fbpx

NEWS
ニュース

渋谷駅桜丘に新ランドマーク「Shibuya Sakura Stage」が誕生!

  • 公開日:2023.03.10
  • 更新日:2024.04.18
  • LEDビジョン

渋谷の新たなランドマーク、「渋谷サクラステージ」が2023年11月30日にグランドオープンし、まさに都市の新たな中心地として躍動しています。この大型複合施設は、ショッピング体験を向上させるために先進のテクノロジーを活用し、LEDビジョンやデジタルサイネージが施されています。

「渋谷サクラステージ」はその独自のコンセプトと革新的なデジタルインフラで、訪れる人々に未体験のエンターテインメントとショッピングの融合を提供しています。LEDビジョンは施設内に設置され、驚くほどの臨場感と迫力で様々な情報やコンテンツを届けます。また、デジタルサイネージもショッピングエリアにおいて、最新の商品情報や特別なプロモーションをリアルタイムに発信しています。

この記事では、Shibuya Sakura Stageの特徴や、メディアを掲載するスペース、LEDビジョンのスペックや魅力を解説します。メディア掲載を検討されている方は、ぜひご参考にしてください。

Shibuya Sakura Stageとは

「Shibuya Sakura Stage」は、その名の通り、渋谷の新たなランドマークとして注目を集める施設です。この記事では、魅力的なコンセプトや施設の概要に焦点を当て、その特異性や魅力を紐解いていきます。都会の喧騒を忘れ、新しい体験とエンターテイメントが融合したこの空間がどのように訪れる人々を引き込むのか、その舞台裏に迫ります。まさに渋谷の新たな象徴となるShibuya Sakura Stageがどのような価値を提供しているのか、じっくりと見ていきましょう。

「Shibuya Sakura Stage」の開発では、渋谷駅桜丘口を復活させ、駅や周辺地区を結ぶ多層の歩行者ネットワークを整備しました。これにより、働く人、暮らす人、訪れる人など、様々な人々の拠点となり、代官山や恵比寿などの後背地とも接続を実現しています。

周辺地区とのつながりを回復し、グローバルな機能・仕組みを充実させることで、Shibuya Sakura Stageは多様な人々を受け入れます。さらに、子どもたちが遊べる水膜や緑あふれる広場には菜園が整備され、広場の演出や継続的なイベントが実施され、地域に賑わいを創り出します。目指すのは「めぐり歩いて楽しいまち」であり、Shibuya Sakura Stageはその実現に向けてさまざまな施策を展開しています。

アクセス

渋谷サクラステージは、駅直結という抜群の利便性を誇り、JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン、東急東横線・田園都市線、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線、京王井の頭線の「渋谷駅」から徒歩圏内に位置しています。

様々な路線を利用できるため、多様な場所からのアクセスがスムーズです。渋谷サクラステージはまさに、都心の中心にありながらも広範囲なエリアから利用しやすい拠点となっています。

また、駐車においても様々なニーズに対応しています。普通車、ハイルーフ車、バイク、自転車など、利用者の多様なニーズに合わせた駐車スペースが用意されています。長時間駐車でも安心な最大料金設定や、お買い上げ金額に応じた駐車料金サービスも提供されています。これにより、車での来場も手軽で快適なものとなります。

館内では、ベビーカーや車椅子の方でも安心して利用できるエレベーターや多目的トイレ、授乳室など、快適な移動をサポートする設備が充実しています。これにより、すべての来場者が安心して施設を利用でき、快適な時間を過ごすことができます。

総合的に考えたアクセスのしやすさと多様な利用ニーズへの対応力が、渋谷サクラステージをより魅力的で便利な場所にしています。電車、車、バイク、タクシー、自転車といった様々な手段を駆使して、利用者はスムーズにサクラステージへアクセスできます。

施設

渋谷サクラステージは、多彩な施設が織りなす、新しい渋谷の魅力を体現しています。「働・遊・住」を融合した複合施設として、オフィス、ホテル、商業施設、医療施設、教育施設、サービスアパートメントなど、さまざまな機能が一体となり、渋谷の中心地に新しいランドマークを打ち立てています。これらの施設は、働く人、訪れる人、暮らす人、それぞれのニーズに合わせた快適な空間を提供し、新しいライフスタイルの提案をしています。

ハイアット ハウス 東京 渋谷は、ハイアットが展開するサービスアパートメントで、中長期滞在や外国人ビジネスパーソンに対応した設備とサービスを提供しています。ロビーエリアのラウンジ&バーは滞在者同士の交流や新たな出会いの場となり、異なる文化や価値観を共有する空間です。

CTIS Kindergarten, Shibuyaは、南麻布でインターナショナルスクールを運営する株式会社CTISの幼稚部です。教育理念に基づき、2~5歳の未就学児を対象に、多様性や時代の変化に対応できる子どもたちを育てます。

ビジネスエアポート 渋谷サクラステージは、東急不動産が提案する会員制シェアオフィスで、国際空港ラウンジのような上質な空間でビジネスの飛躍をサポートします。また、スタートアップ企業と大学機関との産学連携を積極的に推進しています。

manoma Conference hall & Restaurantは、SHIBUYAタワー38階に開業する起業支援施設で、渋谷の街と一体感を感じるパノラマ眺望や開放的で洗練されたデザインが魅力です。カンファレンスやパーティー、トークイベントなど、多岐にわたるシーンに対応します。

SHIBUYA ウェルセンターは、最先端の医療技術を用いて、ビジネスパーソンや施設来館者の健康な生活を支える健康管理スペースと、多言語対応が可能なクリニックを併設しています。個々の健康状態を把握し、未病ケア・予防に向けた「主体的」な管理が可能です。

ブランズ渋谷桜丘は、抜群のロケーションに位置する高級マンションで、渋谷駅隣接という立地を生かし、屋上太陽光パネルなどの環境先進設備を備え、持続可能な心地よい暮らしを実現しています。渋谷サクラステージは、これらの施設を通じて、働く、遊ぶ、住まう、すべてのシーンをワンランク上の体験へと導いています。

2つの「サイド」

「Shibuya Sakura Stage」は、その広大なスペースを2つのエリアに分け、異なる特徴を楽しめる仕組みとなっています。この記事では、それぞれのエリアが持つ独自性や魅力に焦点を当て、訪れる者がどのように異なる雰囲気や体験を味わえるのかを詳しく紐解いていきます。都市の中で異なる世界が広がるShibuya Sakura Stageのエリアごとの魅力と、そのバラエティ豊かな空間がどのように相互作用しているのか、興味深い視点で解説していきます。渋谷を象徴する新たなスポットの可能性に迫ります。

「SHIBUYAサイド」

SHIBUYAサイドは、渋谷駅直結でアクセスが抜群のエリアです。この特徴的な場所には、最新トレンドを発信するショップやレストランが数多く存在し、イベントスペースや広場も備えられ、賑やかな雰囲気が広がっています。特に注目すべきは、渋谷スクランブル交差点を一望できる屋上庭園があります。

SHIBUYAサイドの魅力の一つは、渋谷の最新情報を常にキャッチアップできることです。駅直結であるため、流行のアイテムや新しいトレンドを一番早く手に入れることができます。ショップやレストランの多様性もあり、買い物や食事、様々なイベントなど、多岐にわたる楽しみ方が可能です。

特に印象的なのは、屋上庭園からの渋谷スクランブル交差点の一望です。都会の中心でありながらも、開放的な空間で渋谷の活気を感じられる贅沢な体験が待っています。交差点の様子を見ながら、街の鼓動を感じることができ、都会の喧騒と開放感が絶妙に融合しています。

SHIBUYAサイドはまさに、渋谷を象徴するような場所であり、その魅力は多岐にわたります。アクセスのしやすさ、最新のトレンド発信、賑やかな雰囲気、そして開放的な空間から生まれる都会の魅力が、訪れる人々に豊かな体験をもたらします。街の息吹を感じつつ、自由な発見と楽しみが広がるSHIBUYAサイドは、渋谷の新しい象徴と言えるでしょう。

「SAKURAサイド」

SAKURAサイドは、その特有の雰囲気が特徴で、ゆったりと過ごすことができるエリアです。この場所は、落ち着いた雰囲気に包まれ、緑豊かな空間や水辺の演出が心地よい癒しを提供しています。また、高級感漂うショップやレストランも点在し、上質なひとときを過ごすことができます。屋上庭園からは桜並木と富士山を望む美しい景色が広がっています。

SAKURAサイドの魅力の一つは、都会の喧騒を忘れてリラックスできる空間です。静かな雰囲気が漂い、訪れる者は日常の煩わしさを忘れ、自分自身と向き合う贅沢な時間を味わえます。緑豊かな空間や水辺の演出が、心に安らぎをもたらし、都会のストレスを解消してくれるでしょう。

上質な空間と高級感あるショップ、レストランが集まるSAKURAサイドでは、特別な時間を過ごすことができます。優雅で落ち着いた雰囲気の中で、上質なショッピングや美味しい食事を楽しむことができ、訪れる者に至福のひとときを提供します。ここで過ごす時間は、贅沢で心に残るものになることでしょう。

屋上庭園からは、桜並木と富士山を一望できるというのも、SAKURAサイドの魅力の一端です。四季折々の美しい景色が広がり、その中で食事やティータイムを楽しむことができます。特に桜の季節には、優雅な花見が楽しめることでしょう。美しい景観と上質なひとときが織り成すSAKURAサイドは、訪れる者にとって心地よい癒しと特別な時間を提供しています。

3つの「STAGE」

「Shibuya Sakura Stage」には、STAGEと呼ばれる3つのスペースが存在します。これらのSTAGEが創り出す異なる雰囲気や特徴に焦点を当て、各スペースがどのように訪れる者を引き込んでいるのかに迫ります。記事では、それぞれのSTAGEが持つ個性や特徴を詳細に解説し、新しいエンターテインメントや体験のカタチがShibuya Sakura Stageによって生み出されている様子をご紹介します。これらの異なるスペースが交わることで生まれる独自の魅力に迫ります。

ときめきSTAGE

渋谷サクラステージの「ときめきSTAGE」は、JR側からの来街者を温かく迎えるエントランスホールに位置し、美しく躍動感あふれる空間を提供しています。このスペースの特長として、桜丘らしいモザイク状の格子状エレメントと、圧倒的な存在感を持つ巨大なデジタルサイネージが挙げられます。

まず、「ときめきSTAGE」の魅力の一つは、その華やかで目を引く空間演出です。モザイク状の格子状エレメントとLED照明が共鳴し、美しい光景を生み出しています。巨大なデジタルサイネージが空間に映し出す多彩な映像コンテンツは、訪れる人々に楽しさと新鮮さを提供します。また、季節やイベントに応じた特別な装飾により、常に新しい発見と驚きが待ち受けています。

「ときめきSTAGE」は単なるエントランスホールにとどまらず、多様なイベントの舞台ともなっています。ファッションショー、ライブパフォーマンス、トークイベントなど、様々なプログラムが開催され、最新のトレンドやエンターテイメントを体験できる場として、広く人気を博しています。イベント情報やスケジュールは、デジタルサイネージや公式サイトを通じて簡単に確認でき、来場者は常に最新の情報を手に入れることができます。

「ときめきSTAGE」は単なる空間を超えて、感動と驚きに満ちた体験を提供し、訪れる人々に特別な瞬間をもたらしています。渋谷サクラステージが創り出すこの魅力的な空間は、訪れる者全てに心からの満足感をもたらすことでしょう。

にぎわいSTAGE

渋谷サクラステージの「にぎわいSTAGE」は、A街区とB街区を繋ぐ屋外広場で、照明と音響が連動した賑やかな雰囲気が広がるエリアです。このスペースは気象情報や人流データを活用し、365日異なる景色を提供する特徴があります。

一つの魅力は、常に変化する景色です。照明と音響が連動し、時間帯や天候、イベントに応じて異なる表情を見せます。気象情報や人流データに基づいて光の演出が変化し、訪れるたびに新鮮な驚きと感動を味わうことができます。これは、にぎわいSTAGEが単なる広場を超えて、季節やイベントに寄り添い、訪れる者に多彩な体験を提供する特長の一部です。

また、にぎわいSTAGEは渋谷サクラステージの中心に位置し、開放感あふれる空間を醸し出しています。キッチンカーの出店や季節のイベントが開催され、休憩や待ち時間にゆったりと過ごすことができます。この空間は、単なる通路や待ち合わせ場所ではなく、訪れる者にくつろぎと楽しさを提供します。

渋谷・桜丘のシンボルとして、「しぶS」と呼ばれるユニークな建築物もにぎわいSTAGEの一部です。渋谷・桜丘の「S」を模したこの建築物は、どの角度から見ても「S」の文字に見え、昼夜の光や人の動きで絶えず変化します。ピンクの鏡面曲面は行き交う人や街を反射し、写真撮影スポットとして人気を博しています。

最新のイベント情報は、渋谷サクラステージの公式サイトで簡単に確認できます。キッチンカーの出店、音楽ライブ、パフォーマンスなど、多彩なイベントが開催され、訪れる者にいつも新しい楽しみを提供しています。にぎわいSTAGEは、その広場としての側面だけでなく、渋谷サクラステージ全体の魅力を象徴しています。

はぐくみSTAGE

渋谷サクラステージの「はぐくみSTAGE」は、3Fのイベントスペースと一体となった心地よい屋内広場です。この空間は豊かな緑に包まれ、訪れる人々に穏やかな癒しを提供しています。

「はぐくみSTAGE」の魅力は、まずその緑豊かな空間にあります。植栽や木製のベンチが配置され、自然の中でくつろぐ雰囲気が演出されています。喧噪とは無縁の都会の中で、訪れる人々は日常の喧騒を忘れ、自然の恵みに触れながらリラックスできます。この空間は、都会の喧騒から離れ、心地よい安らぎを求める人々にとって理想的な場所です。

「はぐくみSTAGE」は3Fのイベントスペースと一体化しており、イベントとの連動が可能です。広い空間を活用してさまざまなイベントが開催され、ワークショップやマルシェ、音楽ライブなどが楽しめます。この一体感は、訪れる者がイベントに身を委ね、心地よい時間を共有できる独自の魅力となっています。

また、開放感のある「はぐくみSTAGE」は、休憩や待ち時間に最適な場所となっています。無料Wi-Fiも提供されており、快適な空間でリラックスしながらオンライン活動も楽しむことができます。この屋内広場は、訪れる人々に自然と調和した心地よさと便利なサービスを同時に提供し、渋谷サクラステージ全体の魅力を一層引き立てています。

Shibuya Sakura Stageで活躍するLEDビジョン

「Shibuya Sakura Stage」には設置されたLEDビジョンが、施設内で独自の役割を果たしています。この記事では、LEDビジョンの場所とそれぞれの特徴に焦点を当て、どのエリアでどのような情報やコンテンツが提供されているのかを詳細に解説します。また、LEDビジョンが持つ新しい表現の可能性や訪れる者に提供する魅力に迫ります。都市の中で躍動感ある情報が息づくShibuya Sakura StageのLEDビジョンの役割と効果を、細部にわたりご紹介していきます。

3Fイベントスペース「BLOOM GATE」

まずは、3Fイベントスペース BLOOM GATEに設置されるLEDビジョンの特徴について解説します。

ZONE A

渋谷サクラステージのZONE Aは、まさに魅力的なイベントスペースとして、渋谷駅新改札接続口の目の前に誇りを持って位置しています。この特異な立地は、来場者にとって抜群のアクセスを約束し、駅直結ならではの利便性を体感できるでしょう。

改札を抜けると、目の前に広がる開放的な空間が、イベント参加の期待感を一層高めます。来場者はスムーズな誘導によって、イベントへのアクセスが非常に簡単になります。このZONE Aの環境は、まさに快適で魅力的なエリアとして、多くのイベント参加者にとって最適な場所となるでしょう。

ZONE Aは約127㎡の広々としたスペースで、スタンディングで60名、着席で43名を収容できる柔軟性が魅力です。イベントの性質によって、レイアウトを自由に変更でき、ワークショップ、物販、展示会、ポップアップストアなど、多岐にわたるイベントニーズに柔軟に対応可能です。

さらに、ZONE Aは視覚・聴覚を刺激する最新の設備を備えています。幅8.13m、高さ4.5mの大型LEDビジョンは、イベントの視覚的な演出に最適であり、高精細な映像と迫力のあるサウンドシステムが、来場者に臨場感あふれる体験を提供します。これにより、イベント参加者はまるでイベントの一部になったかのような感動を味わえることでしょう。

ZONE Aはその抜群のアクセスと多彩な可変性、そして最新設備によって、様々なイベントにおいて満足度の高い空間を提供しています。これから開催される様々なイベントが、この特別なエリアでより一層鮮やかに輝くことでしょう。

ZONE B

渋谷サクラステージのZONE Bは、視認性と多様性を兼ね備えた非常に魅力的なイベントスペースです。約118㎡の広々としたスペースは、大型LEDビジョンを特徴とし、3Fメイン導線に隣接しています。これにより、渋谷駅方面から来る多くの人々に対して高い訴求力を発揮し、イベント内容や商品を効果的にアピールできます。

ZONE Bは抜群の視認性を持ち、その特異な立地によって、イベントやプロモーション活動を成功に導くことができるでしょう。イベントや商品を効果的に認知させるためには、来場者に魅力的な視覚的な演出が不可欠です。その点で、ZONE Bの大型LEDビジョンは最適であり、幅8.13m、高さ4.5mの迫力あるディスプレイは、臨場感あふれる体験を提供することでしょう。

さらに、ZONE Bは多様性を追求しています。約60名のスタンディング、または約32名の着席が可能なこの空間は、イベント内容に合わせて柔軟にレイアウトを変更できます。これにより、展示会、ファッションショー、記者発表会、プロモーション活動など、幅広いイベントニーズに対応可能です。

視覚的なインパクトだけでなく、聴覚にも訴えかけるために、ZONE Bは最新の設備を備えています。大型LEDビジョンと共に高精細な映像と迫力のあるサウンドシステムが、来場者に一層の臨場感と感動をもたらします。ZONE Bは視認性と多様性を兼ね備え、様々なイベントがこれらの特長を生かして成功に導かれることでしょう。

3Fデジタルサイネージ

次に、3Fデジタルサイネージエリアに設置されているLEDビジョンについて、それぞれの特徴を解説します。

Street Vision

渋谷サクラステージの「Street Vision」は、街を行き交う人々に訴求する大型ディスプレイとして、吹き抜けホール部分に位置し、渋谷駅新南口から直結する開放的な空間を彩る存在です。このディスプレイは、行き交う人々の視線を巧みに捉え、印象的な映像で訴求することができます。

Street Visionは5つのディスプレイで構成され、それぞれ異なるサイズを持っています。この多様性により、企業広告、商品PR、イベント情報、アーティスト作品など、さまざまなコンテンツを表示可能です。クリエイターは自らのアイデアを存分に発揮し、豊かな表現の幅を広げることができます。

Street Visionは朝7時から夜12時までの17時間、渋谷駅周辺で放映されます。この時間帯は、昼夜を問わず多くの人々が行き交う場所であり、広告の訴求効果が高まります。多くの人々にメッセージを届け、情報を効果的に発信できるため、企業やクリエイターにとって大変有益なプラットフォームとなっています。

Street Visionはただ単に映像を表示するだけでなく、待ち合わせスポットとしても活用されています。開放的な空間と設置されたベンチは、人々が待ち時間に動画を鑑賞したり、イベント情報をチェックしたりする場として最適です。これにより、Street Visionは人々のコミュニケーションの場として、より一層の価値を提供しています。

Pillar Vision

渋谷サクラステージのPillar Visionは、渋谷駅新改札口およびデッキから周辺施設へとつながる導線上に位置する3Fの柱に埋め込まれたサイネージです。このユニークな広告メディアには、広告出稿の際の魅力と特徴が多く存在します。

まず、Pillar Visionは通行人の視界に容易に入る柱に設置されており、そのため高い注目度を獲得できます。渋谷駅周辺という特定の地域に設置されているため、ターゲット層が明確であり、効果的なターゲティングが可能です。この独自の立地条件により、広告は確実に目に留まり、効果的な訴求が期待できます。

Pillar Visionは65インチの縦型ディスプレイを備えており、短時間で印象的な広告を展開するのに最適です。動画広告や静止画広告など、様々なフォーマットに対応可能であり、限られた時間でも効果的なメッセージを伝えることができます。

また、効率的な広告配信もPillar Visionの特徴の一つです。1日68回、1ロール15分間にわたり放映され、最大3枠まで広告が可能です。これにより、ターゲットや目的に合わせた効果的な広告配信が実現し、広告主のニーズに応えることができます。

Pillar Visionは施設内外のポイントにおいて、独自の特長を活かした広告展開が可能であり、来場者に深い印象を残すことが期待されます。

Corridor Vision

渋谷サクラステージのCorridor Visionは、施設内で自在に動き回る来場者にダイレクトにアプローチできる大型サイネージです。このLEDディスプレイは高さ5.85m、幅2.25mという圧倒的なサイズを誇り、歩行する人々の視線を自然に引きつけ、高い視認性と訴求力を誇っています。

広告出稿の魅力と特徴は数多く存在します。まず、Corridor Visionは毎日7:00から24:00までの17時間、1ロール15分間にわたって放映されます。この長時間の放映により、多くの人々に広告を届け、効果的な訴求が実現します。規模の大きなLEDディスプレイが提供する視覚的なインパクトは、通常の広告とは一線を画し、印象に残りやすいと言えます。

また、Corridor Visionは柔軟な広告枠設定が可能です。30秒枠の広告を1日68回も放映でき、1ロール内で最大3枠の広告が可能です。これにより、ターゲットや広告の目的に合わせた柔軟な広告配信が実現でき、広告主のニーズに応えることができます。

さらに、大型で高精細な画面は映像や画像を鮮明に映し出すことができ、動きのある映像やインパクトのある画像を活用することで、視覚的に魅了されるだけでなく、記憶に残るクリエイティブな表現が可能です。Corridor Visionを利用することで、広告キャンペーンはより効果的に展開され、来場者に深い印象を与えることが期待できます。

LEDビジョンは「LED TOKYO」

LED TOKYOは、高品質なデジタルサイネージを手掛け、自社ブランド製品ならではのリーズナブルな価格で提供しています。特に商業施設の外壁LEDビジョンや空間演出に適した大型デジタルサイネージも豊富に取り揃えています。高性能かつコストパフォーマンスに優れたLED製品を提供するLED TOKYOは、斬新な広告や効果的な情報発信を追求する企業や施設にとって理想的なパートナーです。

世界基準のLEDビジョンを圧倒的コスパでご提供!

ご購入はもちろん、レンタルのご相談も歓迎しております。
専門のスタッフによる安心のサポートのもと、お客様に最適な提案をさせていただきます。
是非お気軽にLED TOKYOまでご連絡ください。

RELATED WORKS
関連記事