• LED TOKYO > ニュース > 渋谷で広告を発信できるデジタルサイネージを駅も含めて徹底紹介!
渋谷で広告を発信できるデジタルサイネージを駅も含めて徹底紹介!

渋谷で広告を発信できるデジタルサイネージを駅も含めて徹底紹介!

公開日:2023.11.28
更新日:2023.12.04
LEDビジョン

さまざまなカルチャーが集中し、時代の先端を走る商業都市として知られる渋谷。たくさんのデジタルサイネージが設置されており、広告発信エリアの候補として検討している方も多いのではないでしょうか。今回は、渋谷がデジタルサイネージの広告発信に適した理由をはじめ、広告発信を行えるさまざまなデジタルサイネージをご紹介します。各スポットを比較して広告に最適なデジタルサイネージを見つけてみてください。

渋谷がデジタルサイネージの広告発信に適した理由

渋谷はデジタルサイネージによる広告発信に最適なエリアです。渋谷がデジタルサイネージの広告発信に適した理由を解説します。

理由1.乗降客数が世界トップクラス

渋谷区には、4社9路線が乗り入れる日本を代表するターミナル駅の渋谷駅があります。過去には乗降客数が世界第2位になったことでも有名です。

JR東日本による「各駅の乗車人員 2022年度」では、渋谷駅の1日平均の乗車人員は292,631人とされており、順位は新宿駅・池袋駅・東京駅・横浜駅の次にあたる第5位となっています。

たくさんの人々が利用する駅であることから、デジタルサイネージで映像を発信すれば高い広告効果が見込めるでしょう。

参考:各駅の乗車人員 2022年度(JR東日本)

理由2.大規模な再開発が進んでいる

渋谷区では、平成30年に大型複合施設「渋谷ストリーム(SHIBUYA STREAM)」、平成31年に商業施設「渋谷パルコ」がリニューアルオープンしています。

令和9年に向けてさらに、渋谷駅周辺を中心とした大規模開発が進行中です。令和における開発事業の例は下記の通りです。

事業

予定

内容

Shibuya Sakura Stage
渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

2023年11月

渋谷駅南西部一帯の大規模開発

渋谷アクシュ(仮称)
渋谷二丁目17地区市街地再開発事業

2024年5月

渋谷ヒカリエに隣接し青山通りに沿う一帯に複合施設(地上23階建て)が誕生

道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

2026年度

道玄坂の左手側の新大宗ビル1号館、新大宗ビル3号館などを含む敷地の大規模再開発

MITAKE Link Park(仮称)

2026年度

東京都児童会館跡地と渋谷区役所旧第二美竹分庁舎及び渋谷区立美竹公園の一体的開発

渋谷スクランブルスクエア 第Ⅱ期
(中央棟・西棟)

2027年度

JR渋谷駅の真上の中央棟と東急百貨店東横店の跡地周辺の西棟が計画されている

宮益坂プロジェクト

2028年度

宮益坂下の交差点の道路を挟んで左右にわたる延べ20万m²の大規模複合開発

変化の規模は100年に一度といわれており、今後の開発によってはさらに人々から注目を浴びるようになるかもしれません。ますます、デジタルサイネージでたくさんの人々に広告を視聴してもらいやすい環境が整ってくるでしょう。

参考:“100年に一度”の大変革が進行中(東京新聞)

渋谷で広告に使われるデジタルサイネージ

冒頭でもお伝えした通り、すでに渋谷ではたくさんのデジタルサイネージが設置されています。いずれも大画面で迫力のある広告を発信できる環境です。

引き続き、渋谷で広告に使われているデジタルサイネージをご紹介します。今回ご紹介するデジタルサイネージは下記の通りです。

・渋谷スクランブルスクエアビジョン
・シブハチヒットビジョン
・シンクロ7シブヤヒットビジョン
・宮益246ヒットビジョン
・渋谷愛ビジョン(I・Gビジョン)
・BIGBOSS ビジョン
・Veats Shibuya Vision
・渋谷センター街 デジタルサイネージ
・グリコビジョン渋谷
・渋谷Q’s EYE
・渋谷フクラス接続デッキ 3Dホログラムサイネージ
・東急プラザ渋谷 3Dホログラムサイネージ

なお、放映された広告の例や、デジタルサイネージを保有する会社、広告掲載を受け付けている会社などの情報も掲載しました。渋谷で広告を掲載したい方はぜひ参考にしてみてください。

渋谷スクランブルスクエアビジョン


└画像引用元はこちら

渋谷駅直結のビル「渋谷スクランブルスクエア」に設置されたデジタルサイネージです。単なる長方形のビジョンではなく、ユニークな形をしたビジョンとなっています。渋谷らしいクリエイティビティを感じさせるオシャレなディスプレイなので、話題にもなりやすいでしょう。

実際にSNSでは、ビジョンの広告を見ながら自分が躍る映像をアップする人も見受けられました。SNSによる広告の拡散効果も期待できそうです。

【放映された広告の例】
・「セーラームーン」
・「Spotify」
・「東方神起」

【基本情報】
設置場所:渋谷スクランブルスクエア
料金:1,500,000円
面数:2面
サイズ:53.96m×25.24m
掲出期間:1週間

【会社情報】
会社:株式会社サンエイ企画
住所:〒160-0003 東京都新宿区四谷本塩町8-2
電話番号:0120-365-009
営業時間:-
会社HPはこちら

シブハチヒットビジョン

シブハチヒットビジョンは、渋谷ハチ公前広場に位置しているデジタルサイネージです。単面広告用では日本最大級として知られています。

幅広い放映プランを用意することで、さまざまな放映回数に対応できるようにしています。
基本的に1広告枠は15秒です。プランによっては長尺素材にも対応しています。

【放映された広告の例】
・「ノット・オーケー」
・「LiSA Another Great Day」
・「呪術廻戦」

【基本情報】
設置場所:東京都渋谷区道玄坂2丁目3−2
料金:要問い合わせ
面数:1面
サイズ:要問い合わせ
掲出期間:要問い合わせ

【会社情報】
会社:株式会社ヒット
住所:〒104-0061東京都中央区銀座6-17-1 銀座6丁目-SQUARE 10階 (東京本社)
電話番号:03-3543-7771 (東京本社)
営業時間:-
会社HPはこちら

シンクロ7シブヤヒットビジョン

└画像引用元はこちら

シンクロ7シブヤヒットビジョンは、3棟のビルに設置されたデジタルサイネージです。屋上6面と壁面1面の構成となっており、広告の範囲が広くなっています。視認できるエリアは、渋谷駅西側エリア(スクランブル交差点やハチ公前広場など)、渋谷駅東側エリア(宮益坂や渋谷ヒカリエ)、渋谷駅南側エリア(渋谷警察署)です。

3D映像の放映に対応しているのも特徴になっています。話題の映像は秋田犬の3Dカラクリ時計動画です。秋田犬が複数の画面を行き来するオリジナリティの高い演出が見られます。シブハチヒットビジョンとシンクロさせて8面放映にすることも可能です。

【放映された広告の例】
・「ミルモでポン!」
・「ハイエナ」
・「EVA AIR」

【基本情報】
設置場所:東京都渋谷区渋谷1丁目25−6
料金:要問い合わせ
面数:7面
サイズ:要問い合わせ
掲出期間:要問い合わせ

【会社情報】
会社:株式会社ヒット
住所:〒104-0061東京都中央区銀座6-17-1 銀座6丁目-SQUARE 10階 (東京本社)
電話番号:03-3543-7771 (東京本社)
営業時間:-
会社HPはこちら

宮益246ヒットビジョン

宮益246ヒットビジョンは、宮益坂と青山通り(246号線)との交差点角地に設置された大型デジタルサイネージです。

巨大なビルの壁面で絵画のような存在感を示し、視認距離が500m以上と長く、視認性が抜群になっています。
渋谷方面に向かう車両と通行人からも視認することが可能です。ディスプレイ前は1週間あたり約29万台の車両が通過する環境です。

【放映された広告の例】
要問い合わせ

【基本情報】
設置場所:東京都渋谷区渋谷2丁目16−1
料金:要問い合わせ
面数:1面
サイズ:要問い合わせ
掲出期間:要問い合わせ

【会社情報】
会社:株式会社ヒット
住所:〒104-0061東京都中央区銀座6-17-1 銀座6丁目-SQUARE 10階 (東京本社)
電話番号:03-3543-7771 (東京本社)
営業時間:-
会社HPはこちら

渋谷愛ビジョン(I・Gビジョン)

渋谷愛ビジョン(I・Gビジョン)は、渋谷宮益坂交差点に面するビルの壁面に設置された縦型デジタルサイネージです。
知名度の高いビックカメラのビルに設置されており、家電の購入に訪れる人々や、宮益坂交差点で信号待ちをする人々などに広告を発信できます。

「アンバサダー就任おめでとう」「デビュー○周年おめでとう」など、芸能に関するニュースについて、お祝いメッセージを流すのに活用されています。
巨大な画面であるだけでなく、音声も流せる仕様です。新商品のプロモーションやキャンペーンの告知などにも最適でしょう。

【放映された広告の例】
・「星の降る日に」
・「新浜レオン5周年コンサートDVD」

【基本情報】
設置場所:渋谷宮益坂交差点東映ブラザビル壁面
料金:400,000円
面数:1面
サイズ:H9,450×W6,400
掲出期間:1週間

【会社情報】
会社:株式会社 春光社
住所:〒104-0031 東京都中央区京橋3丁目7番5号
電話番号:03-3538-9225
営業時間:10時00分~17時30分※土日祝を除く
会社HPはこちら

BIGBOSS ビジョン

BIGBOSS

渋谷センター街の入り口に誕生した飲食ビルに設置された大型3Dデジタルサイネージです。1階には横浜家系ラーメン「壱角家」、2階には「山下本気うどん」が出店されています。

画面にはスロットマシーンの映像が流れ、ビックボスポーズが3つ揃うと新庄剛志の演出が始まります。すでにSNSでも話題となっていることから、高い広告効果が期待できそうです。

【放映された広告の例】
・「INI」

【基本情報】
設置場所:東京都渋谷区宇田川町21
料金:50,000円~10,000,000円
面数:2面
サイズ:W6.40×H5.60(35.8m²)
掲出期間:1日・1週間・2週間・1か月・3か月・1年間

【会社情報】
会社:株式会社ガーデン(Garden Co., Ltd.)
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿2丁目8-8 ヒューリック新宿御苑ビル 4階
電話番号:-
営業時間:-
会社HPはこちら

Veats Shibuya Vision

渋谷センター街にある建物の壁面にある超大型ビジョンです。
ビクターエンタテインメント所属アーティストのミュージック・ビデオ、動画仕立ての独自映像など、エンタメコンテンツが放映されています。

アーティストの限定動画コメントにより、話題性や注目度を高めています。10代~40代までの音楽好きに広告を発信するのに最適です。
周辺にはH&MやMEGAドンキホーテ、GUなどの商業施設もあります。

【放映された広告の例】
・「Happy NINA DAY」
・「chuLa×みんな×ローモバ〜絶対なってやるいやなれるんだ目指せ世界一〜」

【基本情報】
設置場所:東京都渋谷区宇田川町33番1号グランド東京渋谷ビル
料金:150,000円~420,000円
面数:1面
サイズ:W5,120mm×H8,640mm(約44m²)
掲出期間:1週間・2週間・4週間

【会社情報】
会社:ビクターエンタテインメント(株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)
住所:〒150-0011 東京都渋谷区東1丁目2番20号 渋谷ファーストタワー
電話番号:-
営業時間:-
会社HPはこちら

渋谷センター街 デジタルサイネージ

渋谷センター街の中心にあるデジタルサイネージです。交差点の一角にあるビルの壁面に組み込まれています。
人通りが多い交差点なので、たくさんの通行人から視聴してもらえる環境です。画面の位置も低いため、歩くときに自然と目に入りやすいでしょう。

マモケバブというケバブ屋の上にディスプレイがあり、店舗を利用するときにも広告が自然と目に入ります。

【放映された広告の例】
・青山テルマ「No No No」

【基本情報】
設置場所:東京都渋谷区宇田川町
料金:要問い合わせ
面数:1面
サイズ:ピッチサイズ:4.8mm、製品サイズ:W4250mm×H2500mm
掲出期間:要問い合わせ

【会社情報】
会社:LED TOKYO株式会社
住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目16–18
電話番号:03-6434-7390
営業時間:10時00分~19時00分
会社HPはこちら

渋谷センター街デジタルサイネージの詳細は下記の記事でもご紹介しているので、気になった方はチェックしてみてください。
渋谷センター街/東京都渋谷区宇田川町

グリコビジョン渋谷

グリコビジョン渋谷は、新宿駅ハチ公口のスクランブル交差点北東にあるビルに設置されたデジタルサイネージです。真っ赤なフレームが目立ち、注目してもらいやすくなっています。音声もよく聞こえるので、街に向かう歩行者や駅に向かう歩行者のどちらにも広告を発信可能です。

グリコビジョンというネーミングは覚えやすく、SNSでも話題となっています。

【放映された広告の例】
・「アンヒューマナイズ/Sennzai」
・「拝啓、親愛なる君へ」
・手越祐也「LUV ME, LUV ME」

【基本情報】
設置場所:渋谷駅・ハチ公口 スクランブル交差点北東のビル2階
料金:184,000円~425,000円
面数:1面
サイズ:H3.84m×W4.99m
掲出期間:1日間・7日間

【会社情報】
会社:株式会社ムサシノ広告社
住所:〒162-0842東京都新宿区市谷砂土原町1-2
電話番号:03-3268-8106
営業時間:-
会社HPはこちら

渋谷Q’s EYE

渋谷Q’s EYEは、渋谷スクランブル交差点に位置するQFRONTビル壁面にあるデジタルサイネージです。
上部のバナービジョンと、下部のメインビジョンの2画面が設置されており、ダイナミックな映像が放映されています。

交差点で信号待ちをしている方々や、ハチ公前エリアの通行人に対して広告を発信可能です。メインビジョンではHD画質でCMの放映にも対応しています。

【放映された広告の例】
・「呪術廻戦」
・BE:FIRST「Bye-Good-Bye」
・「タマ&フレンズ」

【基本情報】
設置場所:東京都渋谷区宇田川町21-6
料金:100,000円~500,000円
面数:2面
サイズ:H7.28m×W12.95m
掲出期間:1日間・7日間

【会社情報】
会社:株式会社ムサシノ広告社
住所:〒162-0842東京都新宿区市谷砂土原町1-2
電話番号:03-3268-8106
営業時間:-
会社HPはこちら

渋谷フクラス接続デッキ 3Dホログラムサイネージ

渋谷駅から渋谷フクラスの接続デッキ全体に設置された3Dホログラムサイネージです。
取り付け型の12台(24面)が連続して設置され、置型も2台設置されています。合計26面で1社買い切りです。

3Dホログラム映像による近未来的なインパクトのある演出が行えます。人通りが多い通路なので、目につきやすいのも魅力的でしょう。
(2023.11.28.現在では撤去されています。)

【放映された広告の例】
要問い合わせ

【基本情報】
設置場所:東京都渋谷区道玄坂1丁目2-3
料金:要問い合わせ
面数:26面(14台)
サイズ:要問い合わせ
掲出期間:要問い合わせ

【会社情報】
会社:株式会社Life is Style
住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿6丁目26-11
電話番号:03-3470-7556
営業時間:-
会社HPはこちら

東急プラザ渋谷 3Dホログラムサイネージ

渋谷フクラス内の東急プラザ渋谷に設置されている3Dホログラムサイネージです。設置されているのは4階・5階・7階です。

館内のほかの広告より大きく目立つモニターとなっており、3Dホログラム映像によるアイキャッチが抜群となっています。

【放映された広告の例】
要問い合わせ

【基本情報】
設置場所:東京都渋谷区道玄坂1丁目2-3 渋谷フクラス内
料金:要問い合わせ
面数:1面×3台
サイズ:要問い合わせ
掲出期間:要問い合わせ

【会社情報】
会社:株式会社Life is Style
住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿6丁目26-11
電話番号:03-3470-7556
営業時間:-
会社HPはこちら

渋谷駅で広告を発信できるデジタルサイネージ

冒頭で渋谷区にある渋谷駅は、たくさんの人々から利用されていることをお伝えしました。

当然、渋谷駅でもさまざまなデジタルサイネージが設置されており、広告発信の手段として検討できるようになっています。
代表的な渋谷駅のデジタルサイネージは下記の通りです。

・ビッグサイネージプレミアム
・TOQサイネージピラー
・田園都市線渋谷駅ホームドアサイネージ
・田園都市線渋谷駅階段壁面サイネージ
・渋谷55ストリートビジョン
・渋谷スクランブルスクエア UC ビジョン
・渋谷K-DGウェーブ

引き続き、渋谷駅で広告を発信できるデジタルサイネージをご紹介します。

ビッグサイネージプレミアム

ビッグサイネージプレミアムは、渋谷駅の田園都市線・半蔵門線ハチ公改札付近にあるデジタルサイネージです。全長約25mの巨大ディスプレイとなっており、通路に沿うように設置されています。距離が長いので、通行人から比較的長時間映像を視聴してもらえる環境です。

OOH用としては最大級であり、ユニークで迫力のある表現が可能です。ディスプレイに長い文字を映し出すだけでも通行人にインパクトを与えられるでしょう。

【放映された広告の例】
・「SPY×FAMILY」
・「推しの子」
・「MEGザモンスターズ 2」
・「今際の国のアリス2」

【基本情報】
設置場所:田園都市線・半蔵門線渋谷駅ハチ公改札付近
料金:6,000,000円
面数:1面
サイズ:全長約25m
掲出期間:7日間

【会社情報】
会社:株式会社東急エージェンシー TOKYU AGENCY INC.
住所:東京都港区西新橋1-1-1日比谷フォートタワー
電話番号:-
営業時間:-
会社HPはこちら

TOQサイネージピラー

渋谷駅の東横線・副都心線ヒカリエ改札付近に展開している合計28面の柱状デジタルサイネージ広告です。柱は7つとなっており、さまざまな方向から歩く人々に広告を発信できます。

ディスプレイのフレームはホワイトカラーとなっており、スッキリした印象です。駅の雰囲気を損ねずにうまく調和したデザインだといえるでしょう。

【放映された広告の例】
・「IG証券」
・「スーモ」
・「ニューバランス」

【基本情報】
料金:2,500,000円
面数:28面
サイズ:-
掲出期間:7日間

【会社情報】
会社:株式会社東急エージェンシー TOKYU AGENCY INC.
住所:東京都港区西新橋1-1-1日比谷フォートタワー
電話番号:-
営業時間:-
会社HPはこちら

田園都市線渋谷駅ホームドアサイネージ


└画像引用元はこちら

田園都市線渋谷駅のホームドアに設置された、視認性がとても高いデジタルサイネージです。

乗車場所付近に設置されているので、電車が来るまでの待機時間にじっくりと視聴してもらえる可能性があります。上り線と下り線で素材を出し分けることもできます。

【放映された広告の例】
・「わたしのお嫁くん」
・「エバーカラーワンデー」

【基本情報】
設置場所:田園都市線渋谷駅ホームドア
料金:1,600,000円~2,600,000円
面数:42面
サイズ:65インチ
掲出期間:7日間

【会社情報】
会社:株式会社東急エージェンシー TOKYU AGENCY INC.
住所:東京都港区西新橋1-1-1日比谷フォートタワー
電話番号:-
営業時間:-
会社HPはこちら

田園都市線渋谷駅階段壁面サイネージ

田園都市線渋谷駅のエスカレーター脇の階段壁面にあるデジタルサイネージです。階段の位置が高くなるに応じてデジタルサイネージの位置も高くなるように並べられています。

目線を追いかけるように連続的に設置されているので、階段を利用する通行人に自然に広告を見てもらえるでしょう。

【放映された広告の例】
・「クロサギ」
・「ORIX MONEY」
・「デロイトトーマツ」

【基本情報】
設置場所:田園都市線渋谷駅階段壁面
料金:840,000円~1,400,000円
面数:14面
サイズ:55inch(12台)、42inch(2台)
掲出期間:7日間

【会社情報】
会社:株式会社東急エージェンシー TOKYU AGENCY INC.
住所:東京都港区西新橋1-1-1日比谷フォートタワー
電話番号:-
営業時間:-
会社HPはこちら

渋谷55ストリートビジョン

└画像引用元はこちら

渋谷55ストリートビジョンは、渋谷駅宮益坂中央改札から出てすぐの場所にある柱上タイプのデジタルサイネージ広告です。55m通路を1社でジャックできるサイネージであり、巨大な94インチの柱12本で構成されていることから、インパクトが大きくなっています。
導線上に配置されているため、乗客の視界にも入りやすいでしょう。

音声は出ないので、素材にはテロップやふきだしなどを入れる必要があります。

【放映された広告の例】
・「地獄楽」
・「七つの大罪 黙示録の四騎士」
・Amazon Music×NiziUの「もう聞いた?」キャンペーン

【基本情報】
設置場所:渋谷駅宮益坂中央改札付近
料金:5,000,000円
面数:12面・24面
サイズ:約94インチ
掲出期間:7日間

【会社情報】
会社:春光社
住所:〒104-0031 東京都中央区京橋3丁目7番5号
電話番号:03-3538-9225
営業時間:10時00分~17時30分※土日祝を除く
会社HPはこちら

渋谷スクランブルスクエア UC ビジョン

渋谷スクランブルスクエア アーバン・コア2階ヒカリエへの連絡通路入口上に設置されている横型デジタルサイネージです。デジタルサイネージの下が通路になっているので、通路を通る人々から確実に広告を視聴してもらえます。ディスプレイの目の前にあるエスカレーターからも視認しやすいです。

大型サイズで音も出せるので、インパクトを重視した広告を掲出するのに適しているでしょう。

【放映された広告の例】
・「戦隊大失格」
・「POINT TO POINT」
・「WOWOW」

【基本情報】
設置場所:渋谷スクランブルスクエア アーバン・コア2階ヒカリエへの連絡通路入口上
料金:3,000,000円
面数:1面
サイズ:約224インチ
掲出期間:7日間

【会社情報】
会社:春光社
住所:〒104-0031 東京都中央区京橋3丁目7番5号
電話番号:03-3538-9225
営業時間:10時00分~17時30分※土日祝を除く
会社HPはこちら

渋谷K-DGウェーブ

渋谷K-DGウェーブは、京王井の頭線渋谷駅の改札外(Aエリア)・改札内(Bエリア)にあるデジタルサイネージです。Aエリアは井の頭線の利用者以外に、商業施設利用者にも広告を視聴してもらえます。Bエリアと合わせた大型のジャック展開も可能です。

Bエリアもコンコースに設置されたAエリアと合わせて広告を発信することで、インパクトの高い宣伝を行えます。
Aエリア・Bエリアともに広告は1社買切で、申込内容だけ放映されるのも特徴です。

【基本情報】
設置場所:京王井の頭線渋谷駅コンコース(Aエリア)、京王井の頭線渋谷駅改札内(Bエリア)
料金:2,400,000円~5,500,000円
面数:37面(Aエリア)、22面(Bエリア)、59面(ABエリア)
サイズ:70inch
掲出期間:7日間

【会社情報】
会社:株式会社ムサシノ広告社
住所:〒162-0842東京都新宿区市谷砂土原町1-2
電話番号:03-3268-8106
営業時間:-
会社HPはこちら

渋谷で広告用にデジタルサイネージを導入したいときは?

渋谷では、さまざまな会社がデジタルサイネージ広告を提供していました。ただ、広告を発信したいと思えるデジタルサイネージが見つからなかった方もいるかもしれません。中には、デジタルサイネージの広告掲載料が高いと感じた方もいるでしょう。
その場合は、広告の掲載を依頼するのではなく、デジタルサイネージ会社に屋外看板の常設利用を相談してみてはいかがでしょう。要するに自社でデジタルサイネージを設置する方法です。

基本的に、デジタルサイネージ会社のホームページから問い合わせ内容を送信できます。直接電話で問い合わせすることも可能です。
ただ、デジタルサイネージ会社によっては、渋谷エリアについて詳しくない恐れもあります。集客効果を高めるには、渋谷エリアに土地勘がある会社が望ましいでしょう。なるべく本社が渋谷にあるデジタルサイネージ会社を優先して探してみてください。

渋谷で広告用デジタルサイネージを導入するならLED TOKYOに相談

今回は、渋谷がデジタルサイネージによる広告発信に最適な理由をお伝えするとともに、渋谷で広告を発信できるデジタルサイネージをご紹介しました。
渋谷には世界トップクラスの乗降客数で知られた渋谷駅があり、近年も都内の主要駅としてたくさんの方々から利用されています。着実に再開発も進んでいることから、渋谷はさらに多くの人々が訪れる人気エリアになるに違いありません。

駅と再開発の観点をふまえると、渋谷はデジタルサイネージによる広告発信と相性のよいエリアだといえるでしょう。

渋谷には、3D映像の放映に対応している「シンクロ7シブヤヒットビジョン」や、覚えやすいネーミングの「グリコビジョン渋谷」などのデジタルサイネージがありました。
渋谷駅には、全長約25mの「ビッグサイネージプレミアム」や、柱状で合計28面の「TOQサイネージピラー」などのデジタルサイネージもありました。

渋谷では再開発が進んでいるので、今後も新たなデジタルサイネージの登場により、広告発信のスポットが増えていくでしょう。

ただ、デジタルサイネージの広告費用が高いと感じる方もいるはずです。その場合、自社でデジタルサイネージを導入して広告を発信する方法も検討できます。LED TOKYOでは、デジタルサイネージの選定、設置、映像制作、運用管理、保守まで、最適なソリューションをワンストップで提供しています。本社が渋谷区にあるので、渋谷エリアにおける最適なデジタルサイネージの導入を提案することが可能です。

渋谷で広告用デジタルサイネージを導入する場合は、ぜひLED TOKYOまでご相談ください。

Summary
渋谷で広告を発信できるデジタルサイネージを駅も含めて徹底紹介!
Article Name
渋谷で広告を発信できるデジタルサイネージを駅も含めて徹底紹介!
Description
さまざまなカルチャーが集中し、時代の先端を走る商業都市として知られる渋谷。たくさんのデジタルサイネージが設置されており、広告発信エリアの候補として検討している方も多いのではないでしょうか。今回は、渋谷がデジタルサイネージの広告発信に適した理由をはじめ、広告発信を行えるさまざまなデジタルサイネージをご紹介します。各スポットを比較して広告に最適なデジタルサイネージを見つけてみてください。
Author
Publisher Name
LED TOKYO
ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ