fbpx

NEWS
ニュース

デジタルサイネージの特徴9選!導入前に試す方法も紹介

  • 公開日:2022.06.01
  • 更新日:2024.03.13
  • 液晶ディスプレイ

近年、情報発信の媒体としてデジタルサイネージの利用が活発化しています。導入を検討するうえで特徴を押さえておきたい方も多いのではないでしょうか。今回はデジタルサイネージの特徴を9つに厳選して徹底解説します。導入前に試す方法も紹介しているので、特徴を深く知りたい方はあわせてチェックしてみてください。

デジタルサイネージの特徴9選

早速、デジタルサイネージの代表的な特徴を9つに厳選して解説します。

特徴1.静止画だけでなく動画を放映できる

デジタルサイネージは、静止画だけでなく動画を放映できます。動画であれば、静止画では実現できない表現が可能です。たとえば、文字に動きをつけてインパクトを与えられます。音声も流せるため、看板やポスターよりも発見してもらえる可能性も高いです。

特徴2.コンテンツを自由に切り替えられる

デジタルサイネージは、ポスターや看板などとは違って、コンテンツを自由に切り替えられます。最新のニュースや天気情報、季節に応じたコンテンツなどを発信するのに便利です。また、印刷や貼り替え、廃棄の作業が発生しないので、コストや手間もかかりません。

特徴3.遠隔から情報を発信できる

デジタルサイネージは、USBのデータを放映するだけでなく、ネットワークを通してデータを放映することも可能です。遠隔で複数のデジタルサイネージから情報を発信できます。複数の拠点でデジタルサイネージを運用したい場合に最適です。

特徴4.業種を問わず活用されている

デジタルサイネージは、業種を問わずあらゆる場所で活用されています。活用される場所の例は以下の通りです。

【活用場所】

商業施設/駅/役所/ビル/オフィス/マンション/歯医者/工場/美術館/学校/美容室/バー/ホテル/病院/飲食店/アパレルショップ/バス停/バス車内/お寺/パチンコ店

思わぬ場所でデジタルサイネージが役立つ可能性もあります。情報発信の環境を見直したいのであれば、一度は検討してみるとよいでしょう。

特徴5.種類が豊富で多用途

デジタルサイネージは種類が豊富で、さまざまな目的で活用されています。たとえばタッチパネル式は、画面のタッチ操作でユーザーが自由に情報を取得できるため、店舗や観光、見学などの案内に便利です。壁掛け式は室内の壁にかけて設置できます。ファストフード店などでレジ裏のメニューボードとしても利用されることが多いです。

特徴6.屋外でも使える

デジタルサイネージは、屋内だけでなく屋外で使える製品もあります。屋外用は、高輝度で日中でも太陽に負けず、鮮明な映像を放映可能です。また、防水・防塵性能を備えており、台風レベルの強風や豪雨に耐えられる製品もあります。

特徴7.レンタルにも対応している

デジタルサイネージは購入だけでなくレンタルすることもできます。一般的に購入する場合だとっ数十万円かかってしまうことがありますが、レンタルであれば1日1枚あたり6,000円ほどで利用できる場合があります。ライブや展示会などで短期間だけ導入したい場合はレンタルを検討してみましょう。

特徴8.エンタメとしても活用できる

デジタルサイネージは単に情報を発信するだけでなく、視聴者を楽しませるエンタメ機器としても活用できます。たとえば、モニターの前に立つだけで試着体験ができる体験型サイネージがあり、外国人観光客が和装や武将衣装などを楽しめます。デジタルサイネージは、インバウンド施策や地域活性化などでも重要な役割を果たすでしょう。

特徴9.施設のイメージアップにつながる

デジタルサイネージは、電子機器の見た目がスタイリッシュであり、施設のイメージアップにも役立ちます。たとえば、マンションではたくさんの紙が貼られた掲示板がも煩雑な印象を与えてしまうことがあります。その点、デジタルサイネージを導入すれば、スッキリとした美観を実現できます。

デジタルサイネージの特徴を詳しく知りたいならLED TOKYOのショールームへ

今回は、デジタルサイネージの代表的な特徴をまとめてご紹介しました。

デジタルサイネージは動画を放映できるため、文字の動きや音声などによる静止画にはない表現で情報を発信できます。また、遠隔で情報を配信できることも可能であり、ポスターや看板と違って更新の負担が少ないです。複数の拠点で運用することも不可能ではありません。

最近のデジタルサイネージは、AIや顔認証などのさまざまな機能も搭載されており、今回紹介できなかった特徴もたくさんあります。

デジタルサイネージの特徴を深く知りたい場合はショールームの利用がおすすめです。ショールームであれば、デジタルサイネージを導入する前に、見たり触れたり、コンテンツを放映したりすることが可能です。

LED TOKYOでもデジタルサイネージを配置したショールームを用意しています。見学は予約制なので、ご希望する方はぜひお問い合わせください。

https://led.led-tokyo.co.jp/showroom/

世界基準のLEDビジョンを圧倒的コスパでご提供!

ご購入はもちろん、レンタルのご相談も歓迎しております。
専門のスタッフによる安心のサポートのもと、お客様に最適な提案をさせていただきます。
是非お気軽にLED TOKYOまでご連絡ください。

RELATED WORKS
関連記事