観に配慮し、適切な広告を設置することが望ましいです。

まとめ

屋外広告には多くのメリットがありますが、それには制約やデメリットもつきものです。運用に際しては、ターゲット層を明確にし、デザインや立地条件を考慮することが重要です。また、レギュレーションを遵守することや安全性を確保すること、そして迷惑行為にならないように配慮することも必要です。屋外広告は、企業のブランディングや商品の宣伝にとって重要な手段の一つであり、デジタル広告との組み合わせで効果的に活用することが求められます。

世界基準のLEDビジョンを圧倒的コスパでご提供!

ご購入はもちろん、レンタルのご相談も歓迎しております。
専門のスタッフによる安心のサポートのもと、お客様に最適な提案をさせていただきます。
是非お気軽にLED TOKYOまでご連絡ください。

RELATED WORKS
関連記事