導入事例

MV「ラブfeat.pH-1」/indigo la End

公開日:2021.10.06
更新日:2021.10.06

10月1日に配信開始された、indigo la Endと韓国人気ラッパーのpH-1のコラボ曲「ラブfeat.pH-1」にLEDビジョンが導入されました。

indigo la End「ラブfeat.pH-1」

1年以上の製作期間を経て完成した、indigo la End初となる海外アーティストとのコラボ楽曲「ラブfear.pH-1」

 

男女の恋愛のみならず、違う言語を話す人、異なった文化背景を持つ者同士の複雑な人間関係などを英語・日本語・韓国語の三か国語で表現された楽曲になっています。

 indigo la End

「indigo la End」は2010年2月に「ゲスの極み乙女。」でも知られる川谷絵音を中心に結成された日本のロックバンド。

所属レーベルは川谷絵音がワーナーミュージックジャパン内で設立した「TACO RECORDS」

 

2014年4月2日に3rdミニアルバム「あの街レコード」でメジャーデビュー

代表曲には「真夏のマジック」「鐘泣く命」「チューリップ」などがあります。

メンバーは作詞作曲も担当している川谷絵音(Vo/Gu)、長田カーティス(Gu)、後鳥亮介(Ba)佐藤栄太郎(Dr)の4名で活動しています。

 

indigo la EndのHPはこちら

https://indigolaend.com/

pH-1

韓国のヒップホップ・レーベル「H1GHR MUSIC」所属の人気ラッパーpH-1

 

2016年に27歳でシングル曲「Wavy」でデビュー

韓国人気のHIPHOPサバイバル番組「SHOW ME THE MONEY」への出演がきっかけで人気に火がつきました。

現在ではK-POPアイドルの楽曲へのフィーチャリングゲストとして参加するなど活躍の幅を広げています。

 

pH-1の公式Instagramはこちら

https://www.instagram.com/ph1boyyy/?hl=ja

 

amidus株式会社FIRSTORDER

今回のMV撮影をプロデュースしたのはamidus株式会社FIRSTORDER

クリエイティブアプローチによる、新規事業(新規IP)開発代理業
事業開発のあらゆるプロセスにおける、右脳的なソリューションを提供ココンセプトメイク・仮説設定・事業企画・事業推進までを、一気通貫で担当

 

amidus株式会社FIRSTORDERの公式HPはこちら

導入実績

MVには多彩なグラフィックを映し出したLEDビジョンが登場し、作品の物語やイメージの演出をサポートしました。

映し出す映像によって、スピード感のある動きのある作品を作り出すことが可能です。

 

使用した製品とサイズ

導入製品:屋内用LEDビジョン

ピッチサイズ:3.9㎜

導入サイズ:W5000㎜×H2000㎜、W5000㎜×H3500㎜

暗闇の中でLEDビジョンを使用することで、LEDビジョンの鮮明な色合いなどを一層表現することが可能に。

また、大型のLEDビジョンを使用することで迫力のあるMVに仕上がりました。

MV「ラブfeat.pH-1」ような導入をご検討の際にはぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

今回導入した製品の詳細はこちら

屋内用LEDビジョン

LEDビジョンは「LED TOKYO」まで

LED TOKYOは、自社ブランドを生産することにより、高品質なLEDビジョン、液晶ディスプレイをリーズナブルな価格にて提供しております。

購入はもちろん、レンタルのご相談も歓迎しております。

専門のスタッフによる安心のサポートのもと、お客様に最適な提案をさせていただきます。

是非お気軽にLED TOKYOまでご連絡ください。

 

 

導入実績一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ