• LED TOKYO > ニュース > インタラクティブホワイトボードをWeb会議に導入するメリット・デメリットを解説! 必要な準備は?
インタラクティブホワイトボードをWeb会議に導入するメリット・デメリットを解説! 必要な準備は?

インタラクティブホワイトボードをWeb会議に導入するメリット・デメリットを解説! 必要な準備は?

公開日:2023.03.22
更新日:2023.04.10
IWB

インタラクティブホワイトボードは、遠隔地のメンバーとWeb会議を行うときにも活用できます。インタラクティブホワイトボードをWeb会議に導入しようか迷っている方もいるでしょう。今回はインタラクティブホワイトボードをWeb会議に導入するメリット・デメリットなどについて解説します。必要な準備にも触れているので、用意すべきものを知りたい方も参考にしてみてください。

インタラクティブホワイトボードをWeb会議に導入するメリット

まずは、インタラクティブホワイトボードをWeb会議に導入するメリットについて解説します。

メリット1.遠隔地の参加者も意見を視覚化できる

Web会議の際に通常のアナログホワイトボードを画面に映す場合、参加者が書込みを加えられないため、対面の会議よりも意見を視覚化しづらいです。

その点、相互書込に対応したインタラクティブホワイトボードであれば、遠隔地でも参加者が意見を視覚化しやすくなります。アイデアが生まれやすく、コミュニケーションも活発化するでしょう。

メリット2.会議の内容をデータ化して共有できる

会議で共有した資料やメンバー間で出し合った意見をデータとして共有したい場合があります。アナログのホワイトボードでは、画面の写真を撮影してWeb会議の参加者に送信しなければなりません。

インタラクティブホワイトボードは、通常のホワイトボードとは違ってPDF化に対応できる場合があり、会議の内容を気軽に共有しやすいです。

インタラクティブホワイトボードをWeb会議に導入するデメリット

次に、インタラクティブホワイトボードをWeb会議に導入するデメリットを解説します。

デメリット1.アナログのホワイトボードよりも価格が高い

インタラクティブホワイドボードを購入するときは、基本的には数十万円のコストが発生します。高性能な製品だと100万円を超えるケースも珍しくありません。

その点、アナログのホワイトボードであれば、数千円~数万円程度で購入できます。

Web会議の頻度が少ないのであれば、多少不便な点を我慢してもアナログのホワイトボードを活用したほうが経済的に済ませられるでしょう。

デメリット2.アナログのホワイトボードと違って故障のリスクがある

電子黒板は多機能で便利ですが、アナログのホワイトボードと違って故障のリスクがあります。たとえば、タッチセンサーの不調に困ることがあるようです。

インタラクティブホワイトボードに関しても、故障すればWeb会議に支障をきたすでしょう。導入する場合は故障のサポート体制に着目することも重要です。

インタラクティブホワイトボードでWeb会議をするときに必要な準備

インタラクティブホワイトボードでWeb会議をするときにはいくつか準備が必要になります。インタラクティブホワイトボードでWeb会議をするときに必要な準備を解説します。

移動式スタンド

Web会議を行う場所を誤ると、話声が社員の集中力を低下させたり、会議の内容がつつぬけになったりします。

会議室に配置すればよいと思うかもしれませんが、会議室が常に利用できるとは限りません。臨機応変にWeb会議を行えるようにするためには、移動式スタンドが役に立ちます。

キャスターが付属されているので、Web会議の開催に適した場所にインタラクティブホワイトボードを気軽に移動して活用できます。

移動式スタンドは、購入であれば6万円程度、レンタルであれば6,000円程度で導入可能です。

カメラ・マイク

Web会議をするときには、参加者の顔が映り、会話が良好に聞こえるような環境を整備する必要があります。

インタラクティブホワイトボードでWeb会議をするときにも、Webカメラやマイクスピーカーなどの周辺機器が必要になる場合があります。

カメラやマイクによってセンサーや広角レンズ、マイクアレイなどのスペックが異なるので、より快適にWeb会議を開催したいのであれば高性能な製品を選ぶとよいでしょう。

カメラやマイクは、購入であれば7万円程度、レンタルであれば6,000円程度で導入可能です。

インタラクティブホワイトボードを導入するならLED TOKYOに相談

今回は、インタラクティブホワイトボードをWeb会議に導入するメリット・デメリットなどについて解説しました。

インタラクティブホワイトボードは、ネットワーク経由で資料や書き込んだ素材を遠隔地で共有できるので、Web会議でも意見を視覚化しやすいです。

ただ、アナログのホワイトボードと違って価格が高くなったり、故障したりすることがあります。デメリットを理解したうえで導入を検討することが大切です。

また、Web会議を行うときにはカメラやマイクなどが必要になることもあります。

LED TOKYOでは、インタラクティブホワイトボードとあわせてカメラやマイクの購入・レンタルにも対応しています。Web会議の環境をスムーズに整備したい方はぜひご相談ください。

ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ