• LED TOKYO > ニュース > デジタルサイネージはどこに設置できる? 効果の高い場所や意外な使われ方も解説!
デジタルサイネージはどこに設置できる? 効果の高い場所や意外な使われ方も解説!

デジタルサイネージはどこに設置できる? 効果の高い場所や意外な使われ方も解説!

公開日:2023.02.07
更新日:2023.09.25
LEDビジョン

デジタルサイネージは、街中や建物などでよく見かける広告媒体ですが、設置場所はさまざまです。いざ導入することになったとき、どこに設置しようか迷ってしまう方もいるでしょう。そこで今回は、デジタルサイネージを建物に設置できる場所や、宣伝効果の高い場所を解説します。意外な設置場所も紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

デジタルサイネージを建物に設置できる場所

デジタルサイネージを建物に設置できる場所は意外とたくさんあります。早速、デジタルサイネージを設置できる場所を解説します。

床の上

スタンドタイプのデジタルサイネージであれば、床の上に設置できます。キャスターが付属している製品だと、自由に移動させることも可能です。

店舗で、来店者から見えやすい場所で商品を紹介したり、フリードリンクコーナーを案内したりしたいときなど、柔軟に設置できるのが便利でしょう。

壁面

デジタルサイネージを設置する場所が限られている場合に検討できるのが壁面です。たとえば階段などの狭い場所でも、壁面であれば通行を妨げずに宣伝できるようになります。

画面の角度を調整できるタイプであれば、見やすさにもこだわることができます。ただ、壁の素材に対応できるかどうかを確認して、設置用の機材まで検討しなければなりません。

壁掛け用のデジタルサイネージについては下記の記事で解説しています。メリットやデメリットを詳しく知りたい方は参考にしてみてください。

壁掛け用デジタルサイネージのメリット・デメリットを解説!活用事例も紹介

床面

デジタルサイネージは床面に設置することも可能です。特殊強化ガラスを用いた製品であれば車が乗っても壊れません。

広告や情報発信というよりも、空間演出で使われることが多くなっています。展示会やファッションショー、店舗の雰囲気づくりなどにおすすめです。

天井

デジタルサイネージの設置場所として見落としがちな箇所が天井です。天井は、壁面と同様に人の移動を妨げない場所であるほか、遠くの人からも見えやすい場所です。

ディスプレイの周りに人が集まっても、見えづらくなることはありません。ただ、天井工事が必要となり、天井の強度によっては設置できないこともあります。

デジタルサイネージの設置効果の高い場所

デジタルサイネージは、設置場所を検討することで効果を最大限に高められます。デジタルサイネージを導入するときに設置効果の高い場所を解説します。

交差点

交差点にはたくさんの人々が通行しているだけでなく、信号の切り替えを待つ時間も発生します。交差点付近のビルにデジタルサイネージを設置すれば、たくさんの人々に広告をじっくりと視聴してもらえるでしょう。

イベント会場

イベント会場では、特定のテーマに興味を持つ来場者が集まるため、ターゲット像を明確にして宣伝できます。不特定多数の人々に情報を発信するよりも、ニーズにマッチした広告活動を展開しやすいです。

デジタルサイネージを設置できる意外な場所

デジタルサイネージは、工夫次第でさまざまな場所に設置できます。ここではデジタルサイネージを設置できる意外な場所をご紹介します。

トラック

デジタルサイネージは、トラックの荷台の側面に設置することも可能です。通常の設置場所とは異なり、デジタルサイネージを移動しながら宣伝できるため、広範囲のエリアで広告効果が期待できます。

実例は下記の記事で紹介しているので、気になった方はチェックしてみてください。

アドトラック / 屋外用LEDビジョン

デジタルサイネージが寺に導入される事例も見受けられるようになりました。来訪者が、仏像や寺の歴史などを閲覧できるようになります。

デジタルサイネージは、説明文の表示を外国語に対応させることも可能であり、外国人観光客が訪れる寺とは意外と相性がよいのかもしれません。

参考:目黒の五百羅漢寺にデジタルサイネージ 3D映像で仏像の裏側まで鑑賞(目黒経済新聞)

デジタルサイネージの設置場所に迷ったらLED TOKYOに相談

今回はデジタルサイネージを設置できる場所や、導入効果の高い場所などを解説しました。

デジタルサイネージは、建物の床の上だけでなく、壁面や床面、天井などさまざまな場所に設置できます。屋外では、たくさんの人が集まる交差点やイベント会場などで利用するのも効果的です。

そのほか、トラックや寺のように意外な場所でも設置されることがあります。デジタルサイネージの用途は、アイデア次第でさらに広がることも、おわかりいただけたでしょうか。

LED TOKYOではさまざまな場所にデジタルサイネージを導入してきた実績があります。

専門スタッフがこれまでの経験とノウハウをもとに最適な設置場所を提案いたします。デジタルサイネージの設置場所に迷ったときは、ぜひLED TOKYOまでご相談ください。

Summary
デジタルサイネージはどこに設置できる? 効果の高い場所や意外な使われ方も解説!
Article Name
デジタルサイネージはどこに設置できる? 効果の高い場所や意外な使われ方も解説!
Description
デジタルサイネージは、街中や建物などでよく見かける広告媒体ですが、設置場所はさまざまです。いざ導入することになったとき、どこに設置しようか迷ってしまう方もいるでしょう。そこで今回は、デジタルサイネージを建物に設置できる場所や、宣伝効果の高い場所を解説します。意外な設置場所も紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。
Author
Publisher Name
LED TOKYO
ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ