渋谷で屋外広告を活用した集客方法とは?

渋谷で屋外広告を活用した集客方法とは?

公開日:2023.05.23
更新日:2023.05.24
その他

渋谷は、東京都内で最も注目されるエリアのひとつであり、さまざまなジャンルの広告が多数展示されています。屋外広告は、その中でも最も目につく場所に表示されることから、企業のPRや商品販売などに活用されています。本記事では、渋谷の屋外広告について、そのメリットやデメリット、成功事例、注目すべきポイントなどを紹介します。屋外広告を活用し、効果的な広告展開を図るために、ぜひ参考にしてください。

渋谷での広告活用におけるメリットとデメリット

日本で屋外広告といえば渋谷を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。まずは、渋谷での広告活用に関するメリットやデメリットについて説明します。

メリット

渋谷は若者文化の発信地であり、多くの人が集まる街として有名です。そのため、渋谷で広告を活用することで、多くの人々にアピールすることができます。また、渋谷は東京の中でも有数の商業地域であり、多くの人が買い物や食事をするために訪れます。そのため、渋谷で広告を活用することで、多くの人々に貴社の商品やサービスを知ってもらうことができます。さらに、渋谷は交通の要所でもあり、鉄道やバスなどの公共交通機関が発達しています。そのため、渋谷で広告を活用することで、多くの人々に簡単にアクセスしてもらうことができます。

デメリット

渋谷で広告を活用する場合、多くの競合が存在することがデメリットとして挙げられます。渋谷は多くの企業やブランドが集まるため、広告競合が激しくなる傾向があります。また、渋谷の人々は広告に対して敏感であり、優れた広告でなければ、無視される可能性が高いです。さらに、渋谷で広告を出す場合、費用がかかることもデメリットのひとつです。広告を出す場所によっては高額な広告料が必要となります。そのため、費用対効果を考慮して広告を出す必要があります。

渋谷の屋外広告で注目すべきポイント

渋谷は若者や観光客が多く訪れる街であり、多くの人々が行き交うことから、屋外広告の効果が高い場所として知られています。ここでは、渋谷の屋外広告を活用する際に注目すべきポイントを3つ紹介します。

ポイント1:場所の選び方

屋外広告を掲示する場所は、ターゲット層が多く集まる場所が適しています。渋谷では、109ビル周辺やセンター街、スクランブル交差点などが有名なスポットであり、特に若者や女性を中心に多くの人が通ります。こういった場所に掲示することで、効果的にターゲット層へアプローチすることができます。

ポイント2:デザインの工夫

渋谷では、大型ビジョンを中心に様々な種類の屋外広告が掲示されています。このような場所では、視覚的にインパクトのあるデザインが求められます。特に、色使いやフォントの選び方、写真やイラストの配置などに注意を払うことが大切です。また、周囲の環境との調和や、時間帯に合わせた演出なども考慮することが必要です。

ポイント3:情報の伝え方

屋外広告では、わずかな時間で効果的に情報を伝えることが求められます。渋谷の屋外広告では、短い時間で目を引く情報を伝えるために、キャッチフレーズや簡潔なメッセージが多用されています。また、QRコードやSNSのアカウント情報を掲載することで、より多くの人々に情報を発信することができます。

屋外広告を活用する際には、場所の選び方やデザイン、情報の伝え方など、様々な要素が重要になってきます。これらのポイントを押さえた上で、効果的な屋外広告を展開していくことが重要です。

渋谷で成功した屋外広告の事例

渋谷は、若者文化や流行の発信地として知られています。多くの人々が集まるエリアであることから、企業やブランドは、渋谷での広告活動を積極的に行っています。ここでは、渋谷で成功した屋外広告の事例を紹介します。

事例1:SHIBUYA109のLEDビジョン広告

SHIBUYA109は、渋谷駅から徒歩数分の場所にある大型ファッションビルです。渋谷のシンボルとしても知られており、多くの若者に愛されています。SHIBUYA109では、屋外広告にLEDビジョンを導入し、街中で注目を集めました。ビジョンには、ファッションショーの映像や新商品の情報などが流され、渋谷の流行を発信する存在として、多くの人々に親しまれています。

事例2:渋谷ストリームのタワー広告

渋谷ストリームは、渋谷駅直結の商業施設です。施設内には、レストランやショップなどがあり、多くの人々が出入りしています。渋谷ストリームでは、建物自体が屋外広告の一部となっており、タワーには企業のロゴやキャッチコピーが掲載されています。タワー広告は、高い視認性を持ち、渋谷のランドマークとして知られています。

事例3:渋谷スクランブルスクエアの屋上広告

渋谷スクランブルスクエアは、2020年11月にオープンした商業施設です。高さ230mのタワーがあり、屋上には展望台が設けられています。タワーの屋上には、巨大なLEDスクリーンが設置されており、渋谷の街並みをバックに、企業のCMなどが流されています。また、展望台からは、渋谷の景色を一望することができるため、多くの人々が訪れる観光名所となっています。

まとめ

渋谷の屋外広告には、その場所やデザイン、情報伝達方法など、多数のポイントがあります。成功事例を見ると、それらのポイントをうまく活用している広告が多く見られます。ただし、屋外広告には競合の激化など注意すべきこともあります。また、広告制作や設置にはコストがかかることも覚えておいてください。屋外広告を活用する場合は、しっかりと戦略を立て、効果的な広告展開を図るようにしましょう。

ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ