AIに質問

News

LEDビジョン空間演出とは │ 訴求効果・LEDビジョンの活用・事例

空間演出とは │ 訴求効果・LEDビジョンの活用・事例

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

LEDビジョンの活用方法にはさまざまなものがあり、店舗の外観を彩るメディアファサード、LEDビジョンをトラックに搭載しプロモーション映像を再生するビジョントラックなどが例として挙げられます。

今回ご紹介するLEDビジョンの活用方法は「空間演出」です。新製品発表会、音楽イベントなどの会場や、舞台芸術の演出には欠かせない空間設計に、LEDビジョンを取り入れるとどのようなメリットがあるかをご紹介します。

空間演出とは?

空間演出とは、室内など、ある特定の空間を魅力的に感じさせるための様々な工夫のことです。

床、壁、天井で形作られた密閉空間である室内や、ある一定の敷地で仕切られた会場などの空間を、光と音をメインに、時には匂いも交えつつ彩ることで、その場所を訪れる人に部屋という空間以上の印象を残します。

視覚・聴覚に訴え、空間を魅力的に彩る

人間の持つ五感には、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の5種類があります。

空間演出ではこの中でも特に視覚と聴覚に重点を置きます。この2つは「間接的感覚」とも言われており、視覚は光、聴覚は音をそれぞれ感じ取ります。

そのため最近の空間演出では、LEDビジョンを用いて高精細な映像を流すことで「視覚」に訴えかけ、同時にスピーカーなどを用いて音楽や効果音を流すことで「聴覚」に訴えかける形も多く見られます。

また、場合によっては空間に匂いを漂わせ、「嗅覚」に訴えかけることもあります。

LEDビジョンを用いた空間演出の効果は?

LEDビジョンは主に、空間演出の中の「視覚」への訴求を担当します。LEDビジョンは壁面だけでなく床面や天井などにも設置できる柔軟さと、LEDによる高精細な映像が魅力です。

このように、さまざまな会場での運用に優れたLEDビジョンは、空間演出においてはどのような効果を発揮するのでしょうか。ここでは映像と使用シーン、二つの観点からそれぞれ見ていきます。

空間を鮮やかに演出!LEDビジョンを最大限に生かすための“映像制作”もLED TOKYOにて!

美しく綺麗な映像による、高い訴求力が特長

LEDビジョンの持つ最大の特長は、美しく綺麗な映像が出力できるということです。

一般家庭で用いられているテレビやディスプレイなどの約5倍以上という高い輝度を備えているため、太陽光のある屋外でも鮮やかな映像が映し出せます。また、夜や暗い室内などでは、より一層鮮やかな映像が映し出せることも大きな特長です。

高精細な映像を出力できるLEDビジョンは、空間演出においても大きな役割を果たします。設置場所に合わせた映像を流せば、来場者に与える印象を大きく左右することも可能です。

ファサードの演出にもLEDビジョンは効果的

ファサードとは、「建物の正面」という意味を持つフランス語の言葉です。

プロモーション手法のひとつとして「メディアファサード」というものがあります。建物の外壁にプロモーション映像を投影したり、LEDビジョンに映像を再生したりすることで建物の周囲にいる人や通りすがりの通行人にアピールをします。

LEDビジョンはこの「メディアファサード」においても威力を発揮し、大型のLEDビジョンを建物の壁面に設置することで、昼夜問わず高精細な映像を通行人に届けられます。

また、LED TOKYOには透過型のLEDビジョン「ウィンドウビジョン」もあるため、これを選べば屋内に入ってくる太陽光を妨げることなくLEDビジョンを設置できます。

メディアファサードとは │ 店舗の正面をデジタル化・視認性アップ・入店率アップ

LEDビジョンを用いた空間演出の事例

LEDビジョンは、すでにさまざまなシーンの空間演出で活用されています。ここでは展示会、ミュージックビデオや音楽イベント、舞台芸術それぞれにおける空間演出事例を紹介します。

清潔感の演出:国際モダンホスピタルショウ2019

国際モダンホスピタルショウ2019(IMHS2019)」は、一般社団法人日本病院会、一般社団法人日本経営協会が主催する、医療や介護、福祉の充実、質の向上に役立つ機器、製品、システム、サービスの大規模展示会です。

同展示会において、LED TOKYOは「株式会社ヤギコーポレーション」展示内「BEAMS MEDICAL」エリアに、LEDビジョンを設置しました。

木工パネルにはめ込まれたLEDビジョンは白を基調とした展示ブースに違和感なく溶け込み、清潔感のある空間を演出することに成功しています。

国際モダンホスピタルショウ2019 / BEAMS MEDICAL

世界観の構築に貢献:ミュージックビデオや音楽イベント

アーティストの奏でる音がコンテンツの要となるミュージックビデオや音楽イベントも、近頃は映像による視覚への訴求が同時に行われるようになりました。音楽に合った映像を流すことで、ミュージックビデオの視聴者や音楽イベントの来場者はよりアーティストの世界に引き込まれます。

sleepyheadは、音楽、映像、小説、デザイン、ファッションをミックスした3D音楽表現を展開するアーティストです。

同アーティストの楽曲「meltbeat feat.DURAN」のミュージックビデオには、LED TOKYOのLEDビジョンとウィンドウビジョンが導入されました。LEDビジョンとウィンドウビジョンを組み合わせて作られたLEDのオブジェが色鮮やかな光を発し、夢の中にいるような楽曲の世界観を色濃く表現しています。

sleepyhead / meltbeat feat.DURAN MV

また、東京・新宿ReNYにて開催された音楽イベント「2018 MINUE Comeback Concert “Dream Baby Dream”」でもLED TOKYOの大型LEDビジョンが採用されています。

大型LEDが楽曲ごとに用意された映像やリアルタイムの本人映像を映し出し、会場は大いに盛り上がりました。

新宿ReNY / 2018 MINUE Comeback Concert “Dream Baby Dream”

MANSAI◉解体新書シリーズ「5W1H」

東京・世田谷で開催された野村萬斎氏の芸術企画「MANSAI◉解体新書シリーズ その三拾 特別版『5W1H』」には、ウィンドウビジョンが導入されました。

舞台では、ワイヤーアクションなどのダイナミックな演技と臨場感のあるサウンドに加え、大型ウィンドウビジョンによる映像演出が実現しています。

ウィンドウビジョンはアナログとデジタルが正面からぶつかりあうという企画の見どころを大いにサポートしたと言えるでしょう。

LEDなど最新テクノロジーが融合した舞台芸術の新境地を表現!MANSAI⦿解体新書シリーズ「5W1H」にLEDビジョンを導入しました

LEDビジョンで効果的に「空間演出」

空間演出の基本となる視覚と聴覚への訴求に、LEDビジョンは大きく貢献します。高精細なLEDによる映像はインパクトも大きく、映像に合わせて用意した音源を用いれば、視覚と聴覚へ同時に訴求する形の空間演出を創り上げられます。

LED TOKYOでは、LEDビジョンの販売やレンタルだけでなく、LEDビジョンで再生するコンテンツの製作も承っています。LEDビジョンを用いた空間演出をお考えの際は、LED TOKYOへご相談ください。

LEDビジョンの購入・設置
レンタルのことならお任せください

メールフォームでのお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日10時〜19時