• LED TOKYO > ニュース > デジタルサイネージを不動産業界で利用するメリットは?導入事例も紹介!
デジタルサイネージを不動産業界で利用するメリットは?導入事例も紹介!

デジタルサイネージを不動産業界で利用するメリットは?導入事例も紹介!

公開日:2017.10.13
更新日:2023.02.28
LEDビジョン

デジタルサイネージが不動産業界で導入される事例が増えてきています。物件の情報を紹介するときに、デジタルサイネージがどのように役立つのでしょうか。今回はデジタルサイネージを不動産業界で利用するメリットを解説します。広告・集客活動の見直しを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

デジタルサイネージを不動産業界で利用するメリット

早速、デジタルサイネージを不動産業界で利用するメリットを解説します。

メリット1.不動産情報を柔軟にアピールできる

デジタルサイネージは一つの画面でコンテンツを切り替えられるため、不動産情報を柔軟にアピールできます。

たとえば、物件情報を一覧で表示したり、特定の物件だけを画面全体で大きく宣伝したりすることも可能です。そのほか、人気物件の空き情報や仲介手数料の半額キャンペーン、スタッフ紹介なども臨機応変に発信できます。

メリット2.不動産情報の掲載負担を減らせる

不動産会社では、入り口の看板や窓などに、たくさんの広告を紙媒体でセットする場合が多いです。ただ、物件の数が多ければ、たくさんの紙を印刷する必要があり、セットの負担も増えてしまいます。

デジタルサイネージであれば、データで物件の情報を発信できるので、紙を印刷する必要やセットの必要もありません。印刷コストはもちろん、従業員の掲載作業の負担を減らせます。

メリット3.不動産情報をじっくり確認してもらえる

店頭の窓に物件の情報を掲載しても、忙しい方だと一つひとつを確認する余裕がありません。

デジタルサイネージであれば、QRコードを大きく掲載するなどして、ホームページでおすすめの物件を紹介できます。通行時にじっくりと見られない方でも、自宅に帰ってから物件の情報を確認することが可能です。

メリット4.不動産情報の案内を効率化できる

デジタルサイネージは、24時間365日にわたって不動産情報を発信できます。タッチ操作で物件情報を検索できる製品を導入すれば、窓ガラス越しに物件を探してもらえます。

営業時間外や休業日にも不動産情報の案内を行えるので、効率的な集客を実現可能です。

メリット5.内覧のときに不動産情報を持ち運べる

不動産会社では、物件を詳しく見てもらうために内覧を案内することがあります。

小型のデジタルサイネージを携帯すれば、内覧先で物件の比較を行いやすくなります。利用者の不安や疑問を解消しやすくなるので、成約をスムーズに実現できるでしょう。

デジタルサイネージが不動産業界で導入された事例

引き続き、デジタルサイネージが不動産業界で導入された事例についてご紹介します。

お部屋探しCAFEヘヤギメ!錦糸町店

株式会社S-FITが2019年11月19日にオープンした「お部屋探しCAFE ヘヤギメ!錦糸町店」で、入居ビルの外壁部分にファサード看板として利用できるデジタルサイネージが導入されました。

お部屋探しCAFEヘヤギメ!は、「CAFEのような寛げる空間でのお部屋探し」をコンセプトにした賃貸不動産仲介店舗です。

デジタルサイネージは、3.9mmピッチのLEDパネルが13枚組み合わせられ、延べ横6.5m×縦1mのサイズとなっています。オープンの前々日と前日の2日間で施工されました。

お部屋探しCAFEヘヤギメ!錦糸町店 / ファサード看板

ハウスコム新宿店

ハウスコム株式会社が運営するハウスコム新宿店に屋内用デジタルサイネージが導入されました。ハウスコムは、「住まいを通じて人を幸せにする世界を創る」ことを目指して、不動産賃貸サービス業を展開しています。

製品サイズはW2000×H1250mm、ピッチサイズは3.9mmです。画面には「ハウスコム」という文字を水色の背景に映し出すなどしています。シースルータイプで外光を取り入れられるため、部屋も暗くなりません。

不動産会社が、ビルの1階以外で集客をした場合に、デジタルサイネージが有効活用できると分かる事例です。

ハウスコム新宿店/東京都新宿区

不動産業界でデジタルサイネージを導入するならLED TOKYOに相談

今回は不動産事業でデジタルサイネージを導入するメリットや具体的な事例などをご紹介しました。

不動産業界でデジタルサイネージを導入すると、人気物件やキャンペーン、スタッフの紹介など、不動産情報を柔軟に発信できるようになります。紙媚態で掲載する時の手間や印刷費を減らせるのも経済的です。タッチパネル式の製品を導入すれば、営業時間外や休業日にも物件の情報を案内できます。

LED TOKYOでは、さまざまな不動産会社にデジタルサイネージを導入してきた実績があります。これまで培ったノウハウをもとに導入環境に最適なデジタルサイネージをご提案いたします。不動産会社にデジタルサイネージを導入するときは、ぜひLED TOKYOまでご相談ください。

 

ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ