• LED TOKYO > ニュース > 最新インタラクティブホワイトボードの機能や性能を紹介! 導入するときの注意点は?
最新インタラクティブホワイトボードの機能や性能を紹介! 導入するときの注意点は?

最新インタラクティブホワイトボードの機能や性能を紹介! 導入するときの注意点は?

公開日:2023.04.06
更新日:2023.04.10
IWB

インタラクティブホワイトボードは、タッチセンサーを搭載した書込み用ディスプレイです。最近の製品にはさまざまな最新機能が搭載されて、ますます便利になっています。今回は、インタラクティブホワイトボードの利便性を知ってもらうために、最新の製品に搭載されている機能や性能などについて解説します。インタラクティブホワイトボードの利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

最新インタラクティブホワイトボードの機能

早速、最新インタラクティブホワイトボードの機能について解説します。

遠隔共有機能

インタラクティブホワイトボードは、同じ室内で資料を共有するのに利用するイメージがあるかもしれません。

最新の製品では遠隔共有機能を搭載しており、本社と支社のように離れた拠点間でも板書の内容を共有可能です。通常の会議だけでなくWeb会議にも活用できます。

無線機能

最新のインタラクティブホワイトボードは、WIFI6とBluetoothなどに対応しており、無線入力によってコードレス空間を実現できます。

必要なケーブルが電源だけになるので、導入環境の見栄えがスッキリとするだけでなく、配線につまずくリスクを減らせます。

AI機能

最近では、AI機能も充実し始めています。たとえば、AIが声の位置を特定して自動で発言者の顔をクローズアップしてくれる製品があります。

また、AIアルゴリズムにより集音範囲の内側の音だけを拾って外側の音を遮断できる製品もあります。

カスタマイズ機能

Android OSを搭載しているインタラクティブホワイトボードもあり、さまざまなアプリケーションをインストールして利用することも可能です。製品を使いやすいようにカスタマイズできるので、活用できる幅も広がるでしょう。

最新インタラクティブホワイトボードの性能

最新インタラクティブホワイトボードは4Kに対応していることがあり、鮮明な画像や映像を映し出せるようになっています。

細かい図面や小さな文字なども精細に表現できるので、見づらい思いもしづらいでしょう。

操作がスムーズで低遅延

最新インタラクティブホワイトボードには高性能なCPU/GPUが搭載されており、スムーズな操作を行えるようになっています。

書き込みによる遅延も少なく、会議やプレゼン、授業などを滞りなく実施することが可能です。

ダイレクトボンディング加工

ダイレクトボンディング加工とは、ガラスと液晶パネルの間にある空気層をなくして接着する加工です。

空気層をなくすことで反射を大幅に低減させられるので、視認性が高くなります。画面の閲覧時にストレスが生じにくくなるでしょう。また、粉塵混入のリスクも減ることから劣化耐性も向上します。

最新インタラクティブホワイトボードを導入するときの注意点

最新インタラクティブホワイトボードは、多彩な機能が搭載されていたり、ハイスペックな性能を有していたりしますが、価格が高くなってしまう傾向があります。

たとえば、最新のインタラクティブホワイトボードにはAI機能が搭載されていることをお伝えしましたが、AI機能を搭載した製品が170万円ほどで販売されている事例が見受けられます。

ちょっとした打ち合わせをする環境を改善するために、200万円近くのコストがかかってしまうのは、費用対効果の観点からは問題が生じてしまうでしょう。

インタラクティブホワイトボードは、導入環境に適したサイズを選べば、最新機能を搭載した製品であっても、50万円ほどの価格で購入することも可能です。

また、インタラクティブホワイトボードはレンタルにも対応しているケースがあり、月々3万円程度で導入することもできます。

最新機能が搭載されていても使いこなせなければ、無駄に高い製品を利用することになりかねません。最新機能を使いこなせるか不安であれば、まずはレンタルで試してみることもおすすめです。

最新インタラクティブホワイトボードを導入するならLED TOKYOに相談

今回は、最新インタラクティブホワイトボードの機能や性能などについて解説しました。

最新インタラクティブホワイトボードには、ケーブル配線を最小限に減らせる無線機能や、Android OSによりアプリをインストールできる機能などが搭載されています。性能については、解像度が高いだけでなく低遅延であり、ますます使いやすくなっています。

ただ、最新インタラクティブホワイトボードはハイスペックである分、価格が高くなってしまいがちです。

LED TOKYOでは、複数のサイズからインタラクティブホワイトボードを選べるほか、レンタルの利用にも対応しています。

導入環境に適した製品を提案いたしますので、最新インタラクティブホワイトボードを活用してみたい方は、ぜひLED TOKYOまでご相談ください。

 

ニュース一覧へ戻る

お問い合わせCONTACT

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

メールフォームでお問い合わせ

内容確認後、迅速にご返信させていただきます

問い合わせする

お電話でのお問い合わせ

03-6434-7390

受付時間:平日10時〜19時

お問い合わせ 電話でお問い合わせ