• LED TOKYO > ニュース > 撮影スタジオのデメリットとは?撮影スタジオを利用する主なデメリットや対策法について解説!
撮影スタジオのデメリットとは?撮影スタジオを利用する主なデメリットや対策法について解説!

撮影スタジオのデメリットとは?撮影スタジオを利用する主なデメリットや対策法について解説!

公開日:2023.04.14
更新日:2023.04.17
スタジオ

撮影スタジオをこれから利用しようとしている方にとって、「結局、屋外ロケーションと撮影スタジオの違いはなんなんだろう?」という疑問をもたれる方は多いかと思います。この記事では、撮影スタジオのデメリットや対策法について解説し、スタジオを利用する際の注意点についても説明することで初めてスタジオを利用する方にとって少しでも不安をなくせるようになるかと思います。「なぜスタジオ撮影にこだわるのか」「屋外撮影ではダメなのか」などの疑問をお持ちの方は、是非最後までご一読ください。

撮影スタジオを利用する際のデメリットと対策法

撮影スタジオを利用する際には、下記のようなデメリットがあります。

  • 背景の奥行きを出しにくい
  • イメージカットのバリエーションが少ない
  • 閉鎖的な空間特有の緊張感が出やすい

ここでは、これらのデメリットについて解説します。

デメリット1:背景の奥行きを出しにくい

撮影スタジオでは限られた大きさの空間であるため奥行きを表現することが困難になります。特にホリゾンタルスタジオでは、編集時に背景を重ね合わせる必要がありますが、出演者と奥行きを合わせるのが困難になるため、通常は奥行き感を表現するのが困難になります。
この対策として、シーンを限定してスタジオを利用するということが挙げられます。例えば、屋外で空間の広さを表現しなければいけない場合はスタジオではなく屋外ロケーションを利用し、撮影スタジオは室内空間のシチュエーションなど奥行きをシビアに求められない場合に使うなどして、用途を限定することが必要になります。

デメリット2:イメージカットのバリエーションが少ない

イメージカットとは、商品やブランドの世界観を表現するような商品写真のことを言います。自然をイメージさせたい場合は森林の中に商品をおいたり、みずみずしさを表現したい商品の場合は透き通った川から商品を取り出したりするような動きのある映像を見たことがある方は多いかと思います。しかし、自然を利用した撮影は屋外ロケーションの特権とも言え、それらをセットで組むのは現実的ではないため、スタジオでの撮影には不向きだと言えます。
ただし、商品の背景の素材や照明の当て具合などを細かく調整できる撮影スタジオであれば、屋外ロケーションでは表現できないような写真撮影もできるためバリエーションの少なさはさほどデメリットになりません。

デメリット3:閉鎖的な空間特有の緊張感が出やすい

出演者にとって、撮影環境の違いは心理的な影響が出やすくなるため注意が必要です。撮影スタジオでは屋内の閉じられた空間で多くのスタッフに囲まれた状態での撮影になるので、慣れていない出演者からすると緊張しやすい雰囲気になってしまいます。

出演者が緊張しないように、撮影前にスタッフから積極的な声かけをするなどして関係性を作っておいたり、撮影時に同席するスタッフを最小限に抑えるなどして、出演者が緊張しないような工夫をすることが重要です。

レンタルスタジオ利用時の注意点

初めてレンタルスタジオを利用する際には、下記のことに注意する必要があります。

注意点1:決済方法を事前に確認しておく

レンタルスタジオには、対面式のものと無人のものがあり、特に最近では無人のスタジオも増えているので、現地での決済ができないところも増えています。そのため、支払い方法も現金ではなくクレジットカードやタッチ決済、バーコード決済のものもあるので、事前に支払い方法を確認しておく必要があります。

注意点2:退室時間に余裕を持つ

人気のレンタルスタジオは予約で時間がいっぱいになっていることが多く、自分の利用時間のあとは別の人が利用すると言うことが珍しくありません。レンタル時間ギリギリまで利用してしまうと、次に使う人の準備の時間と重なってしまい利用者同士のトラブルにつながります。そのため、退室時間には余裕を持って利用するようにしましょう。

注意点3:出入口を事前に確認しておく

スタジオはビルの一部を利用しており、場所がわかりにくいようなところも多くあります。スタジオに集まるメンバーは全員が下見できているわけではないので、直前になってスタッフや出演者から場所に関する問合せが殺到してしまうこともあります。集合時間や場所の連絡と同時に、出入り口についても必ず事前に連絡しておきしましょう。

まとめ

今回の記事では、撮影スタジオのデメリットについて説明させていただきました。スタジオでは、設備や照明機材によって人物や商品の魅力を伝えやすい映像の撮影ができます。
LED TOKYOでは、映像制作、運用管理からデジタルサイネージの設置まで、最適なソリューションをワンストップで提供しています。
映像制作やデジタルサイネージに関する専門的な知見をもとに、費用対効果を高める撮影方法をご提案いたします。映像制作に興味がある方は、ぜひLED TOKYOまでご相談ください。

ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ