AIに質問

News

LEDビジョンデジタルサイネージとは │ 意味・仕組み・メリット・事例

デジタルサイネージとは │ 意味・仕組み・メリット・事例

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

山手線内の金網上のポスターが液晶モニターに変わったように、ディスプレイによる広告の掲出が増えています。物理的に広告を張り替えなくとも、次々に画面が変わっていくため、手間をかけずに多くの広告を表示できるという特徴があります。

このように映像や文字を表示する情報媒体・広告媒体を「デジタルサイネージ」といいます。サイネージは記号・マーク・標識といった意味があり、「デジタルサイネージ」を日本語で直訳すれば、デジタル看板や電子看板となります。

本編ではデジタルサイネージについて、種類や価格から、導入に際してのメリット・デメリット、導入例を紹介します。

デジタルサイネージとは?

デジタルサイネージとは電子ディスプレイを使っている情報媒体・広告媒体のことです。

従来の看板やポスターは建材や紙に印刷してましたが、現在は液晶ディスプレイやLEDを用いた映像表示装置(デジタル映像機器)に情報を掲載しています。この情報が掲載される機器がデジタルサイネージです。

デジタルサイネージのシステムの種類

デジタルサイネージにはシステムとして3種類あります。

1つがスタンドアローン型と呼ばれるものです。

PCやアプリで作成したコンテンツを、USBメモリーなどに書き込み、ディスプレイに内蔵されている、もしくは外部接続したメディアプレイヤーで再生するものです。比較的手軽に始められるのが特徴です。

2つ目はネットワーク配信型と呼ばれるものです。

ネットワーク配信型デジタルサイネージは管理用PCからインターネットを介してコンテンツをメディアプレイヤーに入れ、放映します。インターネット回線を利用し、オンライン上の複数拠点で放映管理ができます。

3つ目は近年登場したもので、WebブラウザがあればHTML5を活用することでメディアプレイヤーが不要となるクラウド型に分類されます。こちらは最近増加傾向にあります。

デジタルサイネージの機器

デジタルサイネージを構成する主な機器やシステムは、以下の3つです。

ディスプレイ:基本的には、デジタルサイネージ専用に開発された業務用のディスプレイ。タブレットやモバイル端末への掲出が可能なサービスもある。

STB(セットトップボックス):デジタルサイネージのコンテンツを再生するためのプレーヤー

CMS(コンテンツマネジメントシステム):広告配信を管理するシステム。デジタルサイネージのコンテンツを放映するスケジュールに沿ってプレーヤーを起動したり、指定されたコンテンツを配信したりする。

費用はどれくらいかかる?

デジタルサイネージの導入にはどの程度の費用が発生するのでしょうか。基本的には、ディスプレイの大きさや、各機器の性能が影響し幅があります。

飲食店など、比較的小さな規模であっても導入できる家庭用のテレビくらいのサイズを例にとってみます。

ディスプレイは、43インチ~55インチの屋内用で10~40万円、32インチ~42インチの屋外用で40~80万円程度です。壁掛けタイプか据え置きタイプかという規格でも価格が変わります。

STBは安いもので1万円程度で購入できますが、ネットワーク接続が可能か、縦置き可能かなど、機能・性能によって価格帯はまちまちです。高性能なものでは10万円を超えるものもあります。

CMSの利用料は、1端末あたり月額4,000円~10,000円程度が目安です。機能や扱えるデータの量によって変動していきます。

機器とは別に、ディスプレイに掲出するコンテンツを外部で作成してもらう場合には、その作成費用も発生します。

また、デジタルサイネージは電化製品ですので電気代もかかります。店舗の場合で営業時間内にずっとコンテンツを掲出する場合で、一般的なディスプレイの明るさである300~350カンデラでの利用と仮定すると、1日15時間の使用で日ごとに600~700円ほどの電気代となります。

上述の費用は購入の場合ですが、数日間のイベントなど、比較的短い期間での利用の場合には、全てパックになっているレンタルを利用することもできます。

また、デジタルサイネージをいつまで使用するか決まっていない、もしかすると不要になる可能性があるという場合にもレンタル・リースを利用する方が良いと考えられます。

レンタル・リースの場合、ディスプレイ、STBやCMSの利用料や保守費用などを月額で支払います。

一方で、長期でデジタルサイネージを利用する場合には、製品を購入したほうがトータルのコストが安く済む場合もあります。

機器の種類によってかなり金額に幅が出るのでそれぞれの用途にあった機器を選び、見積もりをだすなど最適な利用方法の値段を確認する必要があります。

デジタルサイネージのメリット・デメリット

デジタルサイネージの値段を見てきましたが、使用にかかる金額は少なくはありません。こうした少なくない金銭的負担があってもなお、デジタルサイネージを利用するメリットはあります。

メリット、そしてデメリットを見ていきます。

メリット1:紙媒体よりも丈夫で多機能

デジタルサイネージは紙媒体より明るく鮮明なため、暗いところや遠くからでも広告を確認でき、目に留まりやすいです。

これはポスターなどの従来の形式では実現できない特徴です。視覚情報により、周辺の競合店舗に差をつけられます。

デジタルサイネージは夜中でも目を引くので、夜間営業をしているガソリンスタンドや飲食店等の店舗の看板にも向いています。

また、従来の広告媒体である紙や建材の場合は時間が経つと劣化してしまいますが、デジタルサイネージのディスプレイは長期間劣化しないのでいつでも鮮明なコンテンツで訴求を図れます。動画も放映できるので、デジタルサイネージは従来の広告媒体に比べて情報量が豊富だと言えます。

メリット2:最新の情報を掲出できる

デジタルサイネージでは、情報の更新が簡単です。ディスプレーに表示させる内容を変更したい場合は、スタンドアロン型であればUSBでデータの差し替え、ネットワーク型であればパソコンでデータを転送します。

天候など事前に把握しづらい緊急のお知らせが必要な場合や、頻繁に情報更新が必要な業種にとって、デジタルサイネージは非常に利用価値が高いと言えるでしょう。

メリット3:TPOに応じたディスプレイの切り替えが簡単

デジタルサイネージは、設定したスケジュールで複数のコンテンツを掲出できます。

時間や場所、状況に応じて、画像や動画コンテンツを利用したメッセージや情報伝達が可能です。

例えば、飲食店で昼の時間帯はランチメニュー、夕方からの時間帯にはお酒など含めたディナーメニューを掲出する、というケースが考えられます。

また訴求したい商材を時間ごと、日ごとに切り替えたい際にも、もちろんディスプレイそのものを取り換える必要はなく、必要なのはコンテンツの差し替え作業だけです。

デメリット:ある程度コストがかかる

上述の通り、購入、レンタルに関わらず費用が発生し、またポスター1枚と比べれば、必然的にそのコストは高くなる点がデメリットとして考えられます。

利用目的によっては、壁掛けの設置費用などでさらに費用がかかってしまいます。そのため、導入の際はレンタルも視野に入れつつ、見積もりを出してもらってから検討するべきでしょう。

サイネージの活用方法・導入事例

メリットもある一方でデメリットもあることを紹介した、デジタルサイネージですが、すでに様々なところで活用されています。どのように活用されているのか紹介します。

活用方法例1:飲食店で、メニューボードやポスターをデジタルサイネージに

はじめに飲食店の例です。ある飲食店では、メニューボードと店内の壁面のポスターをサイネージに変更しました。

おすすめメニューや新作メニューなど、その時期にPRしたい商品を紹介でき、来店客に対するプロモーション効果の向上を図れました。

また、ポスターの張り替えの手間や、当日のおすすめメニューなどメニュー表の作り替えにかかるコスト、印刷コストの削減にもつながりました。

加えて、店頭に設置されたディスプレーではプロモーション動画やスライドショーを流しました。店内風景、料理、シェフ・オーナーのこだわりなどを通りかかった人に効率的に伝えられ、見込み顧客の醸成にも成功しています。

目に留まりやすく、効果的に情報を伝えられるデジタルサイネージの特徴を十二分に生かした導入例と言えるでしょう。

活用方法例2:宿泊施設で、館内地図やイベントなどの情報を1つのディスプレイで発信

次に宿泊施設での例を紹介します。

ここでは宿泊の情報だけでなく、ウェディングや各種宴会、会議、イベントなど多岐にわたる情報をデジタルサイネージで発信しています。

1台で複数のコンテンツを表示可能なため、ロビーなど人の多く集まる場所に1台設置するだけで、館内地図、イベント情報、天気予報など様々な情報を宿泊者に提供できます。

ディスプレーに映し出される観光地の写真など、情報をより魅力的に届けられるので、観光案内を通じた集客効果も期待できます。

印刷の手間なく、コンテンツの制作費用だけで多言語展開も可能で、外国人観光客にも正確に効率的に情報を伝えられることも大きなメリットとなっています。

活用方法例3:ウィンドウビジョンで注目度アップした「めいくFUZIYA」(導入事例)

化粧品専門店の「めいくFUZIYA」では、店舗ガラス窓面にポスタータイプの「ウィンドウビジョン(透過型LEDビジョン)」を設置しました。

めいくFUZIYA「ウィンドウビジョン(透過型LEDビジョン)」
めいくFUZIYA「ウィンドウビジョン(透過型LEDビジョン)」

これは2.6×5.9ミリピッチ、画面サイズ:横812×1133mm、キャビネットサイズ:829×1293mmのものです。

めいくFUZIYA「ウィンドウビジョン(透過型LEDビジョン)」
めいくFUZIYA「ウィンドウビジョン(透過型LEDビジョン)」

めいくFUZIYAでは、「ウィンドウビジョン」を設置し、お店の看板として、そしてプロモーション実施の際の媒体として活用しています。

人通りの多い1階路面店で通行人の視線が集まりやすい立地なので、ウィンドウビジョンは情報拡散と集客アップに貢献すると見られています。

透過型LEDビジョンは、美しい映像を再生できるのが特徴です。ブランドが狙うとおりのイメージを正確に映し出すせるので、美容業界への導入が急速に進んでいます。

LEDが表現できる映像的美しさと備える先進的なイメージは、美容業界の目指す美しさや日々進化し続けるという理念との親和性が非常に高いと考えられ、今後も導入事例が増えると考えられます。

事例詳細はこちらから

デジタルサイネージの今後の可能性は?

現時点のデジタルサイネージの市場規模は約1,487億円です。実際の活用方法からもわかるように、デジタルサイネージは費用がそれなりにかかるものの、その宣伝効果は高く、今後ますます導入事例は増加していくと考えられます。

すでに、様々な組織が有効な情報伝達手段として注目しています。大型店舗や交通機関での案内&相談のためのツールとして、店内の情報や商品の価格を表示するためのツールとして、また学校や病院、企業内の連絡ツールといった場でも活用されます。街の空間アートとして景観を向上させる工夫も見られ、公共空間で緊急情報を流すなどといった公的な利用も進んでいます。

2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催されるため、多くの訪日外国人や、日本人が都市部に集中すると考えられます。

インフラの整備はもちろん重要ですが、旅行者に必要な情報を正確にそして迅速に提供することも同様に重要です。

今後は、ディスプレイのスペック向上や電力コスト削減が実現することで、導入へのハードルが下がり、中小企業における活用も増えていくと考えられます。

デジタルサイネージにおけるスマートフォン連携も徐々に開始されており、ディスプレイに近寄ることで、お得なクーポンや最新情報が配信されるというような、ユーザーへの新しいアプローチ方法も生まれてきています。

デジタルサイネージを使った新しいコミュニケーション方法は、今後注目の分野と言えるでしょう。

LEDビジョンの購入・設置
レンタルのことならお任せください

メールフォームでのお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日10時〜19時