導入事例

2021 AUTOBACS SUPER GT

公開日:2021.12.17
更新日:2022.04.27
屋内用LEDビジョン

2021年4月10(土)から同年11月28(日)にかけて開催された『2021 AUTOBACS SUPER GT』Round1(岡山県 国際サーキット)Round2(静岡県 富士スピードウェイ)Round3(三重県 鈴鹿サーキット)Round 4(栃木県 ツインリンクもてぎ)Round5(宮城県 スポーツランドSUGO)Round6 (大分県 オートポリス)Round7(栃木県 ツインリンクもてぎ)Round8(静岡県 富士スピードウェイ)にLEDビジョンを導入しました。

SUPER GT

SUPER GT (スーパージーティー) は2005年より開催されているカーレースの一つで、1レース当たりの観客動員数は3万人 – 6万人ほどと、日本で開催されている自動車レースのシリーズとしてはスーパーフォーミュラと並び、日本最高峰の自動車レースです。

その注目度から国内外の様々な自動車メーカーが参加しており、GT500クラスとGT300クラスという、異なる2つのクラスの車両が同一コースを混走するという方式で、両クラスの速度差から徐々に混走状態となり、コースの所々で抜きつ抜かれつの争いが展開されます。その為、観客にはより楽しめるエキサイティングな場面が増え、ドライバーには両クラスに注意しつつポイントを見極めながらタイムロスを抑えて上位を目指し走行するという高いスキルが求められるレースとなっています。

シリーズ戦の中で、成績によりウェイト (重り) が加算されていくウェイトハンデ (Weight Handicap: WH) 制やリストリクターの導入などで、各車両の性能を調整して力を拮抗させることで、白熱のレース展開となる様な演出がなされているため、必ずしも有力チームが上位を占める訳では無く、シーズン終盤までポイントが僅差となることも珍しくありません。

レース距離は250km – 800kmのセミ耐久レースで、必ず2人のドライバーが組み、予選・決勝共に2人のドライバーが走ること、及び1人のドライバーが全体の3分の2を超えて走ってはならずドライバー交代が義務付けられています。認知度やレベルの向上などもあり、F1、WEC、DTMなど海外のトップカテゴリーを経験したドライバーが参戦する例も増えており、 2006年にはインターネットサイトで生中継され、2007年からはBS放送でハイビジョン録画放送されています。

SUPER GTの公式ページはこちら

 

使用した製品とサイズ

導入製品:屋内用LEDビジョン

ピッチサイズ:2.97mm Round1~Round6

      :3.91mm Round7~Round8

サイズ:W3500mm×H2000mm Round1

   :W4500mm×H2500mm Round2~Round8

記者会見・選手インタビューの背景として起用

今回導入されたLEDビジョンはSportsNaviの記者会見・選手インタビューにて使用されました。

大画面のLEDビジョンを背景にした映像は迫力があり、印象的な映像になっています。

LEDビジョンは「LED TOKYO」

LED TOKYOでは自社ブランド製品の高品質なデジタルサイネージを、リーズナブルな価格にて提供しております。

ご購入はもちろん、レンタルのご相談も歓迎しております。

専門のスタッフによる安心のサポートのもと、お客様に最適な提案をさせていただきます。

是非お気軽にLED TOKYOまでご連絡ください。

導入実績一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ