fbpx

NEWS
ニュース

デジタルサイネージの効果は?高める方法や導入事例も紹介!

  • 公開日:2023.03.15
  • 更新日:2024.03.13
  • LEDビジョン

電子看板として知られるデジタルサイネージは、ビジネス環境を改善する媒体として広く活用が進んでいます。どのような効果があるのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。今回は、デジタルサイネージの効果や効果を高める方法、効果的な導入事例などについて解説します。

デジタルサイネージの効果

デジタルサイネージとは、LEDビジョンなどを用いて情報を表示する電子看板です。アナログ媒体の看板とは異なり動画の再生も可能で、時間帯や季節に応じて内容を柔軟に変更できます。

駅構内や商業ビルの側面など、あらゆる場所で活用が進んでいます。早速、デジタルサイネージの効果について整理します。

強調効果

デジタルサイネージは、昼夜共に映像を鮮明に映し出せるため、アナログ媒体の看板と比べてインパクトのある存在です。街を歩く人々に対して、アナログ看板よりも強く印象付けることができます。

マーケティング効果

デジタルサイネージはマーケティングも役立つ機器です。視聴者の性別や年齢を測定してコンテンツを変える機能を活用できます。そのほか、気になる画像をタッチするとクーポンが発行される仕組みも構築できます。

コスト削減効果

従来張り紙を利用していたところをデジタルサイネージに切り替えるケースもあります。

印刷や紙、貼り替え作業などのコストを削減できる効果が期待できます。

空間演出効果

デジタルサイネージは空間演出においても効果的です。美しく綺麗な映像で店舗を彩ります。建物側面における演出は「メディアファサード」とも呼ばれ、店舗のイメージや特徴を外から見てわかりやすく示す効果も持ちます。

空間演出とは │ 訴求効果・LEDビジョンの活用事例を紹介

売上増加効果

スーパーマーケットでは、デジタルサイネージを利用した広告により売上が最大5倍に達したという事例もあります。環境ごとに消費者の心理や調査・分析することで、現状よりも高い売上増加効果を狙えるでしょう。

デジタルサイネージの効果を高める方法

デジタルサイネージにはたくさんの効果がありますが、導入に失敗する効果を発揮できないことがあります。ここでは、デジタルサイネージの効果を高める方法を解説します。

目的・環境に適した種類を選らぶ

自社の目的・環境に適した種類を選ぶことが重要です。デジタルサイネージは、大きく分けて3種類あります。

1つ目は、スタンドアローン型です。PCやアプリで作成したコンテンツをメディアプレイヤーで再生します。比較的手軽に始められるのが特徴です。

2つ目は、ネットワーク配信型です。オンライン上の複数拠点で放映管理ができます。

3つ目は、近年登場したクラウド型です。WebブラウザがあればHTML5を活用することでメディアプレイヤーが不要となります。

目的・環境に応じてデジタルサイネージを使い分ければ、より大きな効果を発揮させられるでしょう。

売り場の近くに設置する

デジタルサイネージは、商品のそばにある方が効果は高まります。一般的に売り場の画面が顧客の視界に入るのは、3~5秒という非常に短い時間と言われています。

その数秒間に消費者の心に印象を残し、なおかつ購入という行動に移らせるためには、商品の近くに設置する必要があるといえるでしょう。

ABテストを実施する

同一チェーンの店舗であっても、立地や周囲の環境によって顧客に対する効果的な宣伝方法は異なります。より効果的なコンテンツを探すためには、ABテストが有効な手法です。

たとえば、同じような地域性を持つ店舗、同じ商品に対して、デジタルサイネージのコンテンツを通じた訴求を行う場合を考えてみます。対象店舗でコンテンツの一部を変更した映像を同じような環境で配信し、売り上げがどのように変化したか統計を取ります。

効果の高いコンテンツを選んで、改良を加えれば、デジタルサイネージを活用した売り上げの拡大が見込めるでしょう。

状況やターゲットに適したコンテンツを配信する

販促したい商品を決定したら、時間帯や季節、天気、気温などの状況に応じてコンテンツをきめ細かく変化させていくことが重要です。

コンテンツには必ずしも高度な演出が求められるわけではありませんが、ターゲットを引き込むメッセージ性を持っている必要があります。

待ち時間に視聴してもらう

フィットネスクラブなどのように滞在時間が長い施設では、消費者が情報を取得する際の心理状況は比較的落ち着いている必要があります。

心理をふまえた情報展開により、その後の購買に結びつく可能性もあるでしょう。

効果的なデジタルサイネージの導入事例

デジタルサイネージはますます活躍の場を広げています。マーケティングにおける導入はもちろん、効率的な情報表示やイベント・空間の演出などで効果をもたらしています。それぞれの事例を紹介します。

マーケティングの事例

株式会社GRANDDESIGNの拠点があるビルの4階カーテンウォール部分に、屋外用LEDパネルを10枚使用した横4.8メートル×縦1.92メートルのデジタルサイネージが設置されました。

動画での放映を行うことで訴求力のアップにつながることはもちろん、複数の情報を自由に発信できるようになりました。

建物外観の雰囲気ともマッチし、通行人の目を引くことになりました。

株式会社GRANDDESIGN / 屋外用LEDビジョン

情報表示の事例

幕張メッセで行われた専門技術展「TECHNO-FRONTIER2019」においてレンタルで導入されたデジタルサイネージの事例です。

オープニングセレモニーなどが行われた「一般社団法人日本能率協会」のブースに、横4.5メートル×縦2.5メートルのデジタルサイネージが設置されました。

LEDビジョンを組み込んだブースはスケールの大きな存在感を放ち、セレモニーの映像や会場の案内を伝えました。

幕張メッセ TECHNO-FRONTIER 2019 / 一般社団法人日本能率協会

空間演出の事例

「第70回全日本フェンシング選手権大会」では、壁面にかけられる大型デジタルサイネージと、決勝で使用されるピスト(フェンシング競技における試合場)への床面LEDが導入されました。

試合中はLEDビジョンを通じて時間・名前・得点が大きく表示されるだけでなく、得点のたびにLEDが光る演出も行われました。試合の雰囲気を大きく盛り上げる効果をもたらしました。

選手たちが踊るオープニングセレモニーにも活用され、例年の5倍以上集まった観客を十分に楽しませることに成功しています。

第70回全日本フェンシング選手権大会

デジタルサイネージを効果的に導入したい場合はLED TOKYOに相談

デジタルサイネージは、強調効果やマーケティング効果、空間演出効果などさまざまな効果がありました。ただ、導入に失敗してしまえば、効果を発揮しきれない恐れもあります。

LED TOKYOでは、デジタルサイネージの選定から設置、映像制作、運用管理、保守まで対応しており、機器の効果を最大限に発揮できるようにトータルでサポートしています。デジタルサイネージを効果的に導入したい場合がぜひLED TOKYOにご相談ください。

世界基準のLEDビジョンを圧倒的コスパでご提供!

ご購入はもちろん、レンタルのご相談も歓迎しております。
専門のスタッフによる安心のサポートのもと、お客様に最適な提案をさせていただきます。
是非お気軽にLED TOKYOまでご連絡ください。

RELATED WORKS
関連記事