• LED TOKYO > ニュース > 映像制作における映画の作り方と上映に役立つ機材を紹介!
映像制作における映画の作り方と上映に役立つ機材を紹介!

映像制作における映画の作り方と上映に役立つ機材を紹介!

公開日:2023.06.30
更新日:2023.07.06
映像制作

映画と聞くと興行収入〇億円など、大掛かりなイメージがあり、映像制作が難しいイメージがあるかもしれません。ただ、大学では映画研究会などで映像制作が行われているケースも珍しくなく、趣味やアマチュアとしての範囲で取り組むことも不可能ではありません。 映画制作の流れについて興味を持っている方も多いでしょう。

今回は映画に関する映像制作のプロセスについて解説します。制作した映画を放映するための機器についても紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

映像制作における映画の作り方

早速、映像制作における映画の作り方を解説します。

ステップ1.企画

映画の映像制作では、まず企画を立ち上げることからスタートします。

企画で決める内容の例は下記の通りです。

  • テーマ
  • タイトル
  • ターゲット像の設定
  • ストーリー
  • 資金調達の方法
  • 上映方法

ちなみに映画化の企画を立てる立場はプロデューサーといいます。監督はスタッフやキャストをまとめて映像制作をする立場です。

ステップ2.シナリオ作成

映画の重要な設計図であるシナリオを作成します。ストーリーやプロット、ハコ書きなど、段階的に制作する流れです。

ストーリーが時間軸で並べられるのに対して、プロットは因果関係を意識して組み立てられます。シーンの情景や登場人物の状態などが細かく記載されます。

ハコ書きは、ストーリーが固まったあとに、シーンの並びと各シーンの内容を書くプロセスです。 シナリオを担当する立場は脚本家と呼ばれます。

ステップ3.準備

映像制作の各スタッフが準備をします。具体的な準備の例は下記の通りです。

  • スケジュールと予算のマネジメント
  • 俳優の出演交渉とオーディション
  • セットや小物といった装飾のデザイン
  • キャストの衣装づくり
  • 撮影に必要な道具の用意

ステップ4.撮影

撮影当日は、スタッフを集めてリハーサルを行い、シナリオにそって撮影を進めます。

リハーサルでは、実際に役者が演技し、カメラマンとともにシーンの撮影方法を確認します。

本番の撮影では、監督によって考え方は異なりますが、一般的にテイクは少ないほうがよいといわれています。テイクとは、1つのカットの1回分の撮影です。回を重ねるごとにテイク2、テイク3と増えていきます。

なお、撮影にあたって、殺陣などのアクションシーンについては、アクション監督が演出します。

ステップ5.録音・編集

録音では、撮影現場で撮った出演者の声と、BGM、効果音などを重ねて、登場人物の心情や作品の世界観を音で演出します。

編集では、撮影したたくさんのカットをつなぎ合わせて、1つの映画にまとめていきます。撮影不可能なシーンに関しては、CG合成などの技術を使って表現することも必要です。

つながった内容をスクリーンで確認して、プロデューサーや関係スタッフが意見を交換して何度も修正します。変更の必要がなくなったら尺を確定させるために画ロック(ピクチャーロック)をする流れです。

ステップ6.上映

映画の映像制作が完了したら上映のプロセスに進みます。

完成した映画は、映画館といった興行会社に配給されます。映画を知ってもらうためにポスターやチラシを制作して、イベントやWebサイト、マスコミなどを通して宣伝する必要もあります。

映画配給会社が映画を購入・宣伝する立場であり、興行会社が配給会社に映画料を支払って上映するのが一般的です。

そのほか、映画館以外でも視聴できるように、レンタル・販売用にDVD化もされます。

映像制作した映画を上映する方法

趣味で映画を映像制作して、たくさんの人に見てもらいたい方もいるでしょう。映画を上映したいのであれば、LEDビジョンの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

LEDビジョンは、高輝度で美しい映像演出を実現できるディスプレイです。アーティストのライブや文化祭など、大勢の人が参加するイベントに適しており、映画上映にも検討できます。

レンタルに対応している会社もあるので、短期間にわたって映画を上映したい場合にも最適です。映画の上映方法として検討してみてはいかがでしょう。

映像制作した映画を独自で上映したい場合はLED TOKYOに相談

今回は、映画の映像制作の流れを中心に解説しました。

映画の映像制作の流れをまとめると下記の通りです。

・タイトルやストーリーを決める「企画」
・映画の重要な設計図である「シナリオ作成」
・スケジュール管理や出演交渉などをする「準備」
・リハーサルとシナリオにもとづく「撮影」
・声やBGM、効果音を重ねる「録音」
・撮影したカットをつなぐ「編集」
・映像制作した映画を視聴してもらう「上映」

なお、趣味で映像制作した映画を独自上映する場合には、LEDビジョンの利用を検討できます。

LED TOKYOでは、LEDビジョンの選定・設置・映像制作・運用管理・保守まで、最適なソリューションをワンストップで提供しています。

趣味で作成した映画をLEDビジョンで上映してみたいという方は、ぜひLED TOKYOまでご相談ください。

Summary
映像制作における映画の作り方と上映に役立つ機材を紹介!
Article Name
映像制作における映画の作り方と上映に役立つ機材を紹介!
Description
映画と聞くと興行収入〇億円など、大掛かりなイメージがあり、映像制作が難しいイメージがあるかもしれません。ただ、大学では映画研究会などで映像制作が行われているケースも珍しくなく、趣味やアマチュアとしての範囲で取り組むことも不可能ではありません。 映画制作の流れについて興味を持っている方も多いでしょう。 今回は映画に関する映像制作のプロセスについて解説します。
Author
Publisher Name
LED TOKYO
ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ