fbpx

NEWS
ニュース

屋内用デジタルサイネージとは?メリット・デメリット・導入手順を徹底解説!

  • 公開日:2023.11.30
  • 更新日:2023.11.30
  • LEDビジョン

デジタルサイネージは、さまざまな場所に設置されているデジタル広告です。最近では、紙媒体の広告に比べて主流になっており、ビジネスを成功させるために必須の広告メディアとなっています。この記事では、屋内にデジタルサイネージを導入する際に必要な基本情報から、具体的な導入手順に関して解説します。

デジタルサイネージの役割

1:集客性の向上

デジタルサイネージは、ビジネスやイベントにおいて集客性を向上させる効果的な手段として注目されています。その魅力は、視覚的なインパクトと柔軟なコンテンツ更新が可能な点にあります。通常の看板と比較して、デジタルサイネージは動画やアニメーションなどの動的な要素を組み合わせることができ、これによって通行人の興味を引きつけます。

例えば、飲食店がデジタルメニューボードを導入すると、季節ごとの新商品やセール情報をダイナミックに表示でき、通行者に新しい試みへの興味を喚起します。このような情報のダイレクトな伝達は、通行者に店舗に足を運んでみるよう誘導することが期待できます。

また、情報のリアルタイムな更新が可能なため、特定の時間帯や曜日において異なるメッセージを伝えることができます。これにより、ターゲットとなる顧客層に向けて最適な情報を提供することができ、集客の精度が向上します。

デジタルサイネージはまた、環境に合わせて柔軟にコンテンツを変更できるため、季節イベントや地域のトレンドに合わせてキャンペーンを展開することが容易です。これによって、常に新鮮で興味深い情報を発信でき、集客力を維持・向上させることが期待できます。

総じて、デジタルサイネージはその臨場感ある表示と即座な情報発信によって、集客性の向上を実現する優れたツールと言えるでしょう。

2:商品・サービスのイメージ向上

デジタルサイネージは、商品やサービスのイメージ向上において非常に効果的な役割を果たします。これは、静止画だけでなく動画や高解像度の画像を活用することで、商品やサービスを引き立たせ、魅力的にプレゼンテーションすることができるからです。デジタルサイネージはその多彩な表現手段によって、商品やサービスの特長や使い方をダイナミックに伝えることができます。

例えば、ファッションブランドがシーズンごとの最新コレクションを映像で展示することで、商品のデザインや素材感をリアルに伝え、顧客に購買意欲を喚起します。これにより、商品のイメージが向上し、ブランドの価値も共に高まります。

また、デジタルサイネージは静的なポスターや看板と比較して、柔軟性に優れています。季節やキャンペーンに合わせて瞬時にコンテンツを変更できるため、新製品のローンチや限定セールなど、タイムリーな情報を素早く反映させることが可能です。これにより、消費者はブランドや商品に対して常に新しさを感じ、イメージが一貫して向上します。

さらに、デジタルサイネージの高解像度のディスプレイは、商品の細部まで鮮明に表示できます。これにより、製品のクオリティや特徴がより詳細に伝わり、顧客に信頼感を与える効果が期待できます。商品やサービスの高いクオリティを視覚的に伝えることで、競争激しい市場での差別化が可能となり、イメージ向上に寄与します。

総じて、デジタルサイネージは豊富な表現手段と即応性によって、商品やサービスのイメージ向上を促進し、顧客の感性を引き出す重要なツールとなっています。

3:商品・サービスの購入を促す

デジタルサイネージは、そのダイナミックな表示とリアルタイムな情報発信により、商品やサービスの購入を促進する力強いツールとして機能します。以下はその主なメカニズムです。

まず第一に、デジタルサイネージは直感的で分かりやすい情報提示が可能です。商品やサービスに関する動画や魅力的な画像を用いて、消費者に対して直接的かつ感動的なメッセージを伝えることができます。例えば、商品の実際の使用イメージや特長をリアルな映像で提示することで、顧客は製品の魅力をより具体的に感じ、購買意欲が高まります。

ENEN自由が丘店

デジタルサイネージはまた、特定の商品やサービスに関する情報をタイムリーに更新できるため、限定セールや期間限定のキャンペーンを効果的に宣伝できます。これにより、消費者はお得な機会を逃さず、購買行動に移りやすくなります。動的で変化に富んだ情報提示は、購入に対する新たな動機づけを生み出します。

また、デジタルサイネージを戦略的な場所に配置することで、購買決定の瞬間に影響を与えることが可能です。例えば、商品陳列やキャッチーな広告映像を通じて、店舗内での購買意欲を引き出すことができます。これにより、消費者は impulse buying(衝動的な購買)に走りやすくなり、商品やサービスの即時の売上向上が期待できます。

総じて、デジタルサイネージは豊富な情報提示と即座な反応性によって、商品やサービスの購入を促進し、効果的な販売促進手段として利用されています。

上記画像の導入事例はこちら

4:会場案内

デジタルサイネージは、イベントや施設内での会場案内において効果的な役割を果たします。その主なメリットと機能について解説します。

まず、デジタルサイネージはリアルタイムで変更可能な情報を提供するため、イベントのスケジュールや会場配置の変更に柔軟に対応できます。訪れる人々に最新の情報を即座に伝えることができ、混乱や迷子のリスクを軽減します。特に大規模なイベントや複数の会場がある場合、来場者にとってスムーズな移動や目的地の特定が非常に重要です。

デジタルサイネージは、大型ディスプレイを使用することが一般的であり、これにより視認性が高まります。会場内の重要なエリアや案内ポイントをわかりやすく表示できるため、訪れる人々は目標地点を迅速に見つけることができます。これは、イベントや施設の運営側にとっても来場者の満足度向上に繋がります。

さらに、デジタルサイネージは対話的な要素を取り入れることができます。触れることができるタッチスクリーンやセンサーを組み込むことで、来場者は自分の興味に応じて情報を探索できます。例えば、イベントの詳細スケジュールや出展ブースの情報をリアルタイムで確認でき、個々のニーズに合わせた利用が可能です。

デジタルサイネージを活用した会場案内は、来場者の利便性向上と共に、イベント主催者や施設管理者にとっても情報の適時な伝達が可能となり、イベント全体の円滑な運営に寄与します。

デジタルサイネージを導入するメリット

メリット1:動画を流せる

デジタルサイネージの導入における第一のメリットは、動画を流せることです。伝統的な広告媒体では難しかったダイナミックな情報発信が、デジタルサイネージなら容易に実現できます。動画は視覚的で引き込まれる要素があり、商品やサービスを効果的にアピールする手段となります。

一般的な看板やポスターでは、限られたスペース内に情報を凝縮する必要があり、効果的なメッセージ伝達が難しかったのですが、デジタルサイネージでは動画を活用することで、商品やサービスの特長を生き生きとした映像で伝えることができます。

また、季節やイベントに合わせてコンテンツを変更することも容易です。たとえば、クリスマスやバレンタインデーなど、特定の時期に合わせたキャンペーン映像を流すことで、顧客の興味を引きつけ、購買意欲を高めることが期待できます。

デジタルサイネージの動画機能は、柔軟性とインパクトを兼ね備え、視覚的なメッセージが強調される現代の広告において、優れたメリットと言えるでしょう。

メリット2:手間・コストがかからない

デジタルサイネージの導入における次なるメリットは、手間やコストがかからないことです。伝統的な広告手法では、新しいキャンペーンや情報を発信するたびに、新しいポスターや看板を作成し、交換作業を行う必要がありました。これには印刷や設置作業に関わる手間と、それに伴うコストがかかっていました。

一方で、デジタルサイネージではコンテンツの更新や変更がオンラインで簡単に行えます。新しい広告キャンペーンやプロモーションが始まったら、デジタルプラットフォームを介して素早く情報を差し替えることが可能です。これにより、適切なタイミングで最新の情報を提供でき、手間を最小限に抑えることができます。

また、印刷や製作にかかるコストも大幅に削減されます。デジタルサイネージでは、一度の投資でディスプレイを購入し、その後の更新や変更はデジタルデータのみの作業で事足ります。これにより、継続的な広告活動が手軽に行え、広告予算を有効活用できるのです。

手間やコストの削減は企業にとって重要なポイントであり、デジタルサイネージはその点で効果を発揮し、柔軟性と経済性を同時に実現します。

メリット3:素早く差し替え可能

デジタルサイネージの導入における重要なメリットの一つは、素早くコンテンツを差し替えることができる点です。伝統的な広告媒体では、新しい情報やキャンペーンを反映させるためには、ポスターや看板を交換する必要があり、これには時間と手間がかかりました。しかし、デジタルサイネージではそのような煩わしさから解放されます。

デジタルサイネージはオンラインで管理され、リアルタイムでコンテンツを変更できます。例えば、特定の商品の在庫状況が変動する場合や急なプロモーションが発生した場合でも、即座にデジタルディスプレイ上に最新の情報を表示できます。これにより、迅速な対応が可能となり、消費者に最新の情報を提供できるメリットがあります。

また、季節やイベントに合わせてコンテンツを調整することも容易です。例えば、クリスマスや年末年始など、時節に応じたキャンペーンやメッセージを素早く展開することで、消費者とのコミュニケーションを強化することができます。

このような素早い差し替え可能性は、市場の変化に柔軟に対応し、競争の激しいビジネス環境で存在感を示す上で非常に有益です。

メリット4:他のメディアでも使用可能

デジタルサイネージの利点の一つは、そのコンテンツが他のメディアでも容易に使用可能であることです。デジタルコンテンツは通常、様々な形式や解像度で保存され、これにより同じ広告や情報を他のデジタルメディアで再利用できます。

例えば、デジタルサイネージで使用した広告映像や画像は、ウェブサイトやソーシャルメディア、電子メールニュースレターなど、さまざまなオンラインプラットフォームでもそのまま利用可能です。これにより、一度の制作で複数のメディアチャンネルに対して統一されたメッセージを伝えることができ、ブランドの統一性を強化できます。

また、デジタルサイネージは単なる広告媒体に留まらず、企業の内部コミュニケーションやイベント、展示会などでも活用されます。デジタルコンテンツは簡単に複製・共有できるため、企業が持つ様々なコミュニケーションニーズに柔軟かつ効果的に対応できるのです。

このメリットにより、企業はマーケティング戦略を総合的かつ統一的に展開でき、異なるメディアチャンネルでの認知度向上や効果的なコミュニケーションを実現することができます。

屋内でデジタルサイネージを設置する場所

1:店舗・テナントの店舗前

デジタルサイネージを屋内に設置する際、効果的な場所の一つは店舗やテナントの店舗前です。これは顧客との直接的な接触が期待でき、情報発信のポテンシャルが高まるエリアです。店舗前にデジタルサイネージを配置することで、通行する人々に対して最新のプロモーションや特売情報を即座に伝えることが可能です。

NITORI

例えば、セールの告知や新商品の紹介など、即時かつ効果的に情報を発信できる点が大きなメリットとなります。さらに、デジタルサイネージはコンテンツを簡単に変更できるため、時間帯や季節に応じてキャンペーンを調整することができます。朝は朝食メニューの宣伝、昼はランチセットの案内など、柔軟かつターゲットに合わせた情報発信が可能です。

また、店舗前のデジタルサイネージはブランドイメージの向上にも寄与します。洗練されたデザインや魅力的なコンテンツは、来店を促進するだけでなく、ブランドに対する印象を強化します。

総じて、店舗・テナントの店舗前にデジタルサイネージを設置することで、効果的なマーケティングとブランド展開が可能となり、来店客の拡大や売り上げ向上に寄与することが期待できます。

上記画像の導入事例はこちら

2:イベント会場の周辺

デジタルサイネージの戦略的な設置場所の一つとして、イベント会場の周辺が挙げられます。イベントは人が集まる場所であり、その周辺にデジタルサイネージを配置することで、広告や情報の効果的な発信が期待できます。

まず、イベント会場の周辺では多くの人が行き交います。コンサート、展示会、スポーツイベントなど、様々な種類のイベントが開催される場所にデジタルサイネージを設置することで、来場者に向けてリアルタイムで最新の情報やイベント関連のプロモーションを提供できます。これにより、来場者へのアプローチが効果的となり、関連するサービスや商品の認知度が向上します。

また、デジタルサイネージは柔軟性があり、イベントの種類や時間帯に合わせてコンテンツを変更できます。例えば、コンサート開催時にはアーティストのプロモーション映像を流し、展示会の期間中には出展ブースの案内を行うなど、イベントに即した情報発信が可能です。

イベント会場周辺にデジタルサイネージを設置することで、企業やブランドはターゲットとなる来場者層に直接アプローチでき、競争の激しい環境での差別化を図ることができます。そのため、イベント会場周辺はデジタルサイネージの効果的な活用が期待できる場所の一つと言えます。

3:駅構内

デジタルサイネージの有効な設置場所の一つとして、駅構内が挙げられます。駅は日常生活において多くの人々が行き交う場所であり、その中でデジタルサイネージを展開することで様々なメリットが得られます。

まず、駅構内では多くの通行者が待ち時間や移動中に目にする機会があります。デジタルサイネージを駅構内に設置することで、待ち時間を有効に活用し、広告や情報をターゲットとなる多くの人々に直接届けることができます。これにより、広告の露出機会が増加し、商品やサービスの認知度向上が期待できます。

駅構内のデジタルサイネージは、時刻や曜日、季節などに応じてコンテンツを調整できる柔軟性があります。朝は通勤ラッシュ時には特に効果的な広告を、夜間はイベントやレジャーに関連した情報を配信するなど、ターゲット層の行動パターンに合わせた戦略的な情報発信が可能です。

さらに、駅構内のデジタルサイネージは、駅利用者だけでなく、地元住民や観光客にもアプローチする絶好の機会です。地域イベントや特産品の紹介、観光スポットの案内など、地域密着型のコンテンツを展開することで、地域とのコミュニケーションを深めることができます。

総じて、駅構内にデジタルサイネージを設置することで、多くの人々に効果的に情報を発信し、広告主や地域との連携を促進することができます。

駅構内で利用されているデジタルサイネージについてはこちら

4:ショッピングモール

デジタルサイネージの戦略的な設置場所として、ショッピングモールが挙げられます。ショッピングモールは多くの人が集まり、買い物や娯楽を楽しむ場であり、その中でデジタルサイネージを導入することで様々なメリットが期待できます。

まず、ショッピングモール内では多様な店舗が競り合っています。デジタルサイネージをショッピングモールに設置することで、各店舗は自社の特徴やお得な情報を視覚的にアピールできます。セール情報や新商品の紹介など、柔軟かつ即座にコンテンツを変更できるため、来店者に最新かつ魅力的な情報を提供することができます。

また、ショッピングモール内のデジタルサイネージは、来店者に対してナビゲーションや案内サービスを提供する役割も果たします。特定の店舗やエリアへの誘導、イベントの告知、キャンペーン情報など、来店者の利便性向上に寄与します。これにより、ショッピングモール全体の滞在体験が向上し、来店者の満足度が高まります。

ショッピングモールは家族連れや友達同士、カップルなど、さまざまな層の人々が訪れる場所でもあります。デジタルサイネージを活用して多様なコンテンツを提供することで、広告主は異なるターゲット層に対して的確なメッセージを伝え、多角的なマーケティングを展開できます。

総じて、ショッピングモールにデジタルサイネージを設置することで、来店者への情報提供や店舗のプロモーションが効果的に行え、ショッピングモール全体の魅力向上に寄与します。

屋内でデジタルサイネージを選ぶ際のポイント

ポイント1:視認性と解像度

デジタルサイネージの効果的な活用において、視認性と解像度は重要な要素です。ディスプレイのサイズや配置、視聴者との距離に合わせて適切な解像度を選択することで、視覚的なメッセージが鮮明に伝わります。また、異なる照明条件にも対応できる高い視認性が、デジタルサイネージの目的を達成するために必要です。

ポイント2:デザインの柔軟性

デジタルサイネージはコンテンツの柔軟な変更が可能なため、デザインの柔軟性も重要です。異なるキャンペーンや季節に応じてデザインを変更できることで、常に新鮮で魅力的なメッセージを提供できます。柔軟性を備えたデザインは、視聴者の興味を引き続ける鍵となります。

ポイント3:明るさの制御

環境の明るさに合わせてディスプレイの輝度を制御できる機能は、屋内デジタルサイネージにおいて重要です。夜間や暗い環境では低輝度が、明るい場所では高輝度が必要です。適切な明るさの制御により、メッセージがはっきりと見え、効果的な情報発信が可能です。

ポイント4:耐候性の不要

屋内で使用されるデジタルサイネージは、屋外と比較して耐候性が不要です。防水や耐寒性などの特殊な保護が必要ない分、設置やメンテナンスが簡便でコスト効果が高まります。耐候性の不要なデバイスの選択は、屋内環境でのデジタルサイネージの効果的な導入をサポートします。

デジタルサイネージの導入手順

導入までの流れ

1:ヒアリング・見積もり

デジタルサイネージの導入において、ヒアリング・見積もりフェーズはプロジェクトの基盤を築く鍵となります。まず初めに、クライアントとの綿密なヒアリングが必要です。ビジネスの特性や目標、ターゲットオーディエンスの属性など、導入するデジタルサイネージがどのような役割を果たすべきかを明確に把握します。また、設置場所やディスプレイのサイズ、予算などの具体的な要件も確認します。

このヒアリングの過程で、クライアントの期待値や課題を理解し、それに基づいて最適な戦略を構築します。例えば、特定の季節やキャンペーンに合わせたコンテンツの変更が必要か、あるいはターゲットオーディエンスがどのような情報に関心を持つかなどを明確にします。

ヒアリングの後は、導入プロジェクトのスコープやスケジュールに基づいて見積もりを行います。デジタルサイネージの導入には様々な要因が影響するため、これらを正確に見積もり、クライアントとの合意を築くことが重要です。透明性と信頼性を重視し、予算とスケジュールの調整を行いながら、成功に向けた第一歩を踏み出します。

このフェーズでの徹底的なヒアリングと正確な見積もりにより、後続のステップが円滑に進む基盤が構築され、クライアントとの協力関係が一層強化されます。

2:クリエイティブ制作

デジタルサイネージの成功には、引き込むようなクリエイティブなコンテンツが不可欠です。クリエイティブ制作フェーズでは、ヒアリングで明確になった目標とターゲットオーディエンスに基づき、魅力的で効果的なメッセージを伝えるコンテンツを制作します。

まず、ビジュアルデザインや動画の制作が重要です。デジタルサイネージは動的で目を引く要素が強調されるため、静止画だけでなく動画やアニメーションを巧みに活用することが求められます。製品やサービスの特長を視覚的に捉え、視聴者の注意を引きつけるデザインが成功の鍵です。

また、コンテンツはターゲットオーディエンスに適したものである必要があります。消費者の興味やニーズに即したコンテンツは、視聴者の心に強く訴えかけることができます。季節やキャンペーンに応じて柔軟に変更できるようなコンテンツ戦略を構築し、常に新鮮で関心を引くメッセージを提供します。

デジタルサイネージはリアルタイムに情報を更新できるため、瞬時のキャンペーンやセール情報を素早く反映できます。この柔軟性を生かして、促進的なメッセージや限定オファーなど、即座に反応を呼び起こすようなクリエイティブを展開します。コンテンツのクオリティと適時な更新は、視聴者の興味を持続的に維持し、ブランドの印象を高めます。

総じて、クリエイティブ制作フェーズはデジタルサイネージが成功するための根幹であり、効果的なコンテンツはビジネス目標の達成に向けた重要な要素となります。

3:機器の導入

デジタルサイネージの導入において、適切な機器の導入はシステムの安定運用と成果達成に欠かせません。このフェーズでは、ディスプレイやメディアプレーヤー、接続設備など、プロジェクトに最適な機器を選定し、専門家による確実な設置が求められます。

まず、設置場所やディスプレイのサイズ、視聴者の距離に応じて、最適なディスプレイを選定します。これにより視認性が向上し、コンテンツが効果的に伝わります。また、ディスプレイとの組み合わせで選ばれるメディアプレーヤーも重要です。デジタルサイネージの再生に必要な機能や対応フォーマットを考慮し、スムーズな動作を保証します。

機器の設置においては、電源の確保やケーブルの適切な配線などが重要です。デジタルサイネージは安定した電源供給が不可欠であり、また、見えない部分でも整然とした構造が求められます。これにより、故障やトラブルのリスクを最小限に抑え、運用面での安定性を確保します。

専門家による機器の設置は、技術的な課題に対処するだけでなく、将来的な保守やアップグレードにも備えることができます。また、セキュリティや安全性にも留意し、設置場所の特性に合わせた対策を講じることが重要です。

このフェーズでの機器の導入は、デジタルサイネージの基盤を確実に築く要素であり、選定と設置において慎重かつ専門的なアプローチが求められます。

4:広告効果の分析・更新

デジタルサイネージの導入後は、広告効果の定期的な分析と改善が成功の鍵となります。このフェーズでは、データドリブンなアプローチを取りながら、広告戦略を最適化し、長期的な成功を確保します。

まず初めに、デジタルサイネージの広告効果を測定するための適切な指標を設定します。クリック率、視聴時間、特定コンテンツへのアクセス数など、ビジネス目標に合致したKPI(Key Performance Indicator)を選定します。これにより、広告の効果を具体的な数値で把握しやすくなります。

データの収集と分析は定期的に行われ、広告の実績と視聴者の反応を理解します。クリエイティブな要素やコンテンツの特定の側面が特に効果的であるかどうかを明らかにし、成功要因となる戦略を特定します。同時に、失敗した要素や改善が必要な領域も特定し、次のステップでの調整ポイントを見極めます。

このフェーズでは、柔軟性と迅速な対応が求められます。デジタルサイネージはリアルタイムにコンテンツを変更できるため、広告戦略やメッセージの変更が効果的な場合、即座に更新することが可能です。季節やキャンペーンの変動、顧客の行動パターンなどに迅速に対応することで、広告の最適化が実現できます。

総じて、広告効果の分析と更新フェーズはデジタルサイネージが持続的な価値を提供し続けるために不可欠です。データに基づいた戦略的なアプローチにより、効果的な広告キャンペーンを展開し、ビジネス目標の達成に向けて前進します。

導入手順を正しく理解して屋外用デジタルサイネージでビジネスを成功させましょう!

デジタルサイネージは、今や広告メディアとして欠かせない存在です。メリット・注意点を正しく理解して、導入手順まで詳しく知ることで、ビジネスを成功させましょう。

デジタルサイネージの導入にお困りの方は、LED TOKYOまでお問い合わせください。

Summary
屋内用デジタルサイネージとは?メリット・デメリット・導入手順を徹底解説!
Article Name
屋内用デジタルサイネージとは?メリット・デメリット・導入手順を徹底解説!
Description
デジタルサイネージは、さまざまな場所に設置されているデジタル広告です。最近では、紙媒体の広告に比べて主流になっており、ビジネスを成功させるために必須の広告メディアとなっています。この記事では、屋内にデジタルサイネージを導入する際に必要な基本情報から、具体的な導入手順に関して解説します。
Author
Publisher Name
LED TOKYO

世界基準のLEDビジョンを圧倒的コスパでご提供!

ご購入はもちろん、レンタルのご相談も歓迎しております。
専門のスタッフによる安心のサポートのもと、お客様に最適な提案をさせていただきます。
是非お気軽にLED TOKYOまでご連絡ください。

RELATED WORKS
関連記事