• LED TOKYO > ニュース > 展示会を成功に導くデジタルサイネージ!その活用メリットを解説
展示会を成功に導くデジタルサイネージ!その活用メリットを解説

展示会を成功に導くデジタルサイネージ!その活用メリットを解説

公開日:2023.04.04
更新日:2023.04.10
展示会

展示会は、自社の新製品や新サービスを来場者にアピールする絶好のチャンスです。ほかのブースよりも目立って、来場者に足を止めてもらわなければなりません。

そこでおすすめしたいのが、デジタルサイネージです。従来の看板やパネル、ポスターより効果的に来場者へのアピールが可能です。

本記事では、展示会を成功に導くために有効なデジタルサイネージについて、その活用メリットを解説します。ぜひご参考にしてみてください。

展示会でデジタルサイネージを活用するメリット

デジタルサイネージ(Digital Signage)とは、ディスプレイやプロジェクターなどのデジタル表示機器を用いて情報を伝達するシステムです。電子看板とも呼ばれます。

展示会でデジタルサイネージを活用するメリットを6点ご紹介します。

  1. 視認性が高いため注目されやすい
  2. 映像と音による効果的なプロモーション
  3. フレキシブルでタイムリーな情報伝達
  4. 来場者とのコミュニケーション機会を増やす
  5. データを収集・分析してマーケティングなどに活用
  6. 省スペースで環境にもやさしい

1. 視認性が高いため注目されやすい

デジタルサイネージは、大型ディスプレイによる迫力のある映像や、LEDによる非常に明るい映像を来場者にお届けできます。

展示会での集客は、事前の集客活動もさることながら、会場で目立つことが重要です。

大きくて明るい映像は遠くからでも視認性が高いため、来場者に注目されやすく効果的な集客が期待できます。

2. 映像と音による効果的なプロモーション

デジタルサイネージで新製品や新サービスのプロモーション映像を流せば、一度に多くの来場者へアピールできます。

展示会はたくさんのブースが立ち並んでいるため、情報が伝わってこないブースは足を止めてもらえません。

デジタルサイネージは映像と音による情報伝達力に優れているため、効果的なプロモーションが可能です。

3. フレキシブルでタイムリーな情報伝達

デジタルサイネージは、表示情報の更新や変更が容易なため、フレキシブルでタイムリーな情報伝達ができます。

たとえば、イベントの最新スケジュールなどを表示することによって、来場者に参加を呼びかけたり、進行状況をわかりやすく伝えたりすることが可能です。

また、SNSを連携させて来場者の声や反応をリアルタイムで共有することにより、口コミによる盛り上がりも演出できます。

4. 来場者とのコミュニケーション機会を増やす

タッチパネル式のデジタルサイネージを活用すれば、来場者とのコミュニケーション機会を増やせます。

展示会は、来場者とスタッフが直接コミュニケーションを取って交流できるのが醍醐味です。しかし、来場者のなかには製品やサービスに興味はあるけれども、スタッフに話しかけられるのは面倒だと感じる方も多くいます。

タッチパネル式のデジタルサイネージを活用すれば、来場者はひとりで自由に情報収集したり、心ゆくまでサービスを体験できたりします。来場者が主体的に製品やサービスの良さを理解すれば、営業をかけずとも新規顧客になる可能性は高まるでしょう。

また、英語や中国語など多言語に切り替えられるようにしておけば、海外からの来場者とのコミュニケーション機会も増やせます。

5. データを収集・分析してマーケティングなどに活用

タッチパネル式のデジタルサイネージは、来場者の操作ログを取得できます。データを収集・分析することにより、来場者の興味や関心、ニーズがわかります。展示会後のフォローアップやマーケティングのほか、製品やサービスの開発・改善にも活用可能です。

6. 省スペースで環境にもやさしい

デジタルサイネージは情報を集約できるため、限られた展示スペースでも情報を効率的に伝達できます。これまで看板やパネル、ポスターなどで埋め尽くされていたスペースも有効活用が可能です。

また、看板やパネル、ポスターなどは展示会が終われば大量に廃棄処分されていました。デジタルサイネージは繰り返し使用できるため、環境にもやさしいです。

まとめ

展示会を成功に導くために有効なデジタルサイネージについて、その活用メリットを解説しました。従来の看板やパネル、ポスターなどと比較して、多くの利点があります。

LEDの大型ディスプレイは非常に明るいため、遠くからでも視認性が高く集客に効果的です。映像と音による効果的なプロモーションができます。情報の更新や変更が容易なため、フレキシブルでタイムリーな情報伝達も可能です。

タッチパネル式のデジタルサイネージを活用すれば、来場者とのコミュニケーション機会を増やせます。操作ログのデータを収集・分析すれば、マーケティングなどにも役立てることが可能です。

デジタルサイネージは情報を集約できるため、展示スペースを有効活用できます。看板やパネル、ポスターなどとは違い、繰り返し使用できるため環境にもやさしいです。

LED TOKYOでは、デジタルサイネージの販売およびレンタルを提供しております。経験豊富なスタッフがサポートするため、はじめての方でも安心してご利用いただけます。デジタルサイネージのご活用をご検討の方は、ぜひお気軽にご相談ください。

ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ