• LED TOKYO > ニュース > インタラクティブホワイトボードを導入するときにカタログを確認する必要性やメリット、注意点などを解説!
インタラクティブホワイトボードを導入するときにカタログを確認する必要性やメリット、注意点などを解説!

インタラクティブホワイトボードを導入するときにカタログを確認する必要性やメリット、注意点などを解説!

公開日:2023.03.23
更新日:2023.04.10
IWB

カタログとは、商品やサービス内容を利用希望者に向けてまとめた案内書です。インタラクティブホワイトボードを導入するときのリサーチに役立ちます。今回はインタラクティブホワイトボードを導入するときにカタログを確認する必要性やメリットについて解説します。インタラクティブホワイトボードの資料請求を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

インタラクティブホワイトボードのカタログを確認する必要性

インタラクティブホワイトボードは、ディスプレイとホワイトボードが一つになったタッチセンサー搭載型のデジタルサイネージです。

インタラクティブホワイトボードは、さまざまな機能を搭載しており、用途も広がっています。

具体的な機能の例は下記の通りです。

  • ピンチインやピンチアウトといったジェスチャー操作
  • 自動周辺ノイズキャンセリング
  • 複数人による同時書込み
  • Google MeetやZoomといったWeb会議ツールとの連携
  • タブレット端末からの書込みや写真のアップロード

価格は数十万円以上するケースがほとんどで、中には100万円以上する製品も珍しくありません。

慎重に製品の内容を確認しないと、無駄な機能を搭載した高価な製品を購入してしまう恐れがあります。メーカーのホームページでインタラクティブホワイトボードの詳細を確認すればよいと思うかもしれません。

ただ、ホームページは製品の要点が掲載されることが多く、詳細についてわからないことがあります。その点、カタログではホームページには掲載されていない詳細情報を確認できることがあります。少しでもインタラクティブホワイトボードの導入に不安があれば、カタログを確認しましょう。

インタラクティブホワイトボードのカタログを確認するメリット

インタラクティブホワイトボードのカタログを確認するメリットについて解説します。

メリット1.製品の利便性がはっきりとわかる

ホームページでは「○○機能搭載」などと記載があっても、何が便利なのかよくわからないケースも少なくありません。カタログであれば性能の詳細がわかり、製品を利用するメリットがわかりやすいです。

たとえば、Android OSを搭載しているからさまざまなアプリをインストールできることがわかったり、ハイスペックなCPU・GPUを内蔵しているから操作がスムーズであることがわかったりします。

製品の利便性を深く理解してから購入したい方にとって、カタログの確認は不可欠だといえるでしょう。

メリット2.入出力のインターフェースを確認できる

ディスプレイ機器を導入するときに気になるのが入出力インターフェースではないでしょうか。端子の種類がたくさんあり、うまく配線できるか不安を感じてしまいがちです。

カタログでは、インターフェースについても記載されていることが多く、わずらわしい変換コネクタが不要で、気軽にさまざまなデバイスと連携できることを確認できる場合があります。

中には、端子のイラストまで掲載している資料もあり、一目で配線環境がイメージできることもあります。

このように、導入前の不安を解消できるのがカタログの便利な点だといえるでしょう。

インタラクティブホワイトボードのカタログを確認するときの注意点

カタログによっては、インタラクティブホワイトボードの内容を網羅的に説明するケースもあり、膨大なページ数で情報がまとめられていることがあります。

中には約20ページ近くの資料に細々な情報が記載されているカタログも珍しくはありません。

情報が多いことによって、どこに何が書いてあるのかを探すのに時間がかかる場合があります。保証期間や使用上の注意点など、重要なポイントを見落としてしまう恐れもあるでしょう。

要点がまとめられた簡易版の資料を確認しながら、深く知りたい部分があったときに深堀していくような使い方も検討してみましょう。

インタラクティブホワイトボードを導入するときは販売先への相談も必要

今回はインタラクティブホワイトボードを導入するときにカタログを確認する必要性やメリット、注意点などを解説しました。

インタラクティブホワイトボードの情報はホームページでは要点しかわからず、購入を検討するのには不充分に感じることがあります。

カタログであれば性能やインターフェースなどの情報が詳しくわかり、利用するメリットや使い方のイメージなどが浮かびやすくなります。

ただ、カタログを確認しても知りたい情報がわからなかったり、疑問点が生じたりすることもあるでしょう。

必要に応じてインタラクティブホワイトボードの販売先に確認することも重要です。

LED TOKYOのインタラクティブホワイトボードについては、下記のフォーマットから問い合わせを受け付けています。導入にあたって気になる点があれば、気軽にご相談ください。

インタラクティブホワイトボードの問い合わせフォームはコチラ

ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ