• LED TOKYO > ニュース > 映像制作費用の決まり方や種類、支払いタイミング、具体例などを解説!
映像制作費用の決まり方や種類、支払いタイミング、具体例などを解説!

映像制作費用の決まり方や種類、支払いタイミング、具体例などを解説!

公開日:2023.05.26
更新日:2023.05.26
映像制作

ビジネスでは、商品やサービス、会社などを知ってもらうために、映像制作が行われます。
ただ、映像制作の対象はさまざまであることから、費用がどれくらいかかるのか、ルールも含めてイメージしづらい方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、映像制作費用の決まり方や種類、支払いタイミング、具体例などについてご紹介します。映像制作の費用相場を把握したい方はぜひ参考にしてみてください。

映像制作費用の概要

映像制作にかかる費用の概要として、費用の決まり方や種類、支払いタイミング、追加金額などを解説します。

映像制作費用の決まり方

映像制作費用は、基本的に依頼者の要望や納期などによって異なります。

見積りを提案してもらうことで具体的な費用を把握します。なお、見積もりの提案を無料としている映像制作会社も少なくありません。

ひとまず希望する動画について映像制作費用を知りたい場合は、見積もりだけでも問い合わせてみるとよいでしょう。

映像制作費用の種類

映像制作の費用は、主に編集費用・企画費用・撮影費用・そのほかの経費に分かれます。そのほかの経費は、スタジオ・機材・設備などにかかる費用です。

編集費用・企画費用・撮影費用は人・時間によって左右されます。たとえば、高度なスキルを持つ方に映像制作を依頼する場合や、映像制作にかかわるスタッフの人数が増えるほど費用が高くなる傾向です。

また、撮影日数や編集期間、修正回数などが増えると、費用が高くなることも想像がつくでしょう。

映像制作費用の支払いタイミング

一般的には、映像制作が完了して動画が納品されたあとに請求されます。請求書に記載されている期日までに支払いましょう。なお支払方法については銀行振込を求められることがあります。その場合、振込み手数料まで発生することがあるので、見落とさないように確認しておきましょう。

映像制作費用の追加金額

無料の範囲を超える修正が発生した場合や、有料素材の購入が発生した場合、想定外の撮影が発生した場合などについては、別途追加費用が発生することがあります。

追加費用を巡るトラブルを回避するためにも、映像制作会社との間で追加金額の発生についてルールを確認しておくことが重要です。

映像制作費用の具体例

実際の映像制作会社はどれくらいの費用感で動画作成を行っているのでしょうか。映像作成に必要な費用を実際のサービス例を挙げてご紹介します。

CINEMATO

CINEMATOでは、依頼者の予算に応じて最適な動画プランニングを行っており、動画の種類別の料金プランを用意しています。

具体的な映像制作費用は下記の通りです。

動画の種類:費用

・サービス紹介動画:70万円~100万円
・マニュアル動画:50万円~80万円
・採用動画:100万円~200万円
・WebCM:200万円~1,000万円
・インタビュー動画:50万円~150万円
・会社紹介動画:100万円~200万円
・イベント動画:50万円~100万円
・IR動画:100万円~200万円
・ブランディング動画:200万円~1,000万円

参考:動画の種類別料金プラン(CINEMATO)

動画の種類によって映像制作費用の幅が異なるとわかります。サービス提供者によると、相場にばらつきがあるのは、動画の演出によって制作プロセスで発生する費用が違うからとのことです。

WebCMやブランディング動画は高額になってしまう場合があるようです。反対にマニュアル動画やインタビュー動画、イベント動画などは、比較的安い値段で映像制作を依頼しやすくなっています。

予算が限られているときは、費用対効果に着目して、映像制作の種類を検討することが大切でしょう。

クラウドソーシングサイトが目安とする映像制作に関する費用

クラウドソーシングサイトが目安としている映像制作に関する動画作成費用は下記の通りです。

作業範囲:費用相場

編集だけ:5,000円~3万円
編集だけあるいは編集・企画:3万円~10万円
編集・企画・撮影など:10万円~30万円
編集・企画・台本作成・撮影など:30万円以上

編集だけの仕事であれば、比較的安い費用で映像制作を依頼できます。ただ、企画や台本作成、撮影など、工程が増えるほど費用が膨れ上がる傾向です。

反対に、作業範囲を絞って編集者としての実績が少ない人に依頼すれば、費用を抑えやすくなります。

映像制作をクラウドソーシングサイトで外注に出すときは、どこまで自社で対応するかよく検討することが重要でしょう。

参考:動画編集を外注したときの相場価格とは(ランサーズ)

映像制作の費用について悩みがあるならLED TOKYOに相談

今回は、映像制作の費用について気になる事柄をまとめてご紹介しました。

映像制作の費用は、主に編集費用・企画費用・撮影費用などに分かれます。

編集費用・企画費用・撮影費用は人・時間によって左右され、撮影日数や編集期間、修正回数などが増えると、費用が高くなる可能性があります。

LED TOKYOでは、デジタルサイネージの販売とともに映像制作もサポートしています。映像制作の費用についてお悩みがあれば、ぜひLED TOKYOまでご相談ください。

ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ