fbpx

NEWS
ニュース

広告_制作

広告における制作費用の相場を種類ごとに紹介! コストを削減する方法は?

  • 公開日:2023.08.31
  • 更新日:2024.03.13
  • LEDビジョン
  • インタビュー
  • スタジオ
  • その他
  • 展示会
  • 液晶ディスプレイ

商品やサービスを広めて購入や利用につなげるには、広告を制作する必要があります。ビジネスを検討するにあたって、広告の制作費用が気になっている方も多いでしょう。今回は、代表的な広告の制作費用についてご紹介するとともに、コストを削減する方法についても解説します。

広告の制作費用

広告とは、世間に広く知らせることであり、商品やサービスに関する情報を発信して興味を湧かせ、アクションを促す伝達内容です。 広告にはさまざまな種類があり、それぞれにかかる制作費用も異なります。

テレビCMやバナー、看板など、代表的な広告の制作費用について相場を確認してみましょう。

テレビCM

テレビCMはテレビ番組の間に放映される広告映像です。

テレビCMの広告制作費用は、企画費用が10万~30万円、撮影料が20万円~、編集費用が15万円~40万円ほどです。

タレント出演料 はタレントや契約期間によって変動しますが、ドラマの主演レベルの人気芸能人であれば、1本の契約で5,000万円程度の報酬を支払うこともあるようです。

バナー広告

バナー広告とは、Webメディアの枠に画像や動画を組み込むことで商品・サービスを宣伝する広告です。 サイト内の一部に配置され、サイトにアクセスした人々の目に入る仕組みとなっています。 バナーがクリックされると目的のWebページに誘導されるため、商品やサービスの詳細を深く知ってもらいやすいです。

料金の目安は、シンプルな静止画であれば3,000円~ 、動画を組み込む場合であれば3万円~ とされています。動画のクオリティーや工数によっては、100万円ほどになってしまうケースもあるようです。

看板広告

看板広告とは、商品やサービスを看板で周知する広告です。デザイン費用は、デザインにかかる時間や技術などによって異なります。文字やロゴマークなどだけのシンプルなデザインであれば比較的安価ですが、写真加工が必要になる場合などは料金が高くなる傾向です。おおよそ5,000円程度から制作を依頼できます。

デザイン以外には、施工費や運搬交通費、現場調査費、電気工事費など、さまざまな費用が発生するのが一般的です。最終的にヒアリングによって算出する必要があり、相場が公開されていないケースも少なくありません。 詳細は専門業者に問い合わせが必要です。

広告をするときは制作費用だけでなく掲載費用も発生

広告の制作費用の相場をお伝えしました。広告を制作しただけでは、ターゲットに情報を届けることができません。ターゲットに伝えるには広告を発信する必要があり、そのために掲載費用がかかることもあります。

たとえばデジタルサイネージ広告がよい例でしょう。

デジタルサイネージとは、屋外・屋内を問わずあらゆる場所に設置できる汎用性の高いディスプレイです。飲食店やホテル、ビルなどさまざまな場所で広告をするのに役立っています。

一例として、駅のデジタルサイネージ広告の掲載料金は、面数や期間などさまざまな要素によって変動します。8面・4週間で37万円 ほどの場合もあれば、5面・1週間・1社貸切で120万円 ほどの場合もあります。

リサーチが不足すると、不必要に高い掲載料金を支払うことになりかねません。

広告を制作する場合は、制作費用だけではなく、発信するときの掲載料金も細かく調査して、シミュレーションしましょう。

広告の制作費用と掲載費用を削減するポイント

ここまで広告の制作費用と掲載費用について解説しました。広告にはさまざまな費用が発生することについて、おわかりいただけたのではないでしょうか。

それとともに、広告の制作費用と掲載費用を削減する方法はないのか、気になった方もいるはずです。

広告の制作費用と掲載費用を削減するアイデアとして、社内で映像作成を内製化するとともに、デジタルサイネージを導入して放映する方法が挙げられます。社内で映像制作に詳しい人材に任せることで、外注コストを削減できる可能性があります。

制作後は、他社のデジタルサイネージだと、一定期間しか広告を掲載できません。しかし、自社のデジタルサイネージであれば、掲載料金と期間制限を気にせず広告を流せます。

また、デジタルサイネージの設置場所を自社で検討することも可能です。視聴効果の高い場所に設置すれば、限られた広告制作費でもコストパフォーマンスを高められるでしょう。

広告費用と掲載費用を削減したい方は、デジタルサイネージも検討してみるとよいかもしれません。

広告の制作費用について悩みがあればLED TOKYOに相談

回は、広告の制作費用の相場についてご紹介しました。

テレビCMやバナー広告、看板など、さまざまな広告に関して制作費用が発生します。制作した広告を掲載するときにも料金が発生します。

広告費用と掲載費用を削減する方法としては、デジタルサイネージの導入が挙げられました。

LED TOKYOは、デジタルサイネージの選定や設置、映像制作、運用管理、保守まで最適なソリューションをワンストップで提供しています。広告の制作費用についての悩みをデジタルサイネージで解決したい場合、ぜひLED TOKYOまでご相談ください。

Summary
広告における制作費用の相場を種類ごとに紹介! コストを削減する方法は?
Article Name
広告における制作費用の相場を種類ごとに紹介! コストを削減する方法は?
Description
今回は、代表的な広告の制作費用についてご紹介するとともに、コストを削減する方法についても解説します。
Author
Publisher Name
LED TOKYO

世界基準のLEDビジョンを圧倒的コスパでご提供!

ご購入はもちろん、レンタルのご相談も歓迎しております。
専門のスタッフによる安心のサポートのもと、お客様に最適な提案をさせていただきます。
是非お気軽にLED TOKYOまでご連絡ください。

RELATED WORKS
関連記事