fbpx

NEWS
ニュース

Kinetics施工

LEDビジョンの正しい施工方法とは?メリットや注意点・よくあるトラブルも解説

  • 公開日:2023.11.20
  • 更新日:2024.03.13
  • LEDビジョン

現代のデジタル広告として注目を集めるLEDビジョン。その施工方法を知り、メリットや注意点、よくあるトラブルについて理解することは、効果的な活用の第一歩です。この記事では、LEDビジョンの特徴やメリット・デメリット、施工時の注意点、そしてよくあるトラブルに焦点を当て、導入時のスムーズな流れや選び方についても解説します。LEDビジョンの世界に一歩踏み出す前に、正しい知識で施工を行い、問題を最小限に抑えましょう。

この記事の目次

ledビジョンとは?

LEDビジョンは、現代のデジタル広告や情報発信手段として、その特異な特徴によります。まずLEDビジョンの特徴として、その驚くべき明るさ、長寿命、メンテナンス性、そして形状の自由さが挙げられます。これにより、どんな環境でも効果的な情報発信が可能です。次にLEDビジョンのメリットとして、高輝度で視認性が高いこと、屋外にも設置可能であること、高色域で奥行きのある映像が表示可能であること、大画面化が自在であり、さまざまな形に自在に設置できる点が挙げられます。また、これらに加えてメンテナンス性も高いのが利点です。しかし、一方でLEDビジョンのデメリットとして、初期費用が高額であること、および比較的多くの電力を必要とする点が挙げられます。これらの要素を理解し、適切な施工計画を立てることが重要です。

デジタルサイネージとは?概要や市場規模、メリット、活用目的、事例、仕組みなどを解説

ledビジョンの特徴

ledビジョンは、下記の特徴があります。

明るさ

LEDビジョンは優れた明るさを誇ります。LEDの発光効率が高いため、屋外や明るい場所でも鮮明で視認性の高い表示が可能です。これにより、広告や情報ディスプレイとして効果的に活用されます。

長寿命

LEDは通常、従来の光源に比べて寿命が長い特性があります。LEDビジョンもこの特長を受けており、安定したパフォーマンスを長期間にわたって提供します。これにより、定期的なメンテナンスや部品の交換が少なくなり、運用コストが削減されます。

メンテナンス性

LEDビジョンはメンテナンスが容易です。モジュラーな構造を採用しており、故障した部品を効率的に交換することができます。遠隔監視や自己診断機能も搭載されている場合があり、問題が発生した際には素早い対応が可能です。

形状の自由さ

LEDビジョンは柔軟かつ多様な形状に対応できます。その柔軟性から、建築物やデザインの制約を受けずに様々な場所に取り付けることができます。これにより、クリエイティブな広告や情報ディスプレイの設置が可能となります。

ledビジョンのメリット

LEDビジョンには、下記のメリットがあります。

高輝度で視認性が高い

LEDビジョンは高い輝度を持っており、これによって屋内外を問わず、明るい環境でも鮮明な表示が可能です。これが視認性を向上させ、広告や情報がより効果的に伝わります。

屋外設置可能

LEDビジョンは耐候性があり、屋外に設置することができます。これにより、屋外広告やイベントでの情報発信が可能となり、広告の屋外展開が広がります。

高色域で奥行きある映像を表示可能

LEDビジョンは高い色域を持っており、鮮やかで奥行きのある映像表現が可能です。これによって、情報や広告がよりリアルで引き込まれるような映像となります。

大画面化が自由自在

LEDビジョンはモジュール式の構造を持っており、これを組み合わせて大画面化が容易です。柔軟なサイズの調整が可能なため、異なる場所や用途に合わせて大画面を構築できます。

さまざまな形に設置可能

LEDビジョンは柔軟性が高く、様々な形状に設置できます。建物の曲線に合わせたり、クリエイティブなデザインに組み込んだりすることができ、環境に合わせた施工が可能です。

メンテナンス性が高い

LEDビジョンはモジュラーな構造を持ち、故障したモジュールの交換が容易です。また、遠隔監視や自己診断機能があることがあり、問題が発生した場合に素早い対応が可能です。これにより、運用中のメンテナンスが効率的に行えます。

ledビジョンのデメリット

LEDビジョンには、以下のデメリットがあります。

初期費用が高額になる

LEDビジョンの導入には高額な初期費用がかかります。高品質なLEDパネルや制御装置、設置に必要な構造物などの購入・施工に伴うコストが大きいため、予算の確保が必要です。これは導入企業や個人にとって負担となり得ます。

消費電力が多い

LEDビジョンは、明るく鮮明な表示を維持するために一定の電力が必要です。大画面で高輝度の映像を表示する際には、他のディスプレイに比べて相対的に多くの電力を消費します。これにより、運用中の電力コストが増加する可能性があります。環境への影響やランニングコストの考慮が必要です。

ledビジョンを施工する際の注意点

LEDビジョンの施工においては、特に以下の注意点に留意することが重要です。これらのポイントを押さえ、スムーズで問題のない施工を行うことが求められます。

注意点1:発電機を電源として使わない

LEDビジョンの施工において、電源として発電機を使用しないことは重要な注意点です。発電機は一般的に電源の不安定性やノイズの発生などが懸念されるため、LEDビジョンの正常な動作に悪影響を及ぼす可能性があります。

LEDビジョンは高度な電子制御を必要とするデバイスであり、安定かつクリーンな電力供給が不可欠です。発電機からの供給では電圧の変動やノイズが発生しやすく、これがLEDビジョンの制御回路や画面表示に影響を与える可能性があります。特に高輝度や高解像度のLEDビジョンでは、電源の品質が表示の品質に直結するため、信頼性の高い電源環境が求められます。

また、発電機の振動や騒音も考慮すべき要因です。これらの影響がLEDビジョンに及ぶことで、故障や不安定な動作が引き起こる可能性があります。

したがって、LEDビジョンの施工においては、確実で安定した電源を確保するために、発電機の使用は避けるべきです。これにより、LEDビジョンの長寿命や高い視認性を実現し、運用中の信頼性を確保することができます。

注意点2:設置初期に動作が不安定になることがある

LEDビジョンを設置初期において動作が不安定になる可能性がある主な理由は、複数の要因が影響しています。まず、電源供給や制御設定が正確でない場合、LEDビジョンは正常に機能しづらくなります。電源の接続や制御システムのセットアップに不備があると、表示の安定性や一貫性に問題が生じます。

さらに、施工時に発生する物理的な振動や衝撃、または配線の問題が原因で、LEDビジョンの内部構造が影響を受け、動作が一時的に不安定になることがあります。これには、ケーブルの接触不良やコネクタの問題などが含まれます。

施工初期は試運転や調整が不可欠ですが、これらが適切に行われないと、LEDビジョンは期待通りのパフォーマンスを発揮できません。最適な動作状態にするためには、機器の設定や配線の確認、物理的な検査などが必要です。

総合的に、LEDビジョンの設置初期の不安定な動作は、電源や制御の不備、物理的な影響、調整不足などが組み合わさった結果と言えます。これらの要因を的確に解決することで、LEDビジョンは安定したパフォーマンスを発揮し、長期間にわたり効果的な情報発信が可能となります。

注意点3:必要以上に移動させない

LEDビジョンの設置後、必要以上に移動させないという注意点は、主に以下の理由から重要です。

まず、LEDビジョンは高度な技術を用いて構築されており、安定した位置に設置されることが前提とされています。頻繁な移動はその構造に負荷をかけ、不安定な動作や機器の故障を引き起こす可能性があります。特に大型のLEDビジョンでは、その重量や複雑な配線構造を考慮する必要があります。

さらに、LEDビジョンは設置位置に合わせて正確に調整される必要があります。移動や位置の変更は、これらの調整を狂わせ、映像の歪みや表示の不均一性を引き起こす可能性があります。これは視認性や情報伝達の品質に悪影響を与えることが考えられます。

最後に、LEDビジョンは外部の環境に影響されやすいため、不用意な移動は風雨や振動、温度変化などによる悪影響を招く可能性があります。これにより、耐久性が損なわれ、長寿命やメンテナンス性の特長を損なうおそれがあります。

総じて、LEDビジョンの設置後は慎重な移動が求められます。機器の頑健性と品質を維持するために、適切な位置に一度設置したら、不必要な移動は避け、定期的なメンテナンスを行うことが良い結果をもたらします。

注意点4:条例に違反しないよう気をつける

LEDビジョンの設置においては、屋外広告物条例、景観条例、工作物確認申請などの法規制を遵守することが不可欠です。これらの規定は設置地域ごとに異なり、様々な条件が絡むため、違反すると罰則が科される可能性があります。

屋外広告物・景観条例についてはこちら

屋外広告物条例

屋外広告物に関する法的な基準を定めたもので、設置地域の役所が規定を定めています。LEDビジョンも含まれるため、検討時にはこの条例を確認し、設置箇所の役所への申請・許可が必要です。設置エリアや画面の大きさなどが規定されているため、留意が必要です。

景観条例

景観に対する影響を考慮した法令で、地域ごとに異なる場合があります。設置地域が景観条例を設けている場合、LEDビジョンの設置に際しては景観に対する配慮が求められます。設置後も映像コンテンツや運営面に関する詳細計画の提出が必要であり、役所との協議が重要です。

工作物確認申請

LEDビジョンの高さが4mを超える場合は、工作物確認申請が必要です。この申請には構造計算の提出が必要であり、役所の規定に基づいて事前に確認と申請が必要です。また、工作物確認申請がない場合、屋外広告物の許可が難しいことも考慮すべきです。

LEDビジョン施工時によくあるトラブル

LEDビジョンの施工においては、さまざまなトラブルが発生する可能性があります。これらのトラブルを未然に防ぎ、スムーズな施工を実現するために、以下のよくあるトラブルに対する注意が必要です。

よくあるトラブル1:足場パイプがない

LEDビジョン設置時によく見られるトラブルの一つは、LEDビジョンを固定する足場パイプが現場に用意されていないことです。足場パイプはLEDビジョンの安定性と安全性を確保するために不可欠な要素です。

足場パイプが不足していると、LEDビジョンを適切に固定できず、風や振動に対する安定性が損なわれる可能性があります。これは、施工中や設置後における安全性の問題となり、人や周囲の建造物に損傷を引き起こすリスクが生じます。

また、足場パイプの不足は作業効率にも影響を与えます。現場に足場パイプが事前に用意されていない場合、作業員は追加の材料を手配し、急遽対応する必要があります。これにより施工スケジュールの遅延が生じ、コストや時間の追加負担が発生します。

トラブルを未然に防ぐためには、LEDビジョンの設置計画において足場パイプの確保を含めた事前の検討が必要です。施工前に現場の状況を詳細に調査し、足場パイプの必要量を正確に見積もることが、円滑な設置プロセスとプロジェクト全体の成功に繋がります。

よくあるトラブル2:200V電源が1つしか用意されていない

LEDビジョンの設置時に遭遇する可能性のあるトラブルの一つは、十分な電力供給が確保されていないことです。特に200V電源が1つしか用意されていない場合、複数の電源が必要なLEDビジョンの要件を満たすことが難しくなります。

LEDビジョンは高輝度で大画面化が可能なため、通常は複数の電源が必要です。しかし、現場での計画や調査が不十分で、必要な電源の確保が適切に行われていないと、設置作業は順調に進まず、トラブルが生じる可能性があります。

このトラブルが発生すると、まずLEDビジョンの正常な動作が確保できなくなります。また、電源供給が不足すると、機器へのダメージや不安定な動作、最悪の場合は故障につながる可能性も考えられます。

解決策としては、施工前に現場の電力状況を正確に評価し、LEDビジョンの仕様に基づいて十分な電源を確保することが重要です。必要な作業用電源や、LEDビジョンが適切に機能するための電源が確保されていることを確認することで、トラブルを未然に防ぐことができます。プロジェクトの成功には、適切な電源計画と協力的な現地の電気工事チームが不可欠です。

よくあるトラブル3:設置場所が計画時から変更されている

設置場所が計画時から変更されているというトラブルは、LEDビジョンの設置プロセスにおいてよく見られる課題の一つです。このトラブルは様々な要因によって引き起こされ、プロジェクトのスケジュールや予算に影響を及ぼす可能性があります。

まず、地元の自治体や関係者との協議が不足している場合、設置予定地が新たな制約や規制に抵触することが考えられます。例えば、景観保護や建物の構造上の問題により、計画変更が必要となることがあります。

また、施工前の調査不足や地形の変化なども設置場所の変更を引き起こす原因です。地盤の不均一さや地下のインフラストラクチャーなどが予想外の課題となり、設置予定地において作業が困難となることがあります。

このようなトラブルに対処するためには、計画段階で可能な限り詳細な現地調査を行い、地元の関係者との密な連携を保つことが重要です。また、柔軟性を持った計画策定が求められます。変更が予測される場合は、素早い調整や関係者への説明、許可を得るための努力が必要です。

設置場所の変更に伴う迅速かつ適切な対応ができれば、プロジェクトの進捗に支障をきたすことなく、円滑な設置が可能となります。

よくあるトラブル4:設置に時間がかかる

LEDビジョンの設置における一般的なトラブルの一つは、設置に時間がかかることです。これは様々な要因から生じる可能性があります。

まず、施工計画が不十分である場合、作業手順や必要な資材が事前に適切にプランニングされていないことが挙げられます。また、予期せぬ現地の状況変化や調整が必要な場合、これらに対応するための柔軟性が不足していることも影響します。

加えて、技術的な問題や機器のトラブル、作業員のスキルや経験の不足などが設置に時間を要する原因となります。特に大型のLEDビジョンの場合、複雑な構造や多くのパーツが関与するため、これらの要素を適切に調整し、調整に時間を要することがあります。

また、気象条件も設置時間に影響を与える要素です。悪天候が続くと屋外設置の場合、安全面や機器への影響を考慮して作業を中断することがあり、これが設置期間の延長につながります。

これらの要因に対処するためには、事前の計画段階で細部にわたる検討が欠かせません。また、フレキシブルで経験豊富な作業チームの確保や、現地の状況に応じた緊急時のアクションプランの策定が重要です。これにより、トラブルが発生しても迅速な対応が可能となり、設置時間の短縮と作業の円滑な進行が実現できます。

よくあるトラブル5:ケーブルの長さが足らない/長すぎる

ケーブルの長さが足りないトラブルでは、LEDビジョンの設置場所までのケーブルが不足しており、電源供給やデータ伝送がスムーズに行えない問題が発生します。これによりLEDビジョンの正常な動作が阻害され、追加のケーブルの調達や設置作業の中断が必要となります。ケーブルの追加調達には時間がかかり、プロジェクトの進行スケジュールに遅れを生じる可能性があります。

一方で、ケーブルの長さが長すぎるトラブルでは、過剰なケーブルが見た目や安全性に問題を引き起こす可能性があります。余分なケーブルが絡まりやすく、メンテナンスやトラブルシューティングが困難になります。また、余分なケーブルは無駄になり、コストやリソースの浪費につながります。ケーブルの長さは正確に計測し、配線プランを詳細に策定することが重要です。変更が生じた場合も予備のケーブルを用意するなど柔軟に対応することが必要です。

ledビジョン導入の流れ

続けて、LEDビジョンの導入方法について、4ステップで解説します。

ステップ1:ヒヤリング・現状調査

LEDビジョン導入の第一歩として行われるヒヤリングでは、クライアントのニーズや期待を詳細に把握します。プロジェクトの目的や目標、ターゲットオーディエンスの特定、また予算やスケジュールの要件を明確にします。同時に、既存の設備や環境についての情報も入手し、これに基づいて最適なLEDビジョンの仕様や設置場所を提案します。クライアントとのオープンで透明な対話を通じて、プロジェクトに関する期待値と現実のバランスを取りながら、ヒヤリングの段階でクライアントとの強固な信頼関係を築き上げます。これにより、後続の企画や施工フェーズにおいて、クライアントのビジョンを実現するための基盤が確立されます。

ステップ2:企画

企画フェーズでは、ヒヤリングの結果を元にして具体的な導入計画が策定されます。まず、クライアントの要件や予算に基づいてLEDビジョンの仕様が決定され、デザインやコンテンツ戦略が検討されます。設置場所の最終確定や安全性の検討も重要な要素です。クライアントとのコミュニケーションを通じて、提案された企画がクライアントの期待に合致しているかどうかを確認し、必要に応じて修正を行います。企画フェーズは、プロジェクトの基盤を築く重要なステージであり、クライアントとの協力と理解が成功への鍵となります。

ステップ3:施工

施工フェーズでは、策定された企画をもとに、LEDビジョンの具体的な設置作業が展開されます。まず、設置場所の準備が整えられ、必要な機材や資材が配置されます。その後、LEDビジョン本体の設置やケーブルの配線、電源の確保などが行われます。施工チームは計画通りに進捗し、安全かつ効率的に作業を完了させるために協力します。品質管理と定期的な点検も施工フェーズにおいて重要な要素であり、問題が発生しないように慎重な作業が求められます。クライアントとの連携を保ちながら、プロジェクトの進行を確認し、スケジュール通りに施工を完了させることが目標です。

ステップ4:メンテナンス

保守・メンテナンスフェーズでは、LEDビジョンの安定運用を確保するため、複数の重要な活動が展開されます。まず、定期的な動作確認と監視が行われ、システムの正常動作を確認し、問題が発生していないかを常にモニタリングします。また、新しいソフトウェアのリリースがあれば、アップデートを実施して最新の機能やセキュリティ対策を導入します。ハードウェア部分においては、定期的な点検が行われ、劣化した部品があれば適時に交換します。同時に、画面の清掃も定期的に実施し、表示品質を維持します。トラブルが発生した場合には、素早い対応が求められ、問題の特定と修復が迅速に行われます。最後に、クライアントとの連携が欠かせません。定期的な報告やフィードバックを通じて、システムの状態や改善点について共有し、クライアントの要望に応じた対策が講じられます。これらの活動を通じて、LEDビジョンは長寿命かつ高品質な運用が維持されます。

LEDビジョンの施工によくある質問

LEDビジョンの施工に関する疑問や懸念にお答えするため、以下のよくある質問に対して簡潔に解説いたします。

Q1.LEDビジョンとデジタルサイネージの違いは?

LEDビジョンとデジタルサイネージはデジタル広告の形態でありながら、いくつかの重要な違いがあります。

まず、LEDビジョンは発光ダイオード(LED)を光源として使用しています。これにより、高輝度かつ大画面の映像表示が可能です。対照的に、デジタルサイネージは通常、液晶ディスプレイを利用し、主に情報の表示や広告媒体として使用されます。LEDビジョンは屋外広告やイベントの大型スクリーンとして効果的であり、視認性が高い特長があります。

次に、用途や環境への適応性においても異なります。LEDビジョンは屋外や大規模な広告に向いており、悪天候条件下でも優れた表示性能を発揮します。一方で、デジタルサイネージは屋内や小規模な情報発信に適しています。

また、制御面でも異なります。LEDビジョンはリアルタイムな映像や動画の表示が得意で、多彩な表現が可能です。デジタルサイネージは静止画やテキスト表示が主流で、情報の更新は比較的簡単ですが、動画表現には制約があります。

総じて、LEDビジョンは大画面・高輝度・屋外向け、デジタルサイネージは小中規模・屋内向け、といった適用範囲や表示特性の違いがあり、これらを検討しながら目的に応じた選択が求められます。

Q2.どんな製品があるんですか?

LED TOKYOのLEDビジョンには、以下のラインナップがあります。

  • 屋内用LEDビジョン
  • 屋外用LEDビジョン
  • 床用LEDビジョン
  • 透過ウィンドウビジョン

これらについて詳しく解説します。

屋内用LEDビジョン

屋内用LEDビジョンは、商業施設、イベントスペース、会議室など屋内での広告や情報発信に適しています。特徴的な薄型で軽量なデザインがあり、高い解像度と鮮明な映像表示が可能です。広告やイベントの効果的な情報発信に寄与します。

ENEN自由が丘店/東京都目黒区自由が丘

屋外用LEDビジョン

屋外用LEDビジョンは、広場、街路、商業施設の外壁など、屋外での大規模な広告や情報表示に適しています。耐候性や防水性が強化されており、太陽光の影響を受けずに高い視認性を維持できます。大きな視聴者層に向けた広告やイベント情報の効果的な発信が可能です。

BEPPU ONSEN SHOWER FES. 2023/大分県別府市

床用LEDビジョン

床用LEDビジョンは、床面に組み込まれたり設置されたりして、床全体がデジタルディスプレイとなる特殊な形態のLEDデバイスです。主に商業施設や展示会場、エンターテインメント施設などで使用され、足元に動画やインタラクティブなコンテンツを表示することができます。

DISCOVERY LEAF / CLT PARK HARUMI

透過ウィンドウビジョン

透過ウィンドウビジョンは、ガラス窓やショーケースなど透明な表面に設置され、映像表示と透過性を兼ね備えたデバイスです。店舗や商業施設のショーウィンドウなどで利用され、昼夜を問わずに商品や情報の効果的なプロモーションが可能です。

レナトゥスクリニック新宿院/東京都渋谷区千駄ヶ谷

Q3.LEDビジョンはどのように選べば良いですか?

LEDビジョンは、以下のポイントで選びましょう。

  • 視認距離に合わせたピッチサイズを選ぶ
  • イベントに適した種類を選ぶ
  • イベントの目的を打ち合わせで協議して提案させていただく

これらについて解説します。

視認距離に合わせたピッチサイズを選ぶ

視認距離に合わせたピッチサイズの選定が重要です。ピッチサイズはLEDのドット密度を表し、密度が高いほど近距離からでも鮮明な映像が得られます。視聴者がビジョンから遠い場所にいる場合はピッチサイズを大きくし、逆に近い場合は小さくすると良いでしょう。

イベントに適した種類を選ぶ

イベントの性質やコンセプトに適したLEDビジョンの種類を選びましょう。例えば、大規模な野外コンサートでは屋外用LEDビジョンが適していますが、展示会や会議では屋内用LEDビジョンが選択肢になります。用途に合わせた選定が効果的な情報発信につながります。

イベントの目的を打ち合わせで協議して提案させていただく

イベントの目的やクライアントの要望を確認し、打ち合わせを通じて最適なLEDビジョンの提案を行います。目的に応じて適切な機能や特徴を備えた製品を選定し、クライアントの期待に応えるよう配慮します。協議を通じた確固たる提案が、成功に向けた大きな一歩となります。

LEDビジョンの施工方法を理解して、トラブルを最小限に導入させましょう!

LEDビジョンの施工には様々な要素を考慮する必要があります。まずLEDビジョンの特徴やメリット、デメリットを理解し、適切な製品を選ぶことが重要です。明るさや寿命、メンテナンス性、形状の自由さなどが考慮ポイントとなります。

施工時には注意点やよくあるトラブルにも注意を払い、発電機の利用や設置場所の変更、電源の確保などに留意しましょう。また、地域の条例や規制にも注意が必要です。

LEDビジョンの導入にはヒヤリングや企画、施工、メンテナンスのステップがあります。これらを段階的に進め、クライアントの要望に沿った提案を行うことが成功の鍵です。

最後にLEDビジョンの選び方については、視認距離に合わせたピッチサイズの選定やイベントの性質に応じた製品の選択が重要です。クライアントとの打ち合わせを通じて最適な提案を行い、LEDビジョンの導入を成功に導きましょう。LEDビジョンは効果的な情報発信や視覚的な魅力を提供し、様々なイベントや場面で活躍する先進的なテクノロジーです。

Summary
LEDビジョンの正しい施工方法とは?メリットや注意点・よくあるトラブルも解説
Article Name
LEDビジョンの正しい施工方法とは?メリットや注意点・よくあるトラブルも解説
Description
現代のデジタル広告として注目を集めるLEDビジョン。その施工方法を知り、メリットや注意点、よくあるトラブルについて理解することは、効果的な活用の第一歩です。この記事では、LEDビジョンの特徴やメリット・デメリット、施工時の注意点、そしてよくあるトラブルに焦点を当て、導入時のスムーズな流れや選び方についても解説します。
Author
Publisher Name
LED TOKYO

世界基準のLEDビジョンを圧倒的コスパでご提供!

ご購入はもちろん、レンタルのご相談も歓迎しております。
専門のスタッフによる安心のサポートのもと、お客様に最適な提案をさせていただきます。
是非お気軽にLED TOKYOまでご連絡ください。

RELATED WORKS
関連記事