News

LEDビジョン近代化の進む「クアラルンプール」の有名施設に誕生し話題の“世界最大両面LEDビジョン”とは

近代化の進む「クアラルンプール」の有名施設に誕生し話題の“世界最大両面LEDビジョン”とは

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

今回はマレーシアの首都であり、国際的な観光都市として成長を続ける「クアラルンプール」に新しく誕生した「LEDビジョン」をご紹介します。

 

Suria KLCC Shopping Mall

「Suria KLCC Shopping Mall(スリアKLCC)」は、クアラルンプールの顔としても知られる超高層ビル“ペトロナスツインタワー”の、ふもとにあるショッピングモールです。

ペトロナスツインタワーは、20世紀完成の高層ビルとしては最も高く452メートルを誇り、完成から5年間は「世界で一番高いビル」として君臨していたタワーです。

この地下部分から地上6階は「スリアKLCC」として知られ、様々なショップはもちろん、コンサートホール、海洋水族館、アートギャラリー、子供科学博物館までを備え、長年クアラルンプールの代表的な観光スポットになっています。

 

回転式の巨大な両面「LEDビジョン」

そして、先日「スリアKLCC」に誕生したばかりなのが、“世界最大の両面LEDビジョン”と話題になりつつある巨大な「LEDビジョン」です。

4.7mmピッチ、横幅約5.8メートル×縦10メートルの「LEDビジョン」は回転式で、ショッピングモール中央の吹き抜け部分に吊るされているように設置されました。

実に、359度回転する「LEDビジョン」は、非常にユニークなことから早くも注目のまととなっています。

 

1度に多くの人へ情報を届けることができる

通常の「LEDビジョン」を表裏に重ねたような形状は、“両面”に高精細で鮮明な映像表示を実現しました。

円を描くデザインの吹き抜けに対応し、各階から視認できるように“回転”、そして、1階フロアは1日10万人以上が通り過ぎる場所なので、自然に見上げることのできる位置に“吊るす”という発想が盛り込まれ、この新しい「LEDビジョン」を誕生させています。

パネルを組み合わせるだけでどんなサイズにも対応できる「LEDビジョン」の特徴が、自由なデザインを可視化しました。

日本では、まだまだこのような「LEDビジョン」が誕生していません。

設置するだけで大きなニュースを生むこともできる「LEDビジョン」を、「LED TOKYO」はこれからも広めていきます。

 

LEDビジョンは「LED TOKYO」まで

LED TOKYOでは、大型LEDビジョン、屋外用、屋内用、床用、湾曲型、透過型、ボール型などのほか、液晶ディスプレイなど豊富なラインナップを揃えています。

大手中国メーカーから直接仕入れることで、他社には難しい圧倒的コストパフォーマンスを実現し、販売だけでなくレンタルサービスも提供しております。

最高最良のLEDビジョン・液晶ディスプレイを、最安値で導入出来るのは、LED TOKYOだけです。

・各種「LEDビジョン」のラインナップはこちらから

導入をご検討の際は、LED TOKYOまでお問合せ下さい。