• LED TOKYO > ニュース > デジタルサイネージの費用対効果が下がる原因は?高める方法についても解説
デジタルサイネージの費用対効果が下がる原因は?高める方法についても解説

デジタルサイネージの費用対効果が下がる原因は?高める方法についても解説

公開日:2023.02.22
更新日:2023.03.28
LEDビジョン

デジタルサイネージは利用方法を誤ると、想定していたよりも費用対効果が下がってしまうことがあります。今回はデジタルサイネージの費用対効果が下がる原因や費用対効果を高める方法について解説します。デジタルサイネージの導入を検討している方や、導入後に効果が薄いと感じている方などはぜひ参考にしてみてください。

デジタルサイネージの費用対効果が下がる原因

デジタルサイネージの費用対効果が下がる原因について解説します。

原因1.利用頻度が低い

デジタルサイネージをライブや展示会などのイベントに導入したあと、平常時にあまり使わなくなってしまえば、費用対効果が下がってしまいます。

デジタルサイネージを導入するときは、平常時の使い道も考慮しておくことが大切です。

原因2.コンテンツの時間が長い

デジタルサイネージで通行人に広告を発信するとき、コンテンツの時間が長いと通行中に内容が伝わらないことがあります。

費用対効果が下がらないよう、視聴時間と動画時間のバランスを調整するようにしましょう。

原因3.宣伝の情報が不十分

キャンペーン情報を発信するとき、お得な内容をアピールできても、具体的な申し込み方法がわからなければ、視聴者は利用できません。

コンテンツ内で検索ワードを表示するなどして、Webサイトに誘導する工夫も必要です。

原因4.設置場所が悪い

デジタルサイネージは、コンテンツの質が高くても、人に視聴してもらえなければ効果を発揮しません。人の動線を踏まえて設置しないと、広告が目につきにくくなり、費用対効果が低下する恐れがあります。

バス停やエスカレータ付近の壁面、エントランスなど、自然と目に入りやすい設置場所を検討する必要があります。

デジタルサイネージの費用対効果を高める設置場所については下記の記事でも解説しています。設置場所を見直したい方は参考にしてみてください。

デジタルサイネージはどこに設置できる? 効果の高い場所や意外な使われ方も解説!

原因5.機器が故障する

機器が故障してデジタルサイネージの運用が休止されるケースがあります。中にはエラー画面が表示されたまま放置されてしまうこともあるようです。

機器の故障を迅速に把握し、素早く普及できなければ、費用対効果が下がってしまうでしょう。

デジタルサイネージを活用するときは、保守や運用の体制も整備しておくことが重要です。

デジタルサイネージの費用対効果を高める方法

デジタルサイネージの費用対効果を高める方法について解説します。

方法1.レンタルを検討する

デジタルサイネージはレンタルで利用することも可能です。たとえば、1枚を1日7,000円ほどで利用できます。

デジタルサイネージを購入する場合は、10万円以上のコストがかかるケースが多いです。中には100万円以上の価格が設定されていることもあります。その点、レンタルであれば費用を大幅に節約できるでしょう。

イベント目的に短期間でデジタルサイネージを使いたい場合は、費用対効果を高めるためにレンタルも検討してみてください。

Rental

方法2.最新機能を有効活用する

最近のデジタルサイネージには顔認証やAIなどの最新機能が搭載され、視聴者の情報を分析して可視化できるようになってきています。

たとえば、通行人数と視聴者数、性別、年齢などのデータを分析できます。また、コンテンツの人気ランキングを表示させることも可能です。

データ分析して最適なコンテンツを制作していけば、デジタルサイネージの費用対効果を高められるでしょう。

方法3.導入成功事例を参考にする

デジタルサイネージは、施設や建物、業界などによって導入のポイントが違ってきます。

自社の環境に近い導入成功事例を参考にすることで、適切なサイズや、設置場所、コンテンツの内容などをあらかじめ把握できます。

デジタルサイネージの費用対効果を高めたいのであれば、導入前に一つでも多くの成功事例を確認しておくことをおすすめします。

デジタルサイネージの費用対効果を高めるならLED TOKYOに相談

今回は、デジタルサイネージの費用対効果を下げる原因や高める方法などについて解説しました。

デジタルサイネージは、利用頻度が低いのに高価な製品を購入したり、コンテンツの時間が通行時間に適していなかったりすると、費用対効果が下がる恐れがあります。また、故障が発生すると広告がストップしてしまうので、保守や運用に関しても整備が必要です。

LED TOKYOでは、デジタルサイネージの選定や設置、映像制作、運用、保守など、ワンストップで費用対効果を高めるソリューションを提供しています。レンタルにも対応しているので、効果なデジタルサイネージを購入せず、費用対効果を高めることも可能です。

デジタルサイネージの費用対効果に悩みがある方は、ぜひLED TOKYOまでご相談ください。

 

ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ