トヨタ自動車株式会社 CAMATTE CONNECTION / 東京おもちゃショー2019

https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/28241929.html

スクロール
Title
トヨタ自動車株式会社 CAMATTE CONNECTION / 東京おもちゃショー2019
URL
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/28241929.html
Category
LEDビジョン , LED事業 , イベント , レンタル , 特殊パネル

    この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

    LED TOKYOは、2019年6月15日、16日の2日間、東京ビッグサイトで開催された「東京おもちゃショー2019」に出展の、「トヨタ自動車株式会社」展示ブース「CAMATTE CONNECTION」に、LEDビジョンを導入しました。

     

    東京おもちゃショー2019

    「東京おもちゃショー2019(INTERNATIONAL TOKYO TOY SHOW 2019)」は、一般社団法人 日本玩具協会が主催する、国内最大規模の玩具の展示会です。

    ​2019年度は、2019年6月13日~16日の4日間開催され、最初の2日間は、ビジネス関係者向けの「商談見本市」、後半の2日間をお子様・ファミリーなど一般の方が楽しめる「一般公開」とし、話題のおもちゃ、珍しいおもちゃ、おもちゃに関するメーカー最新情報から、お子さまから大人まで“体験”できるイベントとして15万人以上が訪れました。

     

    CAMATTE CONNECTION

    「トヨタ自動車株式会社」が出展した「CAMATTE CONNECTION(カマッテ コネクション)」は、“一般公開”の2日間に展示された“子どもがクルマを運転できる”ブースです。

    ブースでは、身長130cm以上の子供向けに、本物のクルマと同じ部品を使用しリアルな運転を体験できるコンセプトカー「Camatte ペッタ」と、身長130cm未満の子供向けコンセプトカー「Camatte ベリー」が用意され、ミニチュアの街を運転体験できるとして、多くのご家族が集まる人気企画となりました。

    今回は、このミニチュアの街に可愛らしい景色を映し出す背景部分、ワクワク感の増す演出で運転が楽しくなる道路部分などに、LED TOKYOのLEDビジョンが利用されました。

    6.25ミリピッチ、横11.5メートル×奥行3メートルの床用LEDビジョン、2.6ミリピッチ、横4メートル×縦2メートルの背景となるLEDビジョンに加え、2.6ミリピッチ、横1メートル×縦1.5メートルの看板となるLEDビジョンを、それぞれ導入しました。

    「CAMATTE CONNECTION」ブースでは、コンセプトでもある“つながる”体験を提供し、子供の運転を介した、親子でのコミュニケーションを楽しむ“笑顔”をたくさん見ることができました。

     

    アイディアをカタチにできる「LEDビジョン」の技術

    「LEDビジョン」は、パネルの組み合わせだけで大きさや形を変更できる柔軟性、屋内外関わらず明るく高精細な映像を放映できる機能性、車の重さにも耐えることのできる床用LEDビジョンや、透過度最大90%を誇る透過型LEDビジョンなど種類の豊富さで、さまざまな用途に利用が進んでいる「映像表示器」です。

    ただ情報を発信するだけでなく照明としての役割も担えるので、映像次第では空間演出も可能にし、インタラクティブ機能を持たせたコンテンツや、デジタルインスタレーションとしてなど、アイディアをカタチにするサポートをしています。

    また、「LEDビジョン」は、“最新”や“最先端”などの先進的イメージを持ち合わせていることから、見本市や展示会、新技術の発表にも適しており、世界中で活躍の幅を拡げています。

    LEDビジョンの購入・設置
    レンタルのことならお任せください

    メールフォームでのお問い合わせ

    内容確認後、迅速にご返信させていただきます

    お電話でのお問い合わせ

    受付時間:平日10時〜19時