• LED TOKYO > ニュース > 展示会はマナー良く!好印象を与える接客ポイントを解説
展示会はマナー良く!好印象を与える接客ポイントを解説

展示会はマナー良く!好印象を与える接客ポイントを解説

公開日:2023.07.25
更新日:2023.08.01
展示会

展示会は、自社の商品やサービスを、多くの来場者にアピールできる絶好のチャンスです。チャンスを最大限に活かすためには、ブースデザインにこだわったり、呼び込みチラシやノベルティグッズを配布したり、さまざまな手段を使って集客に力を入れます。

しかし、忘れてはいけないのがスタッフのマナーです。いくら集客に成功しても、スタッフのマナーや雰囲気が悪かったら、来場者は早々にブースを去ってしまうことでしょう。

本記事では、展示会におけるマナーの良い接客ポイントについて解説します。来場者に好印象を与えたい方は、ぜひご覧になってみてください。

展示会におけるマナーの良い接客ポイント

展示会におけるマナーについて、以下の項目にわけて解説します。

  1. 身だしなみ
  2. 挨拶や言葉遣い
  3. 名刺交換
  4. 待機
  5. 説明やヒアリング
  6. イベント

好印象を与えるポイントをおさえた接客で、ぜひ展示会を成功させてください。

1. 身だしなみ

清潔感のある身だしなみは、マナーの基本中の基本です。ここが崩れていたら、ほかがいくら良くても総崩れしてしまうと肝に銘じましょう。

服装は、派手でないスーツやビジネスカジュアルが無難です。企業によっては作業ユニフォームを着用することもありますが、汚れが目立つものは避けましょう。髪型や爪の汚れなども、清潔感を大きく左右するため注意が必要です。

また、見た目だけでなく、ニオイにも気をつけましょう。口臭やタバコなどの悪臭はもちろん、香水や柔軟剤などの良い香りも、強すぎると不快に感じられることがあります。

2. 挨拶や言葉遣い

挨拶は明るい笑顔で、歓迎ムードが伝わるようにしましょう。もちろん言葉遣いは重要ですが、それ以上に表情や所作による雰囲気が大切です。とくに接客に慣れていないスタッフは、少しだけテンションを上げることを意識すると良いでしょう。

言葉遣いは丁寧さを心がけて、早口にならないように注意します。また、ほかのスタッフへの言葉遣いなども見られているものなので、来場者のいる前で不適切な発言をしたり、叱責したりしないように気をつけましょう。

3. 名刺交換

名刺交換はビジネスマナーの基本となるため、日常業務で名刺交換をしないスタッフは、事前に練習しておくと良いでしょう。

名刺交換のポイントは、以下の通りです。

  • 自分から先に差し出す
  • 名刺は両手で取り扱う
  • 持って良いのは余白部分のみ
  • 受け取る際は「頂戴いたします」の言葉を添える
  • 相手の名刺は先にしまわない

ほかにも細かいルールはありますが、共通する重要な考え方は、名刺は相手の分身と考え、失礼のないように丁重に取り扱うことです。

また、展示会での名刺切れは、せっかくのビジネスチャンスを不意にしてしまう致命的なミスになりかねません。必ずストックを多めに準備しておきましょう。

4. 待機

来場者と接していない待機時のマナーも重要です。パソコンやスマホに没頭したり、ほかのスタッフと話し込んだりしないように注意しましょう。

ブース前に通行人がいるならば、笑顔でアイコンタクトを取ったり、チラシを手に呼び込みをしたりします。ブース内に来場者がいるならば、いつでも質問や相談に対応できるように気を配ります。

展示会開催中は、いつでも来場者に見られているという意識が大切です。ただし、あまり身構えすぎると、来場者にプレッシャーを与えてしまうため注意しましょう。

5. 説明やヒアリング

来場者に商品やサービスの説明をしたり、ヒアリングをしたりする際は、時間をかけすぎないようにしましょう。来場者は、ほかのブースも見て回る必要があるため、基本的に時間がありません。

話が弾んで滞在時間が伸びるのはかまいませんが、長々とした説明やヒアリングで時間を取らせてしまうのはマナー違反で、印象が悪くなります。

端的にわかりやすい説明やヒアリングができるように心がけましょう。

6. イベント

セミナーやワークショップ、デモンストレーションなどのイベントを開催する際は、時間厳守が大切なマナーです。来場者は、忙しいなか時間を調整して来ているため、時間通りに始まらないと信頼を失います。

また、イベントは音量にも注意が必要です。ほかのブースや通行人の迷惑にならないようにしましょう。展示会によって騒音レベルが規定されています。

まとめ

展示会におけるマナーの良い接客ポイントについて解説しました。

もっとも重要なのは、清潔感のある身だしなみです。さらに明るい挨拶や、丁寧な言葉遣いができると良いでしょう。

また、名刺交換や待機時の所作、無駄な時間を取らせない説明やヒアリング、イベントなども大切なポイントです。

なお、LED TOKYOでは、展示会で効果的な空間演出ができるデジタルサイネージの販売およびレンタルを提供しております。

経験豊富なスタッフがサポートするため、はじめての方でも安心してご利用いただけます。デジタルサイネージの活用をご検討の方は、ぜひお気軽にご相談ください。

Summary
展示会はマナー良く!好印象を与える接客ポイントを解説
Article Name
展示会はマナー良く!好印象を与える接客ポイントを解説
Description
本記事では、展示会におけるマナーの良い接客ポイントについて解説します。来場者に好印象を与えたい方は、ぜひご覧になってみてください。
Author
Publisher Name
LED TOKYO
ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ