• LED TOKYO > ニュース > イベントにおける映像制作の種類と具体的な動画事例、放映手段を紹介!
イベントにおける映像制作の種類と具体的な動画事例、放映手段を紹介!

イベントにおける映像制作の種類と具体的な動画事例、放映手段を紹介!

公開日:2023.06.07
更新日:2023.06.13
映像制作

イベントを盛り上げるために映像制作を行いたいけれど、どのようなムービーを用意すればよいのか、悩んでいる方もいるでしょう。まずはイベントに必要な映像制作の種類から把握しておくことが大切です。今回は、イベントにおける映像制作の種類や実際に放映された動画の事例をご紹介します。放映手段にも触れているので、イベントに向けて映像制作をするときの参考にしてみてください。

イベントにおける映像制作の種類

イベントにおける映像制作の種類は主に、オープニングムービーとエンディングムービーに分けられます。

オープニングムービー

オープニングムービーとは、イベントの冒頭に流す映像です。イベントに対する参加者の期待感を高める効果を発揮します。

期待感を高めるために本編の内容を適度に露出させ、イベントの全体像が気になる内容に映像制作するのがポイントです。

動画時間を長くすると視聴者が飽きてしまうので、尺を長くしすぎないように注意する必要もあります。

エンディングムービー

エンディングムービーとは、イベントの閉会時に流す映像です。

イベント当日に撮影した動画を用いて、エンディングまでに映像制作する手法があります。結婚式で当日に参加した方を映した動画を流すのが良い例でしょう。

イベントの内容を思い出に残し、参加者の充実感を高める効果を発揮します。

動画内で、参加者全員の名前をクレジットとして表記すれば、イベントをみなで作り上げた一体感も演出できるでしょう。

イベントに関する映像制作の事例

ここまでイベントで使われるオープニングムービーとエンディングムービーについて解説しました。実際にどのようなオープニングムービーとエンディングムービーがあるのか、気になった方もいるでしょう。具体的な映像制作の事例についてご紹介します。

BIT VALLEY 2019 オープニングムービー

渋谷ヒカリエでエンジニア・クリエイター向けに開催された「BIT VALLEY 2019」というイベントでは、オープニングムービーが用意されました。カウントダウンの演出によって視聴者の気持ちを高めています。

「テクノロジーとクリエイティビティが交差する世界」というテーマを掲げ、詳細を説明するテキストは省かれているのが特徴です。

映像には、テクノロジーとクリエイティビティを想起させるさまざまな最先端技術が映し出されており、イベントに対する興味を引き出しています。

参考:BIT VALLEY 2019 イベントオープニングムービー(BIT VALLEY)

Underground Festa エンディングムービー

2018年6月、オンラインゲーム「フィギュアヘッズ」のサービス終了にともない、最後のオフラインイベント「Underground Festa」が開催されました。

Underground Festaのエンディングムービーでは、プランナーの「最後まで遊んで頂きありがとうございました。これからも期待に応えられるゲームを作っていきたいです。」というメッセージから放映されました。

その後、デザイナーやプログラマー、サウンドディレクターなどのメッセージも放映され、2018年1月以降にログインしたユーザー名も公開されました。スタッフとユーザーの絆を深める重要な演出だといえるでしょう。

参考:Underground Festa エンディングムービー(フィギュアヘッズ)

イベントで映像制作した動画を放映する方法

イベントでは、会場の規模によって動画を放映する方法を決める必要があります。

代表的なのがデジタルサイネージを用いた放映方法です。デジタルサイネージとは、宣伝や広告などに使われるディスプレイ機器であり、イベント会場での動画放映にもよく利用されます。

デジタルサイネージが役立つ理由としてレンタルできる点が挙げられます。短期的なイベントやライブなどでも一時的に導入できるため、コストの負担を軽減しやすいです。

中には、イベント開催前日の問い合わせに対応しているデジタルサイネージ会社もあります。すぐにでも放映準備をしたいケースに重宝するでしょう。

また、デジタルサイネージは防水耐性や防塵耐性に優れた屋外用の製品が存在しており、野外イベントで動画を放映することも可能です。

実際に映像制作した動画を屋外用デジタルサイネージで放映した野外イベントの事例もたくさんあります。具体的な事例は下記のページに掲載しているので、ぜひチェックしてみてください。

参考:株式会社ジョイパック / スポーツフェスティバル

映像制作をともなうイベントの開催に悩んだらLED TOKYOに相談

今回はイベントにおける映像制作の種類と実際に放映された動画についてご紹介しました。

イベントで使われる動画は主に、イベント参加者の期待感を高める「オープニングムービー」と、イベント参加者の思い出を深める「エンディングムービー」などがあります。いずれの動画もイベントを充実させるために欠かせない映像制作の種類です。

なお、映像制作した動画をイベントで放映する手段としては、デジタルサイネージを検討できます。

LED TOKYOでは、デジタルサイネージの提供から映像制作まで対応しています。映像制作をともなうイベントの開催に悩んだときは、ぜひLED TOKYOまでご相談ください。

 

 

ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ