News

LEDビジョン鉄道車両やバスなどにある“車内案内表示装置”に利用されている“液晶ディスプレイ”「JR東日本トレインチャンネル」

鉄道車両やバスなどにある“車内案内表示装置”に利用されている“液晶ディスプレイ”「JR東日本トレインチャンネル」

“液晶ディスプレイ”と言うと、日常生活様々なところに設置されていますが、鉄道車両やバスなどにある“車内案内表示装置”も“液晶ディスプレイ”のものが多く見られます。

 

電車内案内表示装置の進化

電車内案内表示装置は、1930年代に始まった次の停車駅のみを表示盤に点灯させる電照式のものからスタートし、路線図式、LED式、プラズマディスプレイ式と進化を続けていますが、現在は“液晶ディスプレイ”のものが多く設置されています。

液晶ディスプレイも、2000年代中盤から本格的に普及した当時よりも格段に進歩しており、例としてJR東日本では「トレインチャンネル」という動画を主体としたコンテンツを放映しています。

こちらでは、停車駅や運行情報などの案内のほか、CM・ニュース・天気予報などを提供しています。

JR東日本以外の鉄道会社でも、類似の広告表示用デジタルサイネージとして“液晶ディスプレイ”を設置しており、電車を利用している乗客に情報を発信しています。

 

液晶ディスプレイの特徴

液晶ディスプレイは、テレビやPCのモニターとして開発が進んだこともあり、より綺麗で薄く軽いところに特徴があります。

高精細で高画質な映像を表現出来るので、近距離で視認出来る位置に設置されている広告や空間演出に役立っています。

 

LED TOKYO

LED TOKYOでは、大型LEDビジョン、屋外用、屋内用、床用、湾曲型、透過型、ボール型などのほか、液晶ディスプレイなど豊富なラインナップを揃えています。

また、大手中国メーカーから直接仕入れることで、他社には難しい圧倒的コストパフォーマンスを実現しております。

最高最良のLEDビジョン・液晶ディスプレイを、最安値で導入出来るのは、LED TOKYOだけです。

 

各種「LEDビジョン」のラインナップはこちらから。

導入をご検討の際は、LED TOKYOまでお問合せ下さい。