• LED TOKYO > ニュース > LEDビジョンカーの効果とは?メリット・活用事例・制作会社なども徹底解説!
LEDビジョンカーの効果とは?メリット・活用事例・制作会社なども徹底解説!

LEDビジョンカーの効果とは?メリット・活用事例・制作会社なども徹底解説!

公開日:2023.09.22
更新日:2023.09.22
LEDビジョン

LEDビジョンカーは、現代の広告とプロモーションに革命をもたらすツールの一つとなっています。この記事では、LEDビジョンカーの効果、メリット、デメリット、規制、運用会社、そして事例まで、幅広い視点からその魅力と利用方法を解説します。LEDビジョンカーがどのようにイベント、広告、政治キャンペーン、商品プロモーションに活用され、成功を収めているのか、その実例も紹介します。未来の広告として注目されるLEDビジョンカーの可能性に迫りましょう。

目次

LEDビジョンカーの効果

現代のメディアと広告業界において、LEDビジョンカーはその驚異的な効果によって注目を浴びています。この媒体は、多くの面でその効果を発揮し、以下ではその主要な側面に焦点を当ててみましょう。

インパクトの強さ

LEDビジョンカーは、巨大な画面と鮮やかな色彩を駆使して、街頭やイベント会場で驚くほどのインパクトを生み出します。広告や情報をこれほど大きなスクリーンで表示することで、通行人や観客に対して強烈な印象を刻み込み、ブランドメッセージが視覚的に際立つようになります。このインパクトの強さは、ブランド認知度を急速に高め、商品やサービスの効果的な宣伝をサポートします。

臨場感

LEDビジョンカーは、イベントやフェスティバルなどの現場において、まるでそこにいるかのような臨場感を提供します。大型スクリーンがリアルタイムで映像や情報を伝えることで、観客や参加者はイベントの一部として深く関与しているかのような感覚を味わえます。これは、コンサート、スポーツイベント、政治集会などで特に有効で、参加者のエンゲージメントを高め、感情的な結びつきを強調します。

映像を含めたイベント演出

LEDビジョンカーは、イベント演出において不可欠なツールとして使用されています。舞台背景やスクリーンとして活用され、映像、テキスト、グラフィックスを組み合わせて魅力的なパフォーマンスやプレゼンテーションを提供します。これにより、観客に情報を伝えるだけでなく、イベント全体の雰囲気や雰囲気を創り出すのに役立ちます。多彩な演出要素を組み合わせることで、観客に忘れられない体験を提供でき、イベントの成功に寄与します。

LEDビジョンカーを利用する流れ

LEDビジョンカーを有効に活用するためには、複数の重要なステップが必要です。以下では、それぞれのステップに詳細な説明を提供します。また、参考URLの情報も参考にしています。

LEDカー説明_webp

画像引用元はこちら

問合せ・見積もり

まず初めに、LEDビジョンカーの利用に興味を持ったクライアントは、サービスプロバイダーに対して問い合わせを行います。この際、利用目的、希望日程、広告コンテンツの内容などについて詳細な情報を提供します。問合せは通常、ウェブフォーム、電話、またはメールを通じて行われます。サービスプロバイダーはこれらの情報をもとに、クライアントに対して見積もりを提供します。このステップでの円滑なコミュニケーションが、プロジェクトの成功に向けた第一歩です。

申し込み

クライアントが提供された見積もりに納得し、LEDビジョンカーの利用を決定すると、次に正式な申し込みが行われます。このプロセスでは、契約条件や利用日程、料金などが詳細に確認され、合意が形成されます。通常、契約書に署名することで、LEDビジョンカーの利用が正式に確定します。クライアントとサービスプロバイダーとの間で明確な合意を築くために、このステップは不可欠です。

広告内容・スケジュール設定

LEDビジョンカーの利用にあたり、広告コンテンツの内容とスケジュールを設定する作業が行われます。クライアントは、表示する広告やメッセージの内容を提供し、LEDスクリーンに表示するタイミングや場所を決定します。これにより、ターゲットオーディエンスに対して適切な情報が提供され、効果的なキャンペーンが実現します。広告の効果を最大化するために、クリエイティブなデザインやメッセージ戦略の策定が行われます。

コンテンツ制作

次に、LEDビジョンカーに表示するコンテンツを制作します。クライアントは、広告デザイナーや映像制作者と協力し、魅力的で効果的なコンテンツを創出します。参考URLの記事によれば、クリエイティブな広告デザインや映像制作が行われ、LEDスクリーンに最適なフォーマットに調整されます。クオリティの高いコンテンツは、視覚的なインパクトを強化し、メッセージの効果を高めます。

走行

最後のステップは、LEDビジョンカーの実際の走行です。設定されたスケジュールに従って、LEDビジョンカーは目標地域やターゲットエリアを巡回し、広告を表示します。クライアントはキャンペーンの進行状況をモニタリングし、必要に応じてスケジュールを調整します。このステップにおいて、広告の効果をリアルタイムで評価し、最適な結果を得るための調整が行われます。

LEDビジョンカーのメリット

LEDビジョンカーは、広告や情報伝達において多くのメリットを提供します。その主要なメリットについて詳しく説明しましょう。
LEDビジョンカーは、現代の広告と情報伝達において多大なメリットをもたらすツールとして注目されています。ここからは、その主要なメリットに焦点を当て、その利点を詳細に探究します。

メリット1:コンテンツの変更が用意

LEDビジョンカーは、コンテンツの変更が迅速かつ容易であることが大きなメリットの一つです。静的な広告と比較して、デジタルスクリーンを使用することで、異なる広告メッセージや情報を瞬時に切り替えることが可能です。季節やイベントに合わせてキャンペーンを調整し、ターゲットオーディエンスにリアルタイムの情報を提供することができます。これにより、広告キャンペーンの柔軟性が向上し、効果的なターゲティングが実現します。

メリット2:視野が広い

LEDビジョンカーのスクリーンは大型で、視野が広いため、多くの人々にアプローチできるという利点があります。通行人や観客、通勤者など、多くの人々がスクリーンを目にする機会があります。そのため、ブランドやメッセージを大規模なオーディエンスに効果的に展示することができます。特に交通量の多い場所やイベント会場での利用において、視野が広いスクリーンは効果を発揮します。

メリット3:設置・撤去の手間がかからない

LEDビジョンカーは、設置と撤去が比較的簡単で迅速に行えるため、キャンペーンの展開がスムーズに行えます。静的な広告看板を設置する場合と比較して、建築許可や大がかりな工事が不要です。これにより、キャンペーンのタイミングや場所を柔軟に調整できます。急なプロモーションやイベントへの対応が容易であり、効果的なタイムリーな広告展開が可能です。

メリット4:外部電源がいらない

LEDビジョンカーは、内蔵の電源を使用するため、外部電源の必要がありません。これは、リモートや非常に遠隔地でのキャンペーン展開において特に有用です。電源供給の制約がないため、選択肢の幅が広がり、広告展示の場所を制限されることなく選ぶことができます。また、エコフレンドリーな選択肢としても注目されています。

LEDカー

LEDビジョンカーのデメリット

LEDビジョンカーを効果的に活用し、宣伝効果を最大化するためには、いくつかのポイントが存在します。この記事では、LEDビジョンカーの宣伝効果を高めるためのポイントについて詳細に説明します。広告において成功を収めるためには、地域の選定から時間帯の最適化、ターゲットオーディエンスの動機づけまで、慎重な計画と戦略が求められます。以下でそれぞれのポイントを解説し、LEDビジョンカーを活用する際の成功の鍵を明らかにします。

デメリット1:視界を遮られて見えない角度がある

LEDビジョンカーの大型スクリーンは、一部の場合において視界を遮る可能性があります。特に交差点や信号待ちの際に、ドライバーや歩行者の視界を妨げることがあるため、交通安全上の懸念が存在します。また、スクリーンが明るく光り輝いている場合、夜間に近くでLEDビジョンカーを見ることが難しいこともあります。

デメリット2:街の風紀を乱す可能性がある

LEDビジョンカーが多くの情報や広告を表示することは、一部の人々から街の風紀を乱す要因と受け取られることがあります。特に密集した都市部や歴史的な街並みにおいて、LEDビジョンカーが視覚的な騒音を引き起こすとの懸念が指摘されています。このため、規制や制約が設けられることがあるほか、コンテンツの選択に慎重さが求められます。

デメリット3:速度を上げて移動すると見てもらえない

LEDビジョンカーの効果的な広告展示には、適切な速度で移動することが不可欠です。速度を上げすぎると、通行人や車から広告を見る機会が制限されるため、キャンペーンの効果が低下する可能性があります。特に高速道路などでの運用時には、広告が見られないという問題が生じることがあります。

LEDビジョンカーの宣伝効果を高めるポイント

LEDビジョンカーは効果的な宣伝手段であり、その宣伝効果を最大化するためにはいくつかの重要なポイントが存在します。以下では、LEDビジョンカーの宣伝効果を高めるためのポイントを詳細に説明します。

ポイント1:広告に適した地域を選択する

LEDビジョンカーを利用する際には、広告に適した地域を選択することが重要です。ターゲットオーディエンスが集中する場所や、競合他社の存在が少ない地域を選ぶことで、メッセージがより多くの人々に届きやすくなります。また、特定の地域における需要や関心に合致する広告を展示することで、ターゲットの心を捉えることができます。地域の選定はキャンペーンの成功に直結し、慎重な検討が必要です。

ポイント2:広告に適した時間帯を選択する

LEDビジョンカーの宣伝効果を高めるためには、広告に適した時間帯を選択することが不可欠です。ターゲットオーディエンスの生活リズムや行動パターンを考慮し、広告を表示する最適な時間帯を特定します。たとえば、通勤時間帯やショッピングシーズン中に広告を展示することで、効果的なリーチが可能となります。また、特別なイベントや季節に合わせたタイミングでキャンペーンを展開することも、宣伝効果を高める手法の一つです。

ポイント3:ターゲットを即行動させる仕掛け作り

LEDビジョンカーの宣伝活動において、ターゲットオーディエンスを即座に行動に移すように誘導する仕掛けを用意することが重要です。例えば、特別な割引コードやQRコードを表示し、それをスキャンしたり特定のアクションを起こすことで、ターゲットの参加や購買を促進できます。また、SNSキャンペーンやリアルタイムのイベント情報提供など、ターゲットの関与を高める仕掛けを用意することで、宣伝効果を向上させることが可能です。アクションを奨励するコールトゥアクション(CTA)をうまく組み込むことがポイントです。

LEDビジョンカーに関わる規制

LEDビジョンカーの運用には、法律や規制を遵守することが不可欠です。以下では、LEDビジョンカーに関連する主要な規制について詳細に説明します。ただし、法令は国や地域により異なるため、地元の法律を確認し、遵守することが重要です。

1:屋外広告物条例施行規則

屋外広告物条例施行規則は、広告物の表示に関する規定を含む法律です。LEDビジョンカーの運用においては、以下の点に留意する必要があります。

表示内容と配置

広告コンテンツの内容や配置に関する基準が存在し、公共の秩序や風紀を乱さないようにするための指針が含まれています。

点灯時間

LEDビジョンカーのスクリーンの点灯時間について、規制が設けられている場合があります。夜間や特定の時間帯にスクリーンを点灯させないように制限されることがあります。

表示内容の制約

政治的または宗教的なメッセージ、淫らなコンテンツ、虚偽の広告など、特定のコンテンツに対する制約があることがあります。

2:景観法・景観条例

景観法や景観条例は、風景や景観の保護を目的とした法律です。LEDビジョンカーが公共空間で運用される場合、景観への影響を検討する必要があります。
景観法や景観条例では、建物や広告物の外観、色彩、デザインに関する規制が設けられています。これに従う必要があります。

「景観条例」「屋外広告物法」とは?LEDビジョンを取り付ける際の注意点

3:道路交通法

LEDビジョンカーは道路を走行するため、道路交通法に関する規定を遵守する必要があります。

速度制限と安全運転

運転者は速度制限や安全運転に関する法令を守るべきです。違反行為は罰則を伴うことがあります。

灯火装置と信号装置

道路交通法には、車両の灯火装置や信号装置に関する法令も含まれており、これらを遵守する必要があります。

4:拡声器暴走音規制条例

LEDビジョンカーが音声広告を行う場合、拡声器暴走音規制条例が適用されることがあります。特に夜間や住宅地域では音量制限が厳格であり、騒音に対する制約を設けています。音量を調整する必要があります。

5:道路通行許可申請

一部の地域では、LEDビジョンカーが道路を走行するためには道路通行許可が必要です。通行許可に関する申請方法や条件は地元の交通局や市町村により異なりますが、以下のステップが一般的です。

申請書の提出

通行許可を取得するために、地元の交通局に申請書を提出する必要があります。申請書には車両の詳細や運用計画が含まれることがあります。

料金の支払い

通行許可には料金がかかることがあります。料金の支払いが必要な場合、これを行う必要があります。

6:広告宣伝車自主審査基準

広告宣伝車自主審査基準は、一部の業界団体が設けている基準で、広告宣伝車の信頼性と品質向上を図るための取り組みです。これに従うことで、業界内での信頼性が向上し、プロフェッショナルな運用が実現します。

LEDビジョンカーの走行エリア

LEDビジョンカーは、日本国内で広告キャンペーンを展開する際に、各地域の特性やニーズに合わせて戦略的な広告メッセージを提供しています。以下では、各地域の代表的な走行エリアと、その地域でのLEDビジョンカー広告の特徴について詳細に説明します。

関東エリア

関東エリアは、日本国内で最も人口密度が高く、商業施設やオフィスビルが集中する地域の一つです。このエリアには、東京都心(新宿、渋谷、銀座など)、横浜市、千葉市、埼玉市などが含まれます。LEDビジョンカーは繁華街やショッピングモール前、主要道路で頻繁に走行し、以下の特徴的な広告が見受けられます。

関東エリアでは、新製品のプロモーションが盛んで、特にショッピング地域での新商品の広告が多く見受けられます。これは、多くの消費者が集まる場所で商品を紹介することで、効果的な販売促進が図られます。また、東京都心では多くのイベントが開催されるため、イベント告知やチケット販売の広告が目立ちます。さらに、飲食業界も盛んで、新しいレストランやカフェのプロモーションが頻繁に行われ、多様な料理が提供されます。

東海エリア

東海エリアは、愛知県を中心とする地域で、名古屋市を含みます。このエリアは工業地帯であり、自動車産業や製造業が盛んです。LEDビジョンカーは以下の広告特徴があります。

自動車メーカーや自動車部品メーカーの広告が多く、新型車の発表や試乗会の告知が目立ちます。名古屋市周辺では、自動車産業が栄えており、地域経済に大きな影響を与えています。工業製品や機械のプロモーションも行われ、B2B(企業間取引)向けの広告も多いです。また、地域のイベント告知も頻繁で、地域密着型の広告として活用されます。

関西エリア

関西エリアには、大阪市、京都市、神戸市、奈良市、和歌山市などが含まれます。このエリアは観光地や歴史的な名所が多く存在し、観光客や地元住民が訪れます。LEDビジョンカー広告は以下の特徴があります。

観光案内が多く、名所旧跡や観光スポットへのアクセス情報や特典を提供する広告が多いです。特に、京都市では多くの寺院や神社があり、観光客向けに宗教文化や歴史に関する情報が伝えられます。また、飲食業界の宣伝も多く、レストランや飲食店のプロモーションが頻繁に行われ、地域の多様な料理が楽しめます。関西エリアでは多くの地域イベントが開催されるため、これらの告知がLEDビジョンカーを通じて行われ、地域コミュニティに貢献します。

LEDビジョンカーの事例紹介

LEDビジョンカーは、様々な広告キャンペーンやイベントで活用され、成功を収めています。以下では、実際のLEDビジョンカー事例を3つ紹介します。

アドトラック / 屋外用LEDビジョン

事例1:イベント告知

大規模な音楽フェスティバルの告知キャンペーンにLEDビジョンカーが活用されました。フェスティバルの主催者は、開催日から数週間前にLEDビジョンカーを使って告知を行いました。具体的なステップと結果は以下の通りです。

このキャンペーンの計画段階では、主催者は音楽フェスティバルの主要情報をビジョンカーのディスプレイ用に準備しました。これには、フェスティバルの日程、出演アーティストのラインナップ、チケット情報、会場のアクセス方法などが含まれました。

ビジョンカーは主要な繁華街やショッピングモール前、駅周辺などの人々が多く集まる場所を巡回し、フェスティバルの告知コンテンツを大画面ディスプレイで表示しました。これにより、多くの通行人やショッピング客がイベントの存在を知り、関心を持ちました。

また、このキャンペーンでは、ビジョンカーが通行する地域でのライブストリーミングを行い、ソーシャルメディアで共有する戦略も採用されました。これにより、オンラインコミュニティでも広告が拡散し、イベントに参加する人々が増加しました。

その結果、音楽フェスティバルへのチケット売上が前年比で大幅に増加し、イベントの成功につながりました。ビジョンカーの移動性と大画面ディスプレイを活用した広告キャンペーンは、効果的な広告展開の一例です。

事例2:政治活動

この事例では、地方選挙での政治家のキャンペーンにLEDビジョンカーが利用されました。特定の市区町村での市長選挙に出馬する候補者が、市民に向けたメッセージを伝えるためにビジョンカーを活用しました。以下は具体的なステップと結果です。

キャンペーンの計画段階では、候補者はビジョンカーのディスプレイに自己紹介、政策アピール、主要政策ポイントなどを表示するためのコンテンツを準備しました。

LEDビジョンカーは、選挙区内の主要な地域を巡回し、候補者のメッセージを地域住民に向けて展示しました。また、ビジョンカーが停車した際には、市民との対話や質問応答の機会を設け、直接的なコミュニケーションを図りました。

このキャンペーンの結果、市民への政策アピールが強化され、候補者の支持率が上昇しました。地域住民との対話が深まり、選挙戦での信頼感が高まりました。LEDビジョンカーが市内を走行する様子は報道され、選挙活動の注目度が増加しました。この事例は、ビジョンカーを政治キャンペーンで活用する成功例の一つです。

事例3:商品プロモーション

有名アパレルブランドは、新しいファッションコレクションのプロモーションにLEDビジョンカーを活用しました。以下は具体的なステップと結果です。

このプロモーションのために、ブランドは新コレクションのビジュアル、商品ラインナップ、価格情報などをLEDビジョンカーのディスプレイに表示するためのコンテンツを用意しました。

ビジョンカーは主要なショッピング街や商業施設を巡回し、新コレクションの魅力をアピールしました。特に、ビジョンカーの大画面ディスプレイは、派手なビジュアルや商品のディテールを効果的に伝えるのに役立ちました。

さらに、ブランドはビジョンカーの外観や展示コンテンツを積極的にSNSで宣伝し、フォロワーとの対話を促しました。これにより、新コレクションの知名度が急上昇し、売上が増加しました。また、ビジョンカーが通行するエリアに多くの来店者が集まり、ブランドの店舗での売り上げが増大しました。この事例は、商品プロモーションにおけるLEDビジョンカーの有効な活用事例です。

LEDビジョンカーの主な運用会社

LEDビジョンカーを運用する主要な会社と、それぞれの業態やPRポイントについて説明します。

LED TOKYO

LED TOKYOは、東京を拠点とするLEDビジョンカーの運用会社です。この会社は、広告業界向けにLEDビジョンカーを提供し、広告代理店やブランド企業と連携して広告キャンペーンを展開しています。また、イベント出店やキャンペーンイベントのサポートも行っています。

PRポイントとして、高品質なLEDディスプレイを使用し、鮮明で魅力的な広告表示を実現しています。また、ターゲットオーディエンスに合わせた広告戦略を提供し、広告のターゲティングに特化しています。さらに、LED TOKYOのビジョンカーは、東京都心や主要エリアを巡回し、多くの人々に広告メッセージを届けるための移動性と柔軟性を提供しています。

LED TOKYOの公式HPはこちら

live well

live wellは、多様なプロモーションキャンペーンやイベントに特化した企業です。この会社は、LEDビジョンカーを含むさまざまな広告メディアを提供し、クライアントのプロモーションや広告キャンペーンを支援しています。具体的なサービスとして、イベントプロモーション、ストリートマーケティング、広告媒体提供などを提供しています。

PRポイントとして、live wellは総合的なプロモーションソリューションを提供し、広告キャンペーン全体にわたる戦略立案から実行までをサポートしています。また、多様なクライアントとのコラボレーションを通じて、様々な業界でのキャンペーン実績が豊富です。最新のテクノロジーを導入し、広告キャンペーンの効果を最大化するためのツールと戦略を提供しています。

live wellの公式HPはこちら

アドロケッツ

アドロケッツは、デジタル広告専門の会社で、LEDビジョンカーを通じて広告キャンペーンを展開しています。この会社は、デジタルサイネージやLEDビジョンカーを提供し、デジタル広告の企画、制作、配信などを一貫して提供しています。主に広告代理店やブランド企業向けにサービスを提供しています。

PRポイントとして、アドロケッツはデジタル広告に特化しており、クリエイティブなデジタルコンテンツを効果的に提供します。また、キャンペーンの効果測定やデータ分析を重視し、クライアントに対して効果的な広告戦略の提案を行います。さらに、様々な業界のクライアントと協力し、成功したキャンペーンを多数実施しています。

アドロケッツの公式HPはこちら

LEDビジョンカーの将来性

LEDビジョンカーは、その柔軟性と視覚的インパクトから今後も広告や情報伝達の分野で重要な役割を果たすことが期待されています。未来展望では、以下のポイントに注目が集まっています。

技術の進化と可能性

LEDテクノロジーは着実に進化を続けており、より高解像度で明るいディスプレイが開発されています。将来的には、より効率的で省エネルギーなLEDが普及し、屋外広告の品質と持続可能性が向上するでしょう。また、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)技術と組み合わせた新たな広告体験が創出される可能性もあります。

市場トレンドと需要の増加

デジタル広告市場は成長を続け、LEDビジョンカーの需要も増加しています。特に、都市部やイベント会場での利用が拡大し、企業やブランドは効果的な広告キャンペーンを展開するためにLEDビジョンカーを採用しています。今後、さらなる市場成長が期待されます。

新たな用途と産業への展開

LEDビジョンカーは広告以外の用途にも適用されつつあります。例えば、選挙運動、災害時の情報提供、文化イベントのプロモーションなど多岐にわたります。産業分野でも、建設現場での安全情報表示や大規模イベントでの案内といった新たな展開が期待されます。

社会的影響と規制の変化

LEDビジョンカーの増加に伴い、環境への影響や規制に対する社会的な関心も高まっています。将来的には、エコフレンドリーな選択肢や環境に配慮した運用プラクティスが重要視され、規制が変化する可能性があります。持続可能性との調和を図るための新たなイニシアティブも期待されます。

まとめ

LEDビジョンカーは、インパクトのある広告キャンペーンやプロモーションの実現に向けた強力なツールであることが明らかになりました。その効果やメリット、デメリットを詳細に検証し、成功事例を通じてその実力を確認しました。また、規制や運用会社についても紹介し、LEDビジョンカーを利用する際のポイントを把握しました。今後、LEDビジョンカーはさらに多くの分野で活用され、広告とプロモーションの未来を切り拓くことでしょう。

Summary
LEDビジョンカーの効果とは?メリット・活用事例・制作会社なども徹底解説!
Article Name
LEDビジョンカーの効果とは?メリット・活用事例・制作会社なども徹底解説!
Description
LEDビジョンカーは、現代の広告とプロモーションに革命をもたらすツールの一つとなっています。こ の記事では、LEDビジョンカーの効果、メリット、デメリット、規制、運用会社、そして事例まで、幅広い視点からその魅力と利用方法を解説します。未来の広告として注目されるLEDビジョンカーの可能性に迫りましょう。
Author
Publisher Name
LED TOKYO
ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ