• LED TOKYO > ニュース > 映像制作でイラストを用いるメリット・デメリットは? 動画の種類や活用事例、おすすめソフトも紹介!
映像制作でイラストを用いるメリット・デメリットは? 動画の種類や活用事例、おすすめソフトも紹介!

映像制作でイラストを用いるメリット・デメリットは? 動画の種類や活用事例、おすすめソフトも紹介!

公開日:2023.06.05
更新日:2023.06.05
映像制作

映像制作は、商品やサービスの宣伝に欠かせませんが、準備やコストの負担がネックになります。映像制作の負担を減らしたいのであれば、イラストを有効活用してみてはいかがでしょう。今回は映像制作でイラストを用いるメリット・デメリットをおさらいし、動画の種類や活用事例、おすすめソフトなどを紹介します。映像制作にイラストを使ってみたい方はぜひ参考にしてみてください。

映像制作でイラストを用いるメリット・デメリット

映像制作でイラストを用いれば、ロケ地の選定やタレントのキャスティング、撮影機材の用意など、準備やコストを削減できます。

天候の影響を受けないので、スケジュール通りに映像制作できるのも安心です。

ただ、映像の内容が抽象的になってしまい、リアリティに欠ける動画になる恐れがあります。

会社紹介動画で社員の姿を伝えたり、商品紹介動画で製品の美しさを表現したりしたい場合などには適さないことがあります。

映像制作では、動画の内容に応じてイラストの活用を検討しましょう。

映像制作におけるイラスト動画の種類

映像制作ではイラストが活用されることがあります。イラストを用いた映像制作の種類について確認してみましょう。

キャラクター動画

キャラクター動画は、実際の人物ではなくキャラクターのイラストを取り入れた映像です。

たとえば、背景のイラストを用意してキャラクターを中央に固定したとしましょう。背景のイラストを右から左に動かすと、キャラクターが走っているように見えます。

このように、キャラクターのイラストを使うことで、実際に撮影せずとも動きのある映像制作を実現できます。

人物×キャラクター動画

架空のキャラクターは商品やサービスを利用しません。商品やサービスを利用するのはあくまで人です。商品やサービスを宣伝するとき、視聴者に信頼感を与えるには人物の存在が鍵を握ります。

そのため、キャラクターとともに実在の人物を登場させる動画もあります。

イラストとキャラクターを組み合わせてはいけないというルールはありません。イラストを用いて映像制作をするときは、必要に応じて専門家や芸能人、インフルエンサーの起用も検討するとよいでしょう。

マンガ動画

イラストを有効活用した映像制作として挙げられるのがマンガ動画です。自動的にイラストが切り替わってストーリーが展開されるため、視聴者は本のようにページをめくる必要がありません。

冒頭部分で視聴者の興味を引くことができれば、最後まで視聴してもらえる可能性が高まります。

ストーリーを構成するのが得意な方にとっては、活用しない手はない映像制作の手段でしょう。

映像制作でイラストを活用した事例

イラストを用いた映像制作の活用事例として、PayPay株式会社のマイナポイントに関するCMが挙げられます。マイナポイントをPayPayで登録すると、最大20000ポイントがもらえることを伝えた動画です。

動画には、マイナポイントのイメージキャラクターであるウサギのイラストと、人気芸能人が一緒に映し出されています。

アプリからスムーズに登録できることを、スマートフォンと指のイラストで表現しています。

また、オペレーターを連想させる女性とパソコン、ハートのイラストを使うことで、サポートに対する安心感も強調しています。

参考:マイナポイント第2弾 まだもらっていない皆さん篇(PayPay)

初心者におすすめのイラストを動かせる映像制作ソフト

初心者におすすめのイラストを動かせる映像制作ソフトとしてFilmoraをご紹介します。

Filmoraは、イラストを動かすキャラクター動画を作成できる映像制作ソフトです。キャラクター動画の映像制作に必要なエフェクトや、イラストを動かすキーフレームなどの制御を初心者でも簡単に実行できます。

背景にあたるイラストを追加して、そのうえで動くキャラクターを追加することが可能です。イラストのポジションや大きさ、回転などを編集することもできます。

連携ストックサービスを通して、アニメのように動く演出も利用可能です。イラスト動画の見栄えを華やかにしたいときに役立ちます。

映像制作でイラストを使うか迷ったときはLED TOKYOに相談

今回は、映像制作でイラストを用いるメリット・デメリットをはじめ、動画の種類や活用事例などをご紹介しました。

イラストを取り入れた映像制作の種類として、キャラクター動画や人物×キャラクター動画、マンガ動画などがあります。イラストを活用すれば、撮影の負担を減らせるほか、動画を最後まで視聴してもらいやすくなるでしょう。

ただ、実写動画を作成したほうがよい場合もあり、判断に悩むこともあるかもしれません。

LED TOKYOでは、デジタルサイネージの導入とともに映像制作のサポートを行っています。専門スタッフが放映場所に適した映像制作をご提案いたします。映像制作でイラストを使うか迷ったときもぜひLED TOKYOまでご相談ください。

ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ