fbpx

NEWS
ニュース

バス停のデジタルサイネージとは?メリットや選び方などを解説!

  • 公開日:2023.01.30
  • 更新日:2023.09.25

バス停にデジタルサイネージが導入される事例が増えてきています。バス停では、デジタルサイネージがどのように役立つのでしょうか。今回はバス停に導入されるデジタルサイネージの概要をはじめ、メリットや選び方などを解説します。導入を検討しているバス関係者の方はぜひ参考にしてみてください。

バス停に導入されるデジタルサイネージとは?

近年、通信技術の発展によりスマート化が進んでいます。バス停もスマート化が進み、「スマートバス停」という言葉も知られるようになりました。

そんなスマートバス停では、柔軟に情報を発信できるデジタルサイネージの導入が主流です。

時刻表や運行情報、広告、緊急案内などを遠隔操作によってリアルタイムで発信できます。

デザインとしては、郵便ポストのように縦長のディスプレイが多い傾向です。AC100Vで給電するタイプだけでなく、乾電池式や太陽光発電式などに対応している製品もあります。大きさは13.3インチ、31.5インチ、55インチなどさまざまです。

繁華街や市街地、郊外、過疎地など、設置環境に応じた製品を選ぶのが基本です。

バス停にデジタルサイネージを導入するメリット

バス停にデジタルサイネージを導入するメリットについて解説します。

バス停にデジタルサイネージを導入すれば、ニュースの表示などによって待ち時間の苦痛を減らせます。バス利用者が快適に過ごしやすい環境になるでしょう。

バスの利用機会を増やせる

バス停のデジタルサイネージでは、時刻表以外に観光情報や周辺案内なども発信できます。

バス利用者に興味を持ってもらえれば、普段とは違う目的でバスを利用してもらえるでしょう。

外国人がバス停を利用しやすくなる

デジタルサイネージは、日本語のほかに英語や中国語など、多言語に対応させられます。

日本語がわからない外国人でも、バス停を利用するハードルが下がります。外国人観光客が多いエリアであれば重宝するはずです。

更新の負担が少なくなる

バス会社では、ダイヤが改正されるたびに時刻表を張り替えなければならず、労働人口の減少により作業の負担が増加傾向です。

その点デジタルサイネージであれば、パソコンから各バス停に時刻表を配信できます。バス停の掲示物を張り替える負担を減らせます。

バス停にデジタルサイネージを導入するときの選び方

バス停は、通常の建物とは異なる環境に設置されることから、デジタルサイネージを選ぶときのポイントも変わってきます。ここでは、バス停におけるデジタルサイネージの選び方について重要なポイントも解説します。

太陽光発電

ジャパンディスプレイ(JDI)によると、日本国内の7割以上のバス停が電源敷設されていないことから、バス停のスマート化が進めづらくなっているとのことです。

したがって、バス停にデジタルサイネージを導入する場合は、電源供給の方法を検討する必要があります。

解決策として注目されているのが、太陽光発電パネルとバッテリーを組み合わせたデジタルサイネージです。

バス停が電源敷設されていない場合は、太陽光発電パネルを搭載したデジタルサイネージを検討してみましょう。

参考:バス停のスマート化に超低消費電力で貢献、JDIが最新ディスプレー展示(日経BP)

屋外用

(画像引用元_https://www.dnp.co.jp/news/detail/1188320_1587.html)

バス停は屋外にあり、雨や風などの影響を受けます。防水・防塵耐性に特化した屋外専用のデジタルサイネージが適しています。

気温の変化に対応できるよう、空冷ファンやエアコンなどが必要な場合もあるようです。

防水デジタルサイネージのメリットや性能の指標、価格などついては下記の記事で詳しく解説しています。導入に迷ったときはチェックしてみてください。

参考:防水仕様のデジタルサイネージとは?メリットや性能の指標、価格、活用事例などを紹介!

省エネ性能

デジタルサイネージを活用したスマートバス停は、一般的な停留所と比較して維持費用の観点から導入しづらくなっています。

たとえば港区では、デジタルサイネージを活用したスマートバス停の導入について、維持費用の観点に課題があるという見解を示しています。

したがって、デジタルサイネージをバス停に導入する場合は、省エネ性能の高い製品を探す必要がありそうです。

参考:スマートバス停の導入について 区の対応・考え方(港区)

バス停にデジタルサイネージを導入するならLED TOKYOに相談

今回はバス停のデジタルサイネージの概要をはじめ、メリットや選び方などを中心に解説しました。

バス停のデジタルサイネージは、利用者とバス会社の両方に恩恵をもたらすことがおわかりいただけたでしょう。ただ、バス停は通常の建物とは違う環境であり、設置場所に応じて製品を選ばなければなりません。

LED TOKYOでは、さまざま場所にデジタルサイネージを導入してきた実績があります。専門スタッフがこれまでの経験を活かして、バス停に適したデジタルサイネージを提案いたします。バス停でデジタルサイネージの導入を検討している方は、ぜひLED TOKYOまでご相談ください。

Summary
バス停のデジタルサイネージとは?メリットや選び方などを解説!
Article Name
バス停のデジタルサイネージとは?メリットや選び方などを解説!
Description
バス停にデジタルサイネージが導入される事例が増えてきています。バス停では、デジタルサイネージがどのように役立つのでしょうか。今回はバス停に導入されるデジタルサイネージの概要をはじめ、メリットや選び方などを解説します。導入を検討しているバス関係者の方はぜひ参考にしてみてください。
Author
Publisher Name
LED TOKYO

世界基準のLEDビジョンを圧倒的コスパでご提供!

ご購入はもちろん、レンタルのご相談も歓迎しております。
専門のスタッフによる安心のサポートのもと、お客様に最適な提案をさせていただきます。
是非お気軽にLED TOKYOまでご連絡ください。