fbpx

NEWS
ニュース

映像制作_広告

映像制作で広告を作るステップは? 効果を高めるポイントも解説!

  • 公開日:2023.07.25
  • 更新日:2024.03.12
  • その他

映像制作で自社のブランドをはじめ、商品・サービスを広告しようとしている方も多いでしょう。ただ、やみくもに映像制作に着手した結果、広告効果が得られなければ、投資した時間が無駄になってしまいます。今回は映像制作で広告を作るステップとともに効果を高めるポイントを解説します。映像制作で広告を作る前にぜひチェックしてみてください。

映像制作で広告を作るステップ

早速、映像制作で広告を作るステップを解説します。

主な流れは下記の通りです。

ステップ1:目的やターゲットなどを決める
ステップ2:強調したいメッセージを決める <
ステップ3:広告のアイデアを検討する
ステップ4:構成を作成してから映像制作をする
ステップ5:映像を放映して広告効果を確認する

それぞれのステップを解説します。

ステップ1:目的やターゲットなどを決める

映像制作で広告を作るときは、目的やターゲットを決めることが重要です。

コンバージョンの獲得を目的とすれば、すでに自社サイトにアクセスしたターゲットを想定して広告を作るという方針が浮かびます。

目的やターゲットを決めないと、視聴者に不必要な情報を垂れ流すことになり、広告効果が下がりやすくなります。目的やターゲットを決めずに広告を作らないようにしましょう。

ステップ2:強調したいメッセージを決める

目的やターゲットに応じて強調したいメッセージを決めます。

たとえば、忙しい社会人にサイトから見積もりを申し込んでほしいのであれば、「簡単30秒入力」「スピード査定で価格をチェック」などのメッセージが挙げられます。

具体的な数値を組み込めばメリットがさらに強調され、視聴者がアクションにつなげやすくなるでしょう。

ステップ3:広告のアイデアを検討する

伝えたい内容が決まったら、メッセージをよりイメージしやすくするためのアイデアを検討します。

たとえば、スピード査定を伝えたいのであれば、キャラクターを高速で動かすシーンを入れるアイデアがあります。言葉だけでなく、イメージでスピードの速さを感じてもらうことができるでしょう。

メッセージをイメージ化することを意識してアイデアを立案してみてください。

ステップ4:構成を作成してから映像制作をする

広告の映像制作を迷いなく進められるように構成を作成しましょう。映像制作における構成とは、映像の各シーンの内容や時間経過、イラスト、ナレーションなどをまとめた骨組みです。

一般的な構成として、冒頭で商品・サービスに興味を持ってもらうキャッチーな内容を用意し、メインの部分でメリットや魅力を説明します。その後、視聴者の不安や疑問を解消する情報を組み込み、最後に登録を呼びかけるなどの流れが代表的です。

さまざまな広告向けフレームワークがあるので、成約につながりやすい構成を模索してみるとよいでしょう。

ステップ5:映像を放映して広告効果を確認する

映像を放映した後に必ずしも望んだ成果が出るわけではありません。映像を改善するために広告効果を確認する必要があります。

広告効果の改善で押さえておきたい指標はさまざまです。たとえば、動画が視聴された回数を示す「視聴回数」や、広告がクリックされた回数を示す「クリック数」、広告をクリックした視聴者が成約に向けて行動を起こした「コンバージョン数」などがあります。

そのほかにも、完全視聴率や総再生時間などいろいろな指標があります。認知度アップや行動促進などの目的に応じて、各指標について分析しましょう。

映像制作で広告効果を高める方法

映像制作で広告効果を高める方法として、デジタルサイネージの導入が挙げられます。

デジタルサイネージは、広告映像をあらゆる場所で放映できるディスプレイです。ファストフード店でレジの裏壁に設置し たり、駅で電車を待つときの向かい壁に設置 したりできます。人通りの多い場所に設置すれば、映像制作の広告効果を高めることができるでしょう。

最近では、顔認識システムが発達したデジタルサイネージも登場しており、カメラで性別や年齢、表情、注目時間、通行人数なども測定できるようになりつつあります。

映像制作で広告効果を高めたい場合は、デジタルサイネージの利用をぜひ検討してみてください。

映像制作の広告効果に悩みがあればLED TOKYOに相談

今回は、映像制作で広告を作るときのステップや、効果を高めるポイントについてお伝えしました。映像制作で広告を作るときは、目的やターゲット、強調したいメッセージを決め、広告のアイデアを検討します。

構成を作成してから映像制作することで、作業をスムーズに進められます。映像を放映したあとは、視聴回数やクリック数、コンバージョン数などの指標に着目して、広告の内容や方針を改善しましょう。

映像制作で広告効果を高めるには、人通りの多い場所で映像を放映できるデジタルサイネージも効果的です。

LED TOKYOでは、デジタルサイネージの導入とともに映像制作もサポートしています。映像制作の広告効果にお悩みであれば、ぜひLED TOKYOまでご相談ください。

Summary
映像制作で広告を作るステップは? 効果を高めるポイントも解説!
Article Name
映像制作で広告を作るステップは? 効果を高めるポイントも解説!
Description
今回は映像制作で広告を作るステップとともに効果を高めるポイントを解説します。映像制作で広告を作る前にぜひチェックしてみてください。
Author
Publisher Name
LED TOKYO

世界基準のLEDビジョンを圧倒的コスパでご提供!

ご購入はもちろん、レンタルのご相談も歓迎しております。
専門のスタッフによる安心のサポートのもと、お客様に最適な提案をさせていただきます。
是非お気軽にLED TOKYOまでご連絡ください。

RELATED WORKS
関連記事