• LED TOKYO > ニュース > デジタルサイネージの平均視聴時間を測定するメリットや増やす方法などを解説!
デジタルサイネージの平均視聴時間を測定するメリットや増やす方法などを解説!

デジタルサイネージの平均視聴時間を測定するメリットや増やす方法などを解説!

公開日:2023.03.07
更新日:2023.03.07
LEDビジョン

デジタルサイネージを導入したけれど、効果を正確に把握する方法がわからず、悩んでいる方もいるかもしれません。効果検証をするとき、平均視聴時間に着目してみてはいかがでしょう。今回はデジタルサイネージの平均視聴時間を測定するメリットや増やす方法などを中心に解説します。測定方法や測定に役立つサービスも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

デジタルサイネージの平均視聴時間を測定するメリット

デジタルサイネージの平均視聴時間に対して動画が長すぎると、通行人に内容がうまく伝わらない恐れがあります。

デジタルサイネージの平均視聴時間を測定しておけば、動画の長さを最適化するのに役立てられます。

また、平均視聴時間が極端に少ないようであれば、コンテンツの質やディスプレイの設置場所を見直す必要性に気がつける可能性もあるでしょう。

平均視聴時間を測定することで、デジタルサイネージの広告効果を改善するのに役立ちます。

デジタルサイネージの平均視聴時間を増やすには?

デジタルサイネージの平均視聴時間を増やすにはどうすればよいでしょうか?具体的な手段を解説します。

待ち時間が発生する場所に導入する

デジタルサイネージは、待ち時間が発生する場所に導入すると、平均視聴時間を増やせる可能性があります。たとえば、交通機関に関連した場所がよい例でしょう。駅のホームやバス停などに配置すれば、電車やバスを待つ方などにじっくりとデジタルサイネージを視聴してもらえます。

ターゲットに適したコンテンツを放映する

コンテンツにターゲットに不要な情報が含まれていると、視聴者に興味を失わせてしまうリスクが高まります。設置場所付近を通行する人の属性をふまえて、ターゲットに適したコンテンツを発信できているのか、内容を見直しましょう。

平均視聴時間を視覚化する

平均視聴時間を増やす取り組みを行ったとしても、実際に増えたかどうかをチェックしなければ、PDCAサイクルを回せません。平均視聴時間を数値で視覚化する環境を整える必要があります。

デジタルサイネージの平均視聴時間を測定する方法

デジタルサイネージの平均視聴時間を測定するとき、一人ひとりの視聴時間を目視で測定するのは現実的ではありません。
平均視聴時間を測定したいのであれば、AI技術を搭載したデジタルサイネージを導入する方法を検討できます。

カメラで記録した視聴者の情報をAIエンジンが解析・送信して、クラウドアプリに自動集計してくれます。

「20歳・女性・15秒注視」「50歳・男性・12秒注視」などの情報を閲覧可能です。目視よりも効果的に平均視聴時間を算出しやすいでしょう。

デジタルサイネージの平均視聴時間を測定できるサービス

最近では、デジタルサイネージの平均視聴時間を測定できるサービスがさまざま登用しています。具体的なサービスの詳細についてご紹介します。

オープンストリーム:あいも

オープンストリームが提供している「あいも」は、デジタルサイネージの効果測定システムです。

カメラによって顧客の視聴時間をはじめ年齢や性別などのデータを収集できます。世界トップクラスのAI技術を採用しており、マスクを着用している顧客のデータも収集可能です。同社のテスト結果によると、分析精度は90%以上になっています。

収集されたデータは管理アプリから閲覧・検証できます。アプリで表示する情報やグラフについても要望を受け付けているため、平均視聴時間も把握しやすいようにできるでしょう。

参考:公式ホームページ(オープンストリーム)

オープンストリーム、デジタルサイネージ効果測定システム「あいも」を開発(オープンストリーム)

リコー:視聴データ計測サービス

リコーの視聴データ計測サービスは、コンテンツごとの視聴時間や視聴者数などを計測できるサービスです。

コンテンツの視聴時間について円グラフで表示することもできます。CSVデータを取得できるので、柔軟に分析できるのも便利です。

参考:~視聴データを店舗のマーケティングや、より効果的なサイネージ運用へ活用~(リコー)

デジタルサイネージの平均視聴時間を増やしたいならLED TOKYOに相談!

今回はデジタルサイネージの平均視聴時間を測定するメリットや、増やす方法などについて解説しました。

平均視聴時間を測定することで、動画の時間や設置場所などを見直す機会が得られます。浮かび上がった課題を解決することで、デジタルサイネージの費用対効果を高めていけるでしょう。

LED TOKYOでは、デジタルサイネージの設置から映像制作、運用管理まで、最適なソリューションをワンストップで提供しています。

デジタルサイネージに関する専門的な知見をもとに、費用対効果を高める導入方法をご提案いたします。平均視聴時間に関するお悩みがあれば、ぜひLED TOKYOまでご相談ください。

ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ